FC2ブログ

相生山は雨

日本海側に積雪つづいていますが 名古屋の相生山は雨
ひそひそ ぽとぽと みぞれに変わりそうな冬の雨
雨降りIMG_0010 (800x533) 雨降り②IMG_0017 (800x533)
枯草と裸木を 冷たく濡らす
ツルグミ(蔓茱萸)の花跡が 鈍く光っていました
雨ツルグミIMG_0011 (800x533)
ウメの蕊に雨滴が溢れて 明日の蕾を包んでいました
梅の花IMG_0019 (800x533) ウメの蕾IMG_0021 (800x533)
冬芽ヤマコウバシ(山香ばし) しっとり色
ヤマコウバシ雨IMG_0006 (800x533)
雨の森は どこまでも静かで 
遠く向こうから シロハラ(白腹)の声が響きました

   by  アイ

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

会えたね!ツグミたち

ツグミ①IMG_0015 (800x533)
スコープで鳥の姿をとらえて見せてくれたので、(ツグミが長い間じっとしていてくれたし)よかった。自分はルリビタキも見せてもらえてラッキー。これからひとりで訪れるとき、鳥を見るのも楽しみになります。 (Bee)
シロハラvsIMG_0023 (4) (800x533) ツグミvsIMG_0024 (2) (800x600)
天気よく風もなく気持ちのよい日でした。ツグミが長い時間木の上に止まっているのをじっくり見ることができて感激!!シロハラとツグミのバトルもびっくり。自宅でも毎朝メジロの御一行が来てくれます。朝食の時のBGM。また鳥の観察会おねがいします。 (ちえ子)
ツグミ②IMG_0012 (800x600) ツグミ見るIMG_0011 (800x533)
相生山の四季を歩く会'21.1.10 参加者アンケートより

    by  アイ

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

鷹には会えなかったけれど

寒いけれど快晴 野鳥日和
いつもより30分早く 有志の観察会は予定定員オーバーで開始
早朝IMG_0018 (800x533) 早出IMG_0001 (800x533)
コゲラ(小啄木鳥)の声 メジロ(目白)群れ 隠れるシジュウカラ(四十雀)
35人IMG_0030 (800x534)
新年最初の「相生山の四季を歩く会~大空に鷹 帰還のツグミ・・・」 
みんなで 空を見上げ 耳を澄まして 3時間
鷹は?IMG_0036 (800x533)
シロハラ(白腹)には何回も会えました これはミカン畑にて
シロハラIMG_0023 (2) (800x533)
ツグミ(鶫)のベストショット! たくましく可愛い!!
ツグミIMG_0017 (800x533)
求めたタカの姿は ついに見れませんでしたが 
特別講師のソータさんが 突然立ち止まって
現場IMG_0014_01 (800x533)
「ツミかハイタカが調理した現場ですね。襲われたのはメジロ」
タカが相生山で生きている証しは しっかり確認できました
観察中IMG_0010_01 (800x533)
「鳥合わせ」では 12種だいたい100羽を確認できました
集まったヒトは36人 にぎやかで「楽しかった」「感動」「ありがとう」

みなさんからの感想 ただいま集約中
追記 ホームページ更新まで1週間ほど お待ちください

  by  アイ+R.62

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへにほんブログ村 科学ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

