FC2ブログ

植生は相生山と似ていました けれど・・・

相生山から出かける会 ①猪高 こちら ②小幡 こちら ③牧野ヶ池 こちら
4回目は 東山の平和公園南区域 へ行きました
公園地IMG_0595 (800x533) 里山の家IMG_0035 (800x533)
都心に近いのに広々とした緑地公園  立派な「里山の家」施設前からスタート
案内人のJさん「今日歩くところの植生は相生山にスゴク似てると思う」
アベマキ並木IMG_0603 (800x533)
「アベマキ(棈)の人工林みたい。こんなに密生する?」「樹林の中を切り開いて広い道をつくったから、そう見えるんやないの?」
相生山と比べるために 今回は植生の記録をとることにしました
同定IMG_0617 (800x533) 観察IMG_0633 (800x533)
「ネジキ(捻木)多いなあ」「なんでウバメガシ(姥目樫)こんなに?」
「アセビ(馬酔木)やマテバシイ(馬刀葉椎)は植えたものかなあ?」
「生えてる場所からすると植えたっぽいね」「道に沿って、等間隔・・」
ハンノキIMG_0622 (800x533) 謎の湿地IMG_0625 (800x533)
ハンノキ(榛の木)に雄花序 この子は相生山には生育してません
底にコンクリートと鉄製の排水口(?)が見えました 謎の湿地?
常緑低木の尾根道IMG_0624 (800x533)
北の尾根道には 相生山とそっくりの景色もありました 
高木層はコナラ(小楢)が優先 
その下に ヒサカキ(姫榊) シャシャンボ(小小坊) タカノツメ(鷹の爪)
「シイ(椎)は無いねえ」「そこはこれまでの緑地との違いかな」
「地質は全く一緒に見えるけど」「遷移が遅れてる?」「どうして?」

野鳥を寄せるためと思われる 水場と餌場がありました 
「鳥は自然だけど、人が集めるのはどうなの?」「半自然!」
鳥寄せ場①IMG_0629 (800x533) 鳥寄せ場②IMG_0630 (800x533)
「相生山でも最近、ミカンさしてる人たち居るでしょう こちら」「良いことしてるつもりなんでしょうね」「どうだろ?あんまり考えずに、自分がやりたいことやってんじゃないの?」「鳥にとってはどうなのか、全然考えてないよ」
南の尾根道に上がる途中に伐開地 伊吹・養老・霊仙が望めました
伐採地IMG_0609 (800x533)
「伐る前は良い雑木林だったんだよ」「こんなとこ誰が伐るの?」「名古屋市じゃない?」「でも『切らないで』って、名古屋市の看板あるよ」「???」
「見晴らし求めて伐りたがる人いるよね」「そう。あっちこっちに。日本人そういうの好きだね」
元耕作地IMG_0602 (800x533)
雑木林の裾に広がる斜面 人工の段差・法面が残っていて
「あの辺りは昔の耕作地、里山の景観を維持する活動してる人たちもいるよ」
「相生山には敷地の真ん中に、現役の『生産緑地』!モノスゴ貴重やね」

3時間の散策で 私たちが確認できた樹種は 58種でした
顔ぶれは ほとんど相生山と一緒
でも 大違いは 人のかかわり方の規模と量
そこをどう見るかが これからの「相生山緑地計画」の基本だと思います

    by  R.62+Oak.

にほんブログ村 環境ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
関連記事

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

ときどき ご訪問くださいね 
管理画面

line
最新記事
line
訪問者
line
最新コメント
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
sub_line