FC2ブログ

何が一番必要か!

今朝の毎日新聞 19面愛知版
名古屋市の来年度予算と絡めて、相生山の記事が掲載されました。(スマホからの画像なので読みづらいかもしれません。スクロール拡大してご覧ください)
毎日2_1110501 (3) (1280x1260)
 経緯と当面の焦点、事実がそのまま書かれているようにも読めます。河村市長が2010年「公共工事の見直しと自然保護を訴え・・・」の文章は、大切な2点をおさえています。

 けれども、もっと大事な2014年の「道路事業廃止」発表のなかみが抜けています。工事中止から最終判断まで、名古屋市当局も市長も、私たち市民も、見・聞き・調べ・考えて導き出された結論です。相反する意見を比較検討し尽くされた結果の結論だったはずです。
 それは「道路があったほうが便利なことは分かっている」それでも「これからは自然を大事にする名古屋市でいこうと」という表現に現われていました。

 地元の住民はもちろん、名古屋市民にとって、『相生山の道路は要るのかどうか』が問われてきました。問われています。
 記事によれば(議会の土木交通委員会での当局発言でも)、「道路の必要性の調査検討を行う」としています。けれども、調査・検討は時間も労力も税金もかけて十分になされてきました。
 今、調査・検討が必要と言うなら、「人びとにとって、その安全・安心な暮らしを保障するためには何がいちばん必要か?それは果たして道路なのか?」、そういった意味で「相生山の道路は要るのか?」という課題です。

 それは、ずいぶん前から、地球的に明らかになりました。自然生態系をこれ以上壊さないこと。
 相生山のつくりかけの道路を、完成すればそれなりに便利になるかもしれない道路を、用地買収・手続き・工事に数十億使った道路を、断念することの意味はここにあります。
 
 願わくは、河村市長自らが、これまで市政に最も協力的だった地元の人びとに「説明」していただきたい。こちら
 メディアはジャーナリストは客観的な事実を報じるにとどまらず、人びとの将来にとって何が一番大事かを、真摯に研究し、大胆に提起すべきです。
 市長と市議会の対立に関心を示すよりも、その被害をもろにかぶっている市民のことに思いを馳せるがいい。そのはざまに立って苦労してきている市職員の気持ちを思いやるがいい。

 私たちは相生山の自然に接し、学びました。相生山を愛する、地元の方がた、遠近から足繁く通う人びとからも学びました。学びつづけています。もっとも新しい名古屋市への提案は こちら です。
 問われているのは、人間の総合的な英知です。人は自然の中でしか、生きられない。

    by  アイ

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
関連記事

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ


ときどき ご訪問くださいね 

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
sub_line