fc2ブログ

一日早く栗名月

裏山の栗が実りました 岐阜のフィールドです
クリ実るIMG_0001 (640x434)
秋の山風が吹き上げてくると パサパサッツ 
毬のままで一つ二つ 背後に肩口に落ちてくる
イガ栗①IMG_0003 (640x427) イガ栗②IMG_0004 (640x427)
自ら果柄を切って落とす 種の存続の技の鮮やかさ あらためてスゴイナア
裏山の栗IMG_0005 (640x427)
間伐済みのヒノキ人工林の向こうに 陽が降りると
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一日早い「中秋の名月」 だって明日のお天気はどうなるか分からないでしょ
お月見IMG_0015 (480x640) 月見酒IMG_0016 (480x640) 
昼間拾った栗を供えて 秋の七種は代表してススキ花の盛り
日本種 梅酒(2019自家製) 紹興酒  月見の宴
栗名月IMG_0010 (640x427)
虫の音たくさん 冴えわたって響いて
秋の夜が更けます 「栗名月」お月さまに一献

    by  R.62

にほんブログ村 科学ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

桃色果実

秋の樹林の片隅に 小さな桃色の実
ヌルデ果実②IMG_0044 (2) (640x480)
果実というには 未だ早いかも
受粉した雌しべ 柱頭の下に 膨らんだ子房
ヌルデ果実③IMG_0046 (2) (640x480)
花と花序のようすで 分かりました?
ヒントは次の画像 葉身が見えました 羽状複葉
ヌルデ果実①IMG_0047 (640x427)
答は ヌルデ(白膠木)
尾花咲き出し こちらから 10日
雌花咲き始め こちらから 4日
このときには ピンクが見えたので 2~3日で膨らみ始めたかしら?
次は リンゴ酸カルシウム=塩っ辛い果実が熟すまで 
ヒタキ(鶲)たちと一緒に 待ちましょう

    by  アイ

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

何したいのか?市の説明を求めたい

相生山緑地で 心地よい秋の午後を楽しんでいたら
ハギ(萩)とズミ(酢実)の生育地 「展望台」跡尾根の一帯が
東からIMG_0020 (640x427)
更地にして「開発」するかのように 
草本層~低木層の樹木が 大規模に伐採されてしまった現場
ハギ株跡IMG_0015 (640x427)
マツ(松) ヒサカキ(姫榊) シャシャンボ(小小坊) ・・・・
花穂を伸ばしていたヤマハギ(山萩)の株 さまざまな植生
南の稲田口から登ってくる道沿いも 数メートル幅一網打尽
掲示板うらIMG_0025 (640x427)
いつものやり口 萌芽更新可能な高さ10cm前後で伐採して
その幹や枝葉は 園路から見えにくい奥の方に積みっぱなし
そして 「なんのための行為か」いっさいの説明もない
伐採枝①IMG_0022 (640x427) 伐採枝②IMG_0024 (640x427)
「名古屋市、何考えてるの!」 自然を大事にするんじゃなかったの?
来月18日には 相生山緑地近くに住む市民 活動する団体
専門家と行政 4者が集まって 「緑地の基本計画作成に向けて」
0001 (453x640)
「根本から始めて 試行錯誤しながらも 
新たな検討会を立ち上げていきたい」と 呼びかけがありました
ズミ周辺IMG_0026 (640x427)
それなのに その矢先に 担当部署の発言とは裏腹な
一部団体による 独断的な行為は納得いきません
度重なる 問い合わせや意見にも 聞き入れようとしない硬直姿勢

相生山緑地は 市民みんなのものではないのですか
市民みんなで どうしていけばいいか考えるんじゃなかったんですか

   by  Oak.

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

相生山仲秋

今秋一番の晴れ 日曜の午前
相生口のヌルデ(白膠木) 遠目にピンクの果実がついたみたい 
ヌルデ青空IMG_0002 (640x427)
西の縁からは 名古屋駅のビル群の向こうに 関が原と伊吹山
関ケ原遠望IMG_0031 (640x427)
小さい子どもたちの声 若いファミリーグループ
竹の散策路 シンボル‐コナラ(小楢)の木陰
訪問者IMG_0005 (640x427) シンボルコナラ樹下IMG_0010 (2) (462x640)
彼岸が開けても ヒガンバナ(彼岸花=曼殊沙華)の赤まばゆい
彼岸花IMG_0012 (640x427)
phyo hyu- phiyo ヒヨドリ(鵯)たちが やたらと賑やか
仰ぐコナラ樹間 風が流れる 温かさと涼しさの交ざった風
コナラ樹間IMG_0040 (640x427)
クサギ(臭木)に 輝く碧い果実と紫赤の萼  
クサギ果実IMG_0008 (640x427)
誰にも感じられるようになってきました 
相生山の秋 いよいよ 

