FC2ブログ

日曜日の随想

世界の「AIOIYAMA」プロジェクトにそった 名古屋市の現地説明会 
日曜日の午後を歩いた 森の妖精の一人からの随想を紹介します
 シェルタ歩道20191110_135040 (640x360)
 現地での意見交換会が提案されてきたのは、頭の中で「自然」とか「環境」とかを考えるのではなく、実際に体感することから始めたいという意図が強く働いていたと思う。
 また、「素案」の現実性を確認することも必要だったのかもしれない。


 名古屋市の「説明」は、これまでの「道路見学会」のノウハウを使った「過去」のふり返りが大部分を占めていたと感じた。それでも、現物の前で「これを活用したい」と強調せず、「過去」と言い切ったのは前進面と思った。
 森の中IMG_0173 (640x427)
 稲田口付近から「ふれあいの丘」への高低差、コースの急角度は改めて非現実的「園路」を実感した。

 市長の言葉に忠実に
「建設済み部分を活用」「下山畑から久方をつなぐ」「園路が道路ととられないように」を実現しようとすれば、「ふれあいの丘」を設定して既定の「道路予定地」を外す、苦肉の「素案」を登場させるしかなかったのだろう。
 高度差IMG_0179 (640x427)
 けれども、そんなことをすれば、最も基本の「自然を大事に」が欠けてしまう。自然環境調査を実施して「影響の少ない」所を探してみてもムダな努力だ。なぜならこの未着工部分のエリアは相生山緑地のコア部分。どこをどうしても「環境に配慮した道路」以上な「自然を大事にした公園」など出来っこない。調査データを改ざんする以外には。

 そんなことを改めて考えさせられた1日だった。
 それでも、当初の提案の趣旨に沿った「相生山の自然を体感する」ことは多少なりとも実現できたのではないか。
 第2橋台IMG_0187 (640x427)
 天候にも恵まれた秋の樹林のひととき。
 緊張して主催する名古屋市の職員も含めて、参加者の誰もがやわらかで楽しそうな雰囲気に次第になっていったのは、それこそ自然の力、と言ったら言い過ぎだろうか。

 横断幕IMG_0193 (640x427)
 さて、こんな中で唯一「道路完成」の幕を張り、顔をこわばらせていた人びとは、何を思って家路についたのだろう。

なにやらニコリと嬉しげな 書き手の表情が浮かんで来そうです
相生山の未来を みんながワイワイ楽しく語り合えるといいですね

    by  アイ

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ
関連記事

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

ときどき ご訪問くださいね 
管理画面

line
最新記事
line
訪問者
line
最新コメント
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
sub_line