ヒヨドリ・シロハラ・メジロ・ヤマガラ

明日は野鳥観察会 こちら
以前に比べれば ここ数年ずいぶん見かけることが減った 相生山の鳥たち
それでも 下見では11種 数十羽の確認が出来ました 
相生口IMG_0013 (640x427) ヒヨドリIMG_0028 (2) (640x427)
相生口では ヒヨドリ(鵯) モズ(百舌鳥) ドバト(土鳩)
林縁に ハシブトガラス(嘴太鴉)  樹林頭上で ハシボソガラス(嘴細鴉)の声
シロハラIMG_0031 (640x427) シロハラIMG_0032 (640x427)
「こういう所 シロハラやトラツグミが好きそうですね」って言ってるうちに
シロハラ(白腹)の鳴き声 視界を横切って低空移動
小さくカサッツコソの音の先 低木の根元に じっと留まって 
落ち葉をひっくり返して 一心に餌を探す姿も見られました
今日はシロハラに4回接触 少なくとも6羽くらいの個体が居そう  
周回道路では ソウシチョウIMG_0035 (2) (480x640)
ソウシチョウ(相思鳥) 特定外来生物に指定されてる「問題児」
メジロIMG_0041 (2) (640x427) メジロIMG_0039 (2) (640x427)
チチッツチュの鳴き声が近づいてきて 常緑樹林からメジロ(目白)の一群
光の中に入る一瞬 翼が黄緑に輝く
同じ群れが巡ってきたのか ガマズミ(莢蒾)の道でも会いました 十数羽
相変らずの忙しさ 目まぐるしくって視野が合いません
ヤマガラIMG_0046 (640x427)
最後に ヤマガラ(山雀)2羽 コナラ(小楢)の低い枝
この辺りエゴノキが多いので 好物の実に集まったのかしら
このほかに ウグイス(鶯)の地鳴き 藪から飛び出したアオジ(青鵐)

時間帯が違うのと 相手には羽根があるのですが
明日も たくさんの鳥たちに会えることを期待しています
無口に 気配を消して 歩かなくてはね いつもと違って(笑)

   by  Oak.

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へにほんブログ村 環境ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

寒くなったから

雪を運んで来そうな雲 今日の相生山は午後になっても2℃
雪空IMG_0020 (640x427)
相生口のセンダン(栴檀)に ひっきりなしにヒヨドリ(鵯)の訪問
いっせいに飛び立った後ろに モズ(百舌鳥)一羽が超低空飛行
相生口IMG_0029 (640x427)
隣りのビワ(枇杷)畑から甘い匂い  アオギリ(青桐)の帽子の冬芽
ビワの花IMG_0026 (640x480) アオギリIMG_0025 (640x427)
「相生山の四季を歩く会」日曜日のテーマは『野鳥』
特別スタッフの青年と コース下見で歩きました
下見IMG_0037 (640x427)
不思議なんですけれど・・・・
「鳥の先生」といると 鳥が出てくる
まるでポケットから出してくるように 耳かな…目かな??
名古屋市街IMG_0033 (640x427) シンボルコナラIMG_0024 (640x427)
タカ(鷹)を求めて 空の開いた区域まで行きました
「寒くなると山から鳥が来るかもですね」
とんでもない冷気に包まれた樹林ですが 野鳥たちに会えるなら!

    by  R.62

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

年始めは野鳥から・・・

次の日曜日10日は 今年最初の「相生山の四季を歩く会」
中日新聞の自然観察関連の案内欄に掲載
  中日朝刊20_01_06IMG_0002 (633x640)
~新年は 大空に鷹 帰還のツグミにも 会えますように~  詳細 こちら
冬枯れの頭上を仰ぎ タカ(鷹)類 こちら  
耳を澄まして ツグミ(鶫)たち こちら 出会い求めて樹林を巡ります
冬枯れタカノツメIMG_0050 (640x427)
「探鳥会」と言うには参加者が多すぎるでしょうし 想定20~30人 こちら
対象が野生の鳥ですから 出会えるかどうかは運しだい
おまけに 最近の暖冬のせいか「山から鳥が下りてこない」
ヌルデIMG_0072 (640x427)
この時期は 冬越し樹木の観察も楽しみです 上は もこもこヌルデ(白膠木) 
冬芽人気投票 こちら 企画したこともありました 一位は ウスノキ こちら
ギャップ木道IMG_0046 (640x427)
わたしたちが相生山緑地に引き寄せられた要因の一つ
都市計画道路「弥富相生山線」廃止の進捗と 緑地整備構想 こちら
来月早々に「検討会」 春には「意見交換会」も再開されそうです

相生山の自然と人の交わり
2021年が始まります

   by  アイ+Oak.

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

ときどき ご訪問くださいね 
管理画面

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
sub_line