fc2ブログ

【考察】相生山緑地のヒメボタル(四)

(前記事からつづく)
こうした「森づくり」による破壊、「見物」「撮影」による脅威、などからヒメボタルをどう守るか。今それが重要な課題であることを提起したいと思います。
掲示IMG_3638 (427x640) 表示IMG_3593 (640x427)
ことしは天白土木事務所に「ヒメボタルの時期前に注意掲示を増設」することを依頼し、これまでになくきめ細かい対応が実施されました。しかし、それは応急的で限られたものであって、根本的な問題解決ではありません。

また、いっそう重要な留意点は、私たちは空間を飛ぶ♂の光は見ているが、羽化後も大きく移動できずに地表にいて産卵する♀の姿はほとんど見ていないということです。植生であれば何年かすれば回復することもありますが、ヒメボタルの♀に危害が及んだら、産卵の場が壊されたら、飛べない♀には子孫を守る術がありません。「数年見られなくても餌が増えたら出てくるさ」というようなことではないのです。

ヒメボタルサンドラ2019-05-19_Nagoya_hotaru_80D_0031_SHF-Edit (800x571)

ヒメボタルと相生山
当たり前のことですが、ヒメボタルは単独で生息しているのではなく、地形や地質・樹林の状況・幼虫の食餌である貝などの小動物・気候気象など、複雑にからみ合う生態系のなかの一種として生存しています。
ヒメボタルだけを「大事」にしても、その環境をないがしろにしては生息できません。ヒメボタル以外の森の状態、さらに相生山緑地をとりまく諸条件も重要です。
保全生態学では「その魅力によって、その生育場所の保存を世間にアピールできる種」をflag-ship-species(=象徴種)と位置づけます。相生山のヒメボタルはまさに、相生山緑地と周辺全体の自然を大事にしていくための象徴です。
多様な人びとIMG_3463 (640x427) 最近、CBCテレビの番組に取材協力し、そのスタッフたちとの会話や放映後の視聴者の反応から、このことは改めてはっきり学べました。ことさら声を大にして「自然破壊するな」と言わずとも、夜の森に生きるヒメボタルの光の美しさは、出会ったそれぞれの人に「今ある自然を残したい」と強く自覚させるものだったようです。(つづく)
※参考に:CBCテレビの記事と映像、yahooニュース こちら

   by  Oak.

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋市情報へにほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
関連記事

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

ときどき ご訪問くださいね 
管理画面

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
sub_line