FC2ブログ

「西の森」へ行ってきました

名古屋市港区の戸田川緑地/「西の森」を見学してきました。
西の森看板IMG_0380 (427x640) 参照記事:こちら
 印象は「意外と貧弱な森だなあ」のひと言。上の新聞記事から、人工とはいえ、もっと「森らしい森」が広がっているのかと思っていました。
 土地の高低差が無い。樹種が少ない。空中湿度が感じられない。人が利用する、たとえば「芝生広場」のような公園施設や1tトラックも走れそうな幅広園路、乾燥化のおそれはないのでしょうか。
 「人工の森林でも100年くらいの遷移を経れば、自然の森林と言ってもいいかもしれませんね」とは、自然観察の先達の言葉。なので、もっともっと長い目で見る必要があるのかもしれません。
人工の森①IMG_0377 (640x427) 人工の森②IMG_0382 (640x427)
 それにしても「この辺りの種を植えた」と聞いていましたが、名古屋市の自然植生では無いはずのクヌギが植えられていたり、ムクノキ(エノキも混ざっているようでした)の純林とも思える植栽林があったり。そう離れていない区域に、やたらと園芸種のサクラが植えられていたり。名古屋市と連携して、ボランティア団体が植樹・除草・枝打ち・除伐などの「森づくり」を続けているようなので、そうである限りは「人工の森」からの脱却は難しそうです。
クヌギIMG_0381 (640x427) 森づくり看板IMG_0374 (640x427)
 広々とした戸田川の流れは、周辺開発によって水脈の断たれた相生山とは違う魅力も感じました。野鳥は喜ぶだろうな。
 でも、これだけ空が開いていれば、小さな野鳥は身を隠すところが無いのではないかしら。必ずしも「生態系が豊か」とは成りにくいようにも思えました。
戸田川IMG_0384 (640x427)
 相生山は、さかのぼれば農用林として使われた時期、焼き物の燃料供給林だったであろう時期、さらに旧石器の遺物、数百万年前の「東海湖」の痕跡。
 それに比べると「西の森」の20年はあまりにも新しすぎますね。そして、人の思わくと手が入りすぎてる。そのことに価値を置く人もいるのでしょうが。

 紅葉晩期の相生山の樹林です。高木層のコナラから中低木の常緑樹、草本層のツツジ類まで森林の階層がそろっています。
ツツジ道樹林IMG_0132 (640x427) ギャップIMG_0134 (640x427)
 道路工事によって伐採され、一時的にギャップになった区域も10年経って、もじゃもじゃわんさか森が復活してきました。

 「近くに森があったらいいね」と思う人びとの気持ちが分からないではありません。でも、お金と労力と時間をかけて「森づくり」をするくらいなら、都会の中でも更地が森になっていく過程を学んだりできるはず。
 いちばんは、名古屋市が「開発」に歯止めをかけて、今ある樹林地や「樹林候補地」を確保することだと思います。そして、自然の森と人工の森の違いを学ぶ必要があると思います。
 「みどりが大事」「森づくりしたい」と考えている人は、道路建設という開発から免れた相生山へ、一度足を運ばれることをおすすめします。あんまりたくさんの人が来ないで、ほどほどが良い、が本音ではありますけれど。

   by  R.62

にほんブログ村 環境ブログへ
関連記事

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

ときどき ご訪問くださいね 
管理画面

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
sub_line