     by  アイ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

秋はキノコ

秋の訪れが遅れていた相生山でも
台風と秋雨前線の通過後
キノコの季節になりました
キノコ①IMG_0142 (640x480) キノコ②IMG_0154 (480x640) キノコ⑥IMG_0149 (640x480)
梅雨7月に比べて 小型が多いようにも思えますが
キノコ③IMG_0144 (640x480) キノコ④IMG_0148 (640x480) キノコ⑤IMG_0147 (640x480)
樹林の道を歩いていると 色と形の変化に惹かれます
キノコ⑧IMG_0145 (640x480) キノコ⑦IMG_0151 (640x480) キノコ⑨IMG_0146 (640x480)
なかなか名前は分からないけれど 紅葉の進む前
しばらくは 菌類の花を楽しみます

     by  アイ

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

ヌルデの花・・・つづき

ヌルデ雌株IMG_0175 (640x427)
ヌルデ(白膠木)先日の記事 こちら から4日
気になっていた雌株を訪問 
ヌルデ雌花①IMG_0172 (640x427)
開花していました! 花穂が伸びてから蕾までは長いのに
咲き始めると速いね 蜜がにじんでいるようで虫たち集めていました
ヌルデ雌花②IMG_0173 (2) (640x480) 雌花昆虫IMG_0174 (640x480)
ちょっと高い所なので 匂いや甘さは不明ですが 魅惑的な花姿

雄株の方へも行ってみました 80mくらいの距離
ヌルデ雄株IMG_0178 (640x427)
一足先に咲いた彼は 超満開 ハチ(蜂)の仲間アブ(虻)の仲間
あれっ!ハナムグリ(花潜り) この前の子だろうか?
ヌルデ雄花IMG_0177 (2) (640x426)
別の子かもしれないけれど なつかしい嬉しい気分になりました

昨年は ヌルデの果実は少なかったし
虫こぶ(=五倍子)こちら も見えませんでした
秋の終わりまで 気になるヌルデとお付き合い

   今日は雨降り 画像は昨日のものです    
   by  Oak.

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

野菊の秋

森の入り口に 見つけた
ノコンギク①IMG_0158 (640x480)
秋は野菊 ノコンギク(野紺菊)
寂しそうなのに 優しく清らか
ノコンギク②IMG_0159 (640x480)
秋の花 いろいろあるけど
私は この花が 一番好き

    by  R.62

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

柿紅葉

樹林のなかに 紅葉始め
紅葉始めIMG_0141 (640x427)
こんなに早いのは サクラ?それともカキ?
色とりどり落ち葉の道に出ました
柿落ち葉IMG_0137 (427x640) 柿の葉
頭上 中低木のカキノキ(柿の木)
紅葉が散らばっていました 視界いっぱい
カキノキIMG_0139 (2) (480x640)
この区域 昔は果樹畑 今も生産緑地のきわ
植えられたものか 逃げ出したもの(=逸出)か
柿畑IMG_0133 (640x427)
さらに進んで ふちから覗いてみました
午後の陽を受けて 柿色が鮮やか
柿紅葉IMG_0131 (2) (640x427)
台風がそれて 蒸し暑い風が吹いて
それでも 相生山緑地に 秋が広がっていました

   by  アイ

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

「荒れている」ってどういうこと?

9月の「相生山の四季を歩く会」では、樹林帯コースで「荒れている」かどうか判定・意見交換しながら歩きました。名古屋市主催「相生山緑地の将来のあり方検討会(10月18日)」に向けて、自然についての認識を深めることを主な目的にしました。また、「ハギのお花見」を予定したのですが、開花が遅れていたため、サブテーマとして設定したものです。
配布資料 キャプチャ siryou四季20_9 詳細:こちら
B地点IMG_0053 (640x427) 道路遺構ギャップ
当日現場でのひと言、アンケート、届いたメールから一部を紹介します。ホームページ/ひろば にも載せています。記事原稿は完成していたのですが、1週間も遅れた理由は、秋が急に速まったから。お知らせしたい相生山の情報を優先させたためです。
C地点IMG_0071 (640x427) 常緑樹伐採区域
*自然なままの状態のところに人の手が入ることを、「自然が荒れる」と考えるわけね。 (I)

