FC2ブログ

樹木を虐めて整備する「公園」を望まない

「森の整備のため」に また切り払われた 相生山の樹林地
奥の方まで陽が射し込んで 様子がすっかり変わっていました 
伐採地19_2 P2263575 (640x480)
以前 関係者に聞いたことがあります その返事
「相生山緑地全体は広いんだから、少々のことは良いじゃないですか」
――そうやって この3年くらいのうちに伐採地が拡大してきました
相生山の全体の印象が 変わるほどに
「伐っても数年すれば、また繁ってくるから心配しなくても」
――ならば わざわざ伐る必要ないのでは?
自分たちの一時的快感のため?「自然のため」と言いながら 
伐採地19_2②P2263576 (640x480)
ヒサカキ(姫榊)やアラカシ(粗樫)などの常緑幼木が 以前は対象でした
最近は コナラ(小楢)・アベマキ(棈)など相生山の代表種や
ハギ(萩)・ガマズミ(莢蒾)・シャシャンボ(小小坊)など 手あたり次第
幼木だけでなく 10年以上も生育してきた樹木も伐採してます
園路脇に盛大に積み上げられた 最近まで生きていた幹・枝・葉
枝葉③P2263582 (640x480) 枝葉①P2263578 (640x480) 枝葉②P2263579 (640x480)
「森には持ち込まない、森から持ち出さないを守ってます」
――植栽木も目立ってきましたけど・・・ こちら
運び出す手間を省くための言い訳にも聞こえます

この活動に関わっている人が 個別にやるのか 別の人が真似るのか 
大規模伐採の後には 触発されるかの如く 緑地の園路のあちこちで
モチノキ(黐の木)やソヨゴ(冬青)の小枝が散らばっていることも多いです

「アカマツ林再生」を掲げるこの区域 こちら 先週には
マツやウスノキ(臼の木)まで 伐ってスッキリできれば何でもいい?!
伐採地19_2③P2263580 (640x480)
「自然と共生」 
世界に「AIOIYAMA」と誇れる「自然を大事にする」公園
その理念 コンセプトに語られている「自然」とは何?

相生山緑地整備の「基本構想」に 自然の側からの問い返しや
相生山近辺の 相生山に親しんできた 多数の市民の意思が尊重されなければ
「学者さん」と「お役人」の 言葉だけの やっつけ仕事になってしまいそうで
すすめられている「意見交換会」の 深い中味を問うていきたいと思います

   by  Oak.

関連記事

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

Re: フィールドに出ること

ノートさま

 応援ありがとうございます。
 「私たちの名古屋市には相生山という開発から免れた樹林地があって
  都市計画道路の建設が半分以上進んでいたけど、みんなが声あげて
  『これからは自然を大事に』って市長が宣言して止めたんだよ」
 これって 一番の財産だと思うんですけど
 たまには行ってみよう とみんなが来てもいいけど
 自然大事にするなら行かない方がイイかもね って大人の判断があったりして

フィールドに出ること

相生山の立地を見ると、「市民の共通な財産だから、みんなが共有できるように」というのはまったく正しいことだと思います。
ただ、「財産」とは何か、ということが違っているように感じます。
行政の人たちは金額に容易に換算できるもののみが「財産」と思っているのかもしれません。

私は、相生山に生えている木はもちろん、金額に換算できない目に見えない生き物も含めて全て(つまり環境そのもの)も財産だと思います。

経験から、こういうことは想像力の乏しい人にとっては言葉だけでは理解し難いことのようです。

そんな中で「相生山の四季を歩く会」が広がりを見せていることは素晴らしいと感じます。
言葉だけでなく、実際に体験して感じて考えたことはきっと大きな力になると思います。

とても参考になります。
いつもありがとうございます。

Re: たくさんのいきものたち

ノートさま
 いつもアドバイスありがとうございます。
 「市民の共通な財産だから、みんなが共有できるように」と 
 道路や駐車場をつくられてはたまりません
 「自然って何?」「なぜ大切にしないといけないの?」と
 行政当局や市民にも 問い続けていきたいと思っています
 これからもよろしくお願いします。

たくさんのいきものたち

まわりを住宅に囲まれた相生山の場合、住民など生活圏が接する人が多いのでいろいろと困難が多いことと思います。

自然に対する知識も理解も人それぞれでしょうから。

ただ相生山のような孤立した場所では、小さな草や昆虫などは一度失われれば二度と戻ってくることはありませんから、そのようにならないことを願っています。
line
line

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ


ときどき ご訪問くださいね 

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
sub_line