FC2ブログ

相生山のヒメボタル 撮影に来る人たちへ


この土日深夜 ヒメボタルに会いに行ってきました
雨上がりの木曜日が最初のピークだったみたい
週末は 少し風が冷たくて 飛翔は低調
それでも 下弦の月と蛍のキラメキたくさん 

「山の中は気持ちいいですね。蛍も何年振りか・・・。
楽しい夜遊びでした。・・・・・」
一緒に歩いた 相生山初めて!のお友だち
シンボルコナラ夜①IMG_1718 (640x480) (2)
ところで 以前の記事 こちら とか 
こちら にもあるのですが ちょっと気になる人々
上のシンボルコナラのところまで バイク乗りつけたり
梅畑まで1~2歩 あるいは縁沿い奥まで入り込んで カメラを構える人々
大声でしゃべったり 散策路シャッタアウトしたり
自分の欲と 被写体のホタルしか見えてない
自然に浸る風情も 生きもののいのちへの配慮もない

そこは農家の方が作っている梅畑 そして
一歩踏み込んだら 飛翔能力の弱い♀のホタルの居場所を奪う

ここは みんなが十年以上もかけて 学び工夫して
「ヒメボタルを始めとする 森の生きものたちを大事にしよう」と
都市計画道路廃止という 市長の宣言を生んだ 大都会の中の貴重な場所
シンボルコナラ夜②IMG_1719 (640x480) (2)
相生山のこと 自然のこと ヒメボタルのこと
写真の撮り方の勉強以前に しっかり学んでから来てくださいね
でないなら もう来なくていいです!!

今年は 間に合わないかもしれませんが 名古屋市の
「自然を大事にする『世界のAIOIYAMAプロジェクト』」に働きかけ
自然を壊しかねない人間の行為の調査 
その対策を始めないと とんでもない後悔を呼びかねない と考えてます

    by   アイ

関連記事

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

Re: 幻想的なヒメボタル

motomasaong 様

 コメントありがとうございます
 ヒメボタルは 10日前後の成虫の期間
 水だけしか摂らず ひたすら生殖相手を求め
 光の波動を発信して飛び続ける と学びました
 
 一面 儚くもあり 別面 実に逞しい いのちの営みですね

 人間は 自然を破壊し続けて 自らの存続も危うい時点に来ています
 「自然を守る」なんておこがましい 自然に守られてきたくせに
 事実を謙虚に見なおし 倫理を立て直すとき と思うのですが
 
 この国の支配層は そんなことお構いなしに エゴの道をまっしぐら
 経済・効率・競争・名誉・・・自己顕示に忙しい 

Re: 野草の盗掘に同じ

coo さま
yokoさま

コメントありがとうございます
いつの間にか 間違った「個人主義」「自由」「個性」がはびこり
勇ましさや 華々しさ 強さ 「勝ち組」が憧れの対象となり
謙虚さや 気配りや やさしさが ないがしろにされていくようです

この国では 最近ますます その傾向が加速度的
人の行動は しぜんに「無抵抗」の自然に反映され
やがて 取り返しのつかない しっぺ返しに会う
科学的真理が 間違いなくやってくると思えます

幻想的なヒメボタル

非常に小さな弱々しい光で、
はかなく消えてしまいそうになりながら、
音もなく飛び交っている姿を、
妻と息子と友人と一緒に、
一度だけ見に行きました。
みかんの花咲く頃に見られる、
そう聞いていたヒメボタル。
なんだか寂しくて悲しげで、
この世に生きる人間の、
魂の光を見るようだ、
そう思ったものです。
人間は環境と自然を、
自らのエゴのために、
あまりにも破壊し続けました。
これからは人間が、
自然と生き物、
そして人間の命を、
大切に守らなければならない、
そんな時代に、
今の私達は生きているのでしょう……

野草の盗掘に同じ

おはようございます。
3日程前に自生のカリプソ、日本のホテイランを愛でながら山越えをしました。北米の山では、森の床がピンクになるほど群生している場所もあります。
が、日本ではもう「幻」になっているようで、まだ一度も日本の山では見掛けたことがありません。他のラン科の野草やその他の貴重な高山植物が相変わらず盗掘の対象になっていると聞いています。
ホタルのような環境の変化に敏感な小動物の生態系に無神経に踏み込む姿勢は、平気で盗掘をする姿勢と同じです。
止めて欲しいですね。
山/自然から持って帰るのは、写真と思い出だけ:写真にもマナーが必要です。

No title

自然との共存はデリケートなものですね。
写真が撮りたい、ホタルを見たい…という思いだけで、その生態や生き物・生命への尊厳を見失っていることも多いのですね。

基本的なマナーの問題でもありますね。
line
line

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

ときどき ご訪問くださいね 
管理画面

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
sub_line