FC2ブログ

長い夜に思うこと

 一年で一番夜が長い日、太陽の復活を翌日に控える日、古代には冬至が一年の始まりだったそうです。世の東西を問わず。
 自然と共に生きてきた人びとにとって、この日は「待ちわびた日」だったのかもしれません。

 名古屋市のすべての所帯に配布される「公報なごや」、今月の見開き1ページには、10年前のCOP10でも役割を果した涌井史郎さんの言葉が載っていました。「(この10年で)人間は生き物の一部であるということの認識が随分深まってきました。自然はリスペクトするもので、人間はその自然の環の中にあるというのが日本人の考え方です・・・」 名古屋市のホームページでも紹介されています。 こちら 
公報なごや部分IMG_0002 (2) (1024x788)
 先週19日(木)、名古屋市議会土木交通委員会では相生山の道路をめぐって、おおよそ上記とはかけ離れた主張が展開されていました。たとえば「環境に配慮することも大事だが、人間のために道路は必要」「都市計画決定を簡単に覆してはならない」「地元住民に寄りそわず、実情無視、道路計画廃止前提で進めてきたのではないか」などなど。会議の記録動画はこちら
   市役所11_19IMG_0122 (640x427)
 緑政土木局担当者からは「道路をつくった場合とつくらなかった場合について、各種の調査・検討をすすめたい」との答弁。おやおや、何年前まで戻すつもり? 調査し、検討し、地元をふくむ市民の意向も聞き、その上での市長判断。さらに調査・検討を重ねての「相生山緑地構想の素案についての意見交換会」を市民と進めてきたのではなかったですか、この1年間。

 市役所でコピーしてきました。地元代表とされている「天白区を住みよくする会」からの2013年の請願書、翌年3月の市議会本会議で賛成多数で採択されたものです。
  2013天住会請願文IMG_0002_page-0001
 注目したいのは書き出しの文言「我々地元住民は、交通渋滞を緩和し、安全な生活環境を実現するためには、市道弥富相生山線の建設が必要であるとする名古屋市の考え方が示されたことから・・・・」いったい何が事態を振り回してきたのか、分かった気がいたします。
 この請願採択と一にして「弥富相生山線の建設工事については、市⺠に責任を押し付けることなく、市⻑の責任で決定をすること」こちら 予算成立に際しての付帯決議でした。そして2014年12月26日。
 前記の委員会で、ある市議から最後に言われたこと「市長の責任で住民に説明すべき」。私たちは、この8月に市長に提案しています。 こちら 今度の記者会見は こちら 市長は何を語るだろうか。
橋梁IMG_0102 (640x427)
 自然を大事にして、そのなかで生きる。この国ではご先祖様から「伝えられた」精神。そして世界が、そうしなければいけないのではないかと広まりつつある意識。
 自然と共にあることを改めて気づかされる夜に、「何が大事か」「どうすることが課題解決の方向性か」見えてきたように思います。

    by  アイ

にほんブログ村 環境ブログへ
関連記事

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

ときどき ご訪問くださいね 
管理画面

line
最新記事
line
訪問者
line
最新コメント
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
sub_line