FC2ブログ

水の道をたどって

相生山緑地の西 稲田集落から久しぶりに入りました
雨の直後は もしかして初めてかも こんなに水?
①稲田口IMG_1518 (800x533) ②稲田口外IMG_1517 (533x800)
林縁に流れ出る溝は 溢れんばかり
稲田口の谷 ③稲田口沢IMG_1515 (533x800) 意外に川幅広い
「相生山の道路」建設のために 樹木伐られて 植生はギャップになった
④コナラの谷下IMG_1516 (800x533) ⑤ギャップIMG_1509 (533x800)
散策路に流れ出る辺りは 水の勢いで掘れて濁っていました
ギャップの中は 普段は水が無いけれど 支流の谷の地形
落ち葉や小枝を くぐってきた雨水で 今日は渓流の風情
⑥ギャップ内IMG_1520 (533x800) ⑦橋下IMG_1521 (800x533)
橋の上は コナラ(小楢)の谷 相生山が誇る見事なコナラ林
⑧コナラの谷IMG_1523 (800x533)
梢から枝葉から 幹を伝わり 根元の斜面を下って 集まった水は
さっきの橋上 ⑨コナラの谷橋下IMG_1522 (533x800)
サワフタギ(沢蓋木)揺れる この辺りで 小川になって 
保全柵横を抜け 着工→中止→16年の歳月で戻った「復活林」に注ぐ
⑩ギャップ内IMG_1519 (533x800) ⑪IMG_1511 (800x533)
道路遺構の橋脚  《止まって良かった❣》 ここへ来ると いつも思う
「道路」用地に沿って上流へ ⑫人工林横IMG_1508 (533x800)
もうじき今年も ヒメボタル(姫蛍)が見られるだろうか 
見物人・撮影者が踏み荒らさないだろうか 心配な谷筋
⑬人工林クサギの谷IMG_1506 (533x800) ⑭相生口竹藪下IMG_1505 (533x800)
クサギ(臭木)の谷まで上って来ると 川筋は消えて 園路が現れる
あれだけ申し入れたのに まだ何にも対応してないや 緑政/天白土木
園路(=水の道)中央に置かれた 丸太ベンチと玩具のような箱(?)
相生口に向かう木道より ⑮相生口木道IMG_1504 (800x533)
相生山の雑木林は 高木・亜高木・低木・草本 見事な自然の4層構造
水はこの向こうの竹藪から流れ出て 「道路線上の」ヒノキ人工林を抜け
コナラの谷からの流れと 稲田口のギャップで合流する

人が 改変しても荒らしても 雨が植生を育て 野生生物が土をつくり
人にも潤いを与える 森を保ってきたのでしたね
たった1時間少しの 自然と人との交点を想う 水の道旅でした
関連に こちら「道路は要らない」
 
    by  アイ+Oak.  

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へにほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
関連記事

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

ときどき ご訪問くださいね 
管理画面

line
最新記事
line
訪問者
line
最新コメント
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
sub_line