*今日は興味深いお話しありがとうございます。《ここは荒れているか、自然の森か?この先数十年、数百年後どのように変化していくか?》この事を参加者に正しく理解していただく努力が必要です。話に出た「アファンの森」ですが、私がテレビで観た感じでは、間違った森造りだと思います。
植林した山や防砂堤のある川を見て「自然がいっぱいですね!」と言う人もいます。人工の山や川を見て・・・!?自然について充分理解していない人が、未だ未だ多いと思います。(雲)

D地点IMG_0079 (640x427) 「アカマツ林再生PJ」
*「荒れてる、荒れてない」と、人それぞれの「好み」とは別次元の話ということでしょ。(Ta)

*どういうのを「荒れている」と言うのか、納得いかなくて首をかしげている人がいました。荒れている、荒れていない、判定はなかなか難しい。自然とはどういうものかを学んだ人でも、美しく整えられた森を見たりすると、荒れていないと思ってしまったりする。自分の中で常に「この森はどんな森なのか」を観察し考えていないといけないと思った。(あさチャン)

*「荒れる」・・・自然の見方、長い目で。(t.k)
E地点IMG_0081 (640x427) 遷移途上こちら参照
初めての試みで、特に「相生山の四季を歩く会」へ最近参加された方は、戸惑われたようでした。いろいろな「自然観察会」などの経験のある方でも、「自然の見方」については捉え方がまちまちで、今後の課題が見つかったような気がいたします。

   by  Oak.

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

1週間経って・・・・

増えてきました マルバハギ(丸葉萩)の花
マルバハギ②IMG_0159 (640x473)
花柄が短く 緑の葉に密着して 赤紫の小型花
1週前の同じ場所 ハギの話IMG_0099 (640x427)
「可愛いけど、きれいだけど、未だ少ないね」「残念・・・!」
相生山の四季を歩く会の「ハギのお花見」は 予測外れ こちら

少し雨が降って 夜が少し冷えるようになって
日当たりの良い尾根筋でも ヤマハギ(山萩)の花序がこんなに賑やか
ヤマハギIMG_0162 (640x427)
ハギと古人(いにしえびと)の話は こちら
現代の相生山では コナラ(小楢)の樹林に散らばって 今からピーク迎えます
でも 余程意識しないと見落とします
マルバハギ①IMG_0160 (640x427)
名古屋市から郊外へ出る幹線道路に 混雑が戻った連休
「コロナで行く所が無いから」の訪問者も やっと減少傾向
いよいよ「相生山でハギのお花見」 のんびり楽しめそうです

    by  アイ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

ヌルデの世界

相生山緑地の上にも 秋雲が高く広がって 
秋雲ヌルデ①IMG_0131 (640x427) 秋雲ヌルデ②IMG_0166 (640x427)
ヌルデ(白膠木)の季節
ヌルデ開花IMG_0136 (2) (640x427)
例年より2~3日遅れて開花しました 去年は こちら
ヌルデの世界IMG_0154 (640x427)
意識していないと目立たないけれど 気づくと華やか
思いっきり接写していたら 潜り込んでる子がいました 
コアオハナムグリIMG_0144 (640x427) ヌルデ♂_ハナムグリIMG_0147 (640x427)
コアオハナムグリ(小青花潜) 生態そのものの命名
ヌルデ_昆虫たちIMG_0155 (640x427)
花の中に 花序に 葉柄に いろんな昆虫たちがいっぱい
一番遅く花開いて いっぱいポリネータ(=送粉者)集める戦略?

でも ここまで見てきたのは皆
ヌルデ♂IMG_0151 (640x427) 雄花♂株
肝心の 雌花は 未だ こんな感じ
ヌルデ♀IMG_0142 (640x427)
開花後の姿は こちら
せっかく虫たち集めても 花粉は雌花まで待てるのかしら
それとも 今は捨て石デモストレーション 予告宣伝期間中?
いろいろ不思議な ヌルデの世界です

   by  Oak.

