FC2ブログ

「生物多様性のための里山管理」を考える

四季折々の美しさを見せる 相生山緑地コナラ・アベマキの雑木林
「この景観を永遠に」と願う人の気持ちが 分からないではありません
朝の樹林IMG_3046 (640x427)
しかし この二次林は人が農用林として また燃料供給林として利用し
その後 自然の遷移のまま放置されたがゆえに成立したもの こちら参照
やがては シイ・カシの暖帯性の樹林へと移行していくでしょう
アベマキ伐採地P2263594 (640x480)
「それは嫌だ、好みではない」「生物多様性のために整備しなくっちゃ」
名古屋市などでは 樹林を伐採し「健全な森づくり」を進めています
けれども 「健全」かどうかは誰が決めるの? 結局人間の判断ではないですか

自然は自然のままに いのちを育み 森林も在るがままに成立しています
かつてのような農業生産の形が変わった今 形だけの「里山」を望むのは
自然を大事にすることではなく 人間の欲でしかないのではないでしょうか
里的景色P2263590 (640x480)
百歩譲って 「生物多様性のために」というなら
人間が自然に対して どう対処してきたか どんな仕打ちをしているか
そこのところを見直さずに たかだか―相生山なら123.7ha―を
整備するというのは おかしなことだと思います
ギャップ橋脚IMG_2642 (640x427) 橋脚IMG_2641 (640x427)
「経済性」「開発」の名のもとに 宅地や道路のために山地を切り開き
自然を破壊したのは 人間 
いのちを奪い絶滅させ 大量の「絶滅危惧種」をつくり出したのは 人間
そうしたことを省みず いまだに進めながら 一方で
「自然保護」「生物多様性」「環境保全」 を語る
まったく矛盾していませんか こちら参照
人間が何もしない方が 自然は「健全に」存在できる
園路予定地IMG_3042 (640x427)
自然は 暴風雨や地殻変動や河川の氾濫や火山活動や によって 
ダイナミックにニッチの転換を繰り返し
そのなかで いきものの入れ換わり 多様性がすすみ維持されてきたと言えます

ほんとうに「生物多様性」を大事にしたいなら 
まず最初に 「開発」を抑制することを考え実行しなくては
また この国の山地に広がった画一的人工林に手を入れなくては
着手することは他にないか 想っていただきたいものです
本質に至らない 「何か役割を果したい」善意を引き回すだけに終わっている
「生物多様性のための里山整備」は 理解することが出来ません
みなさんは どうお考えになるでしょう

    by  Oak

関連記事

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ


ときどき ご訪問くださいね 

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
sub_line