fc2ブログ

マクツバコナカブリテングタケ???

明日は大丈夫!と確信できた瞬間
この子を見つけたから カバイロコナテングタケ(樺色粉天狗茸)
カバイロコナテングタケIMG_3711 (2) (640x480) 撮影中カバイロコナテングタケIMG_3711 (640x427)
成菌になる前の若いキノコが 生きてた 雨無かったのに

群生のように生えてる ミカワクロアミアシイグチ にも感激
撮影中ミカワクロアミアシイグチIMG_3726 (640x427) ミカワクロアミアシイグチIMG_3729 (640x427)
前は若いキノコ 後の左は柄(=脚)も見える老菌
〈三河(で見つかった)黒(くて)網(目の)脚(を持った)猪口〉の意味
キノコの命名は 樹木や草本に比べると分かり易いです

それでも どうしようもない 覚えにくいのが
ヒポミケスキン類 一体 何語なんだろ?
ヒポミケス菌③IMG_3738 (640x427) ヒポミケス菌②IMG_3736 (640x427)
キノコに寄生する1mm程度の子嚢菌(胞子が襞などに付かずフクロに入ってる)
説明してもらうまでは この塊が本体だと思ってました
宿主のテングタケ(天狗茸)とかイグチ(猪口)を覆っちゃってるのね

美しい小さな シロタマゴテングタケ(白玉子天狗茸)と
シロタマゴテングタケIMG_3719 (640x427) クロタマゴテングタケIMG_3742 (480x640)
それよりは大きい クロタマゴテングタケ(黒玉子天狗茸)
両方ともテングタケの仲間の しっかりとしたツボ(壷)を持ってます

この前の記事 こちらで紹介した ヤブニワタケ(藪庭茸)の仲間で
マツ(松)の枯れ木に発生する ニワタケ(庭茸)
ニワタケ①IMG_3722 (640x427)
柄の貫禄がスゴイ! マツタケとしてあげたいところだけど先約あるしね

注目集めそうな オオワライタケ(大笑茸)
オオワライタケ②IMG_3709 (640x480)
人間の耳みたいに見えますが シュロ(棕櫚)から発生してるようです

最後に 綺麗な食用菌 ハナビラニカワタケ(花弁膠茸) 
下見⑥IMG_3741 (640x427)
キクラゲ(木耳)の仲間だそうです
深い谷の倒木コナラ(小楢)に 残念ながら明日は案内出来ません

表題のマクツバコナカブリテングタケは?
それは 来た人だけの特権 おたのしみ
漢字表記は 幕鍔粉被り天狗茸
間違えて区切ると 小中?ブリテン(英国か?)になってしまいます
別名 ティラミスタケ ますます愉しみですね

そして みんなで もっとキノコを探しましょう
例月なら 参加者25人くらい きっと新発見が!

    by  Oak.

にほんブログ村 科学ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
関連記事

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

ときどき ご訪問くださいね 
管理画面

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
sub_line