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

秋の彼岸の入り

「暑さ寒さも彼岸まで」って 幼いころから聞かされた
今年は・・・・? と危ぶんでいたけれど ちゃんと涼しくなりました
そして相生山には ヒガンバナ(彼岸花)
ヒガンバナ山根口IMG_0138 (640x427)
山根の入り口 ツユクサ(露草)の前に出ました
ヒガンバナ①IMG_0156 (640x427)
樹林手前の小さな並木 エドヒガンサクラ(江戸彼岸桜)とアベマキ(棈)
夏の名残り 蔓草たちの繁茂に埋れず 茎が伸びました
「ここに花咲きますよ」って造ってない この緑地の良さ
ヒガンバナ②IMG_0158 (640x427)
人の暦に合わせる 花の不思議
いいえ 自然に合わせて生きてきた 人の文化
ヒガンバナ③IMG_0157 (640x427)
ちゃんと今年も 「彼岸の入り」にはヒガンバナ
マンジュシャゲ(曼殊沙華)の名は 満開になってから
きっと 彼岸のうちに咲く 天に向かって紅く咲く

    by  アイ

にほんブログ村 科学ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

キンミズヒキ

相生山に秋雨前線がかかる頃
天の水に引かれるよう 濡れて
キンミズヒキ(金水引)の花咲きます
キンミズヒキ雨IMG_0061 (640x480)
まだ暑い盛りの立秋に 紅白のミズヒキ こちら
キンミズヒキは わずかにずれて処暑ちかく
だからでしょうか その黄色が 秋の色
キンミズヒキ晴IMG_0110 (640x427)
花序の先は まだ蕾
それでも もうすぐ実る種子蒔くための
鉤型トゲは備えています したたかに


   by  Oak.


にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

ススキの花

秋の七種の歌の二番目に数えられた 尾花=ススキ(芒)
相生山のあちこちで穂が伸びて 花咲かせています
 ススキ縦IMG_0051(427x640)
穂の先に ノギ(禾,芒)  いかにもイネ科
ススキ苞IMG_0124 (640x427)
小穂の元には長い毛 これが種子を運ぶ冠毛になるのだろうか 
 ススキの花IMG_0141 (427x640)
もう 旅立つ寸前の子たちを見つけました 
冠毛IMG_0139 (2) (640x427)
ところで ススキの花って 葯とか雌しべ(?)どこにあるんだろ?
この秋のうちに 確かめてみます

   by  アイ

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

続・秋色事情

立秋~処暑を過ぎたころ 秋を探して歩いたのは こちら
3週間も経ったので 同じコースを歩いてみました
中秋①IMG_0126 (640x427)
ほとんど変わってない! 最近まで猛暑日の連続でしたものね
お天気によって 光の具合によって 「秋色」事情は違っても見えるし
中秋②IMG_0120 (640x427)
早い紅葉のナツハゼ(夏櫨)やススキ(芒)が入ると
ちょっと秋っぽいかも?・・・などとキョロキョロしていたら
秋色事情IMG_0125 (640x427)
コバノガマズミ(小葉の莢蒾)の赤に出会えました
コバガマIMG_0123 (640x427)
名古屋市では 未だ最高気温30℃の日が続いています
週末は雨 その後きっと 秋が一気に進むのでしょうね

    by  アイ

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

アベマキのドングリが いっぱい

相生山緑地の北西部の傾斜地には
昔の人が植えたのではないかと思えるほど アベマキ(棈)が群生していて
私たちが「アベマキ坂」と呼んでいる斜面に ドングりが散らばる季節です
アベマキIMG_0115 (427x640) ドングリ②IMG_0113 (640x427)
なかでも 胸高直径(根元から130cmの位置の幹直径)が1mはある
一番大きな樹の 張り出した枝からも あたり一面にドングリ散布
 アベマキ樹IMG_0114 (427x640)
アベマキの果実は2年性 
昨年の春に受粉・結実したものが この秋熟します
2年もかけるのは なぜだろう??
きっと したたかな生き残り戦略があるはずです

種子は重力(落ちて散らばる)と動物(ネズミなどに運ばれる)散布 
競争相手のコナラ(小楢)の果実は 未だ青く こちら
落ちているのは ハイイロチョッキリが切り落したものだけ こちら
ドングリ①IMG_0112 (640x427)
いち早く 地面に落ちて いい場所キープ?
飢えた動物を招いて 隠してもらって待機?

アベマキ坂に早々と 1年越しのドングリがいっぱい 
満を持して ことしは豊年の年のようです

  by  Oak.

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

暑気去る

今日のシンボル‐コナラ(小楢)14:28
シンボルコナラ9_14IMG_0130 (640x427)
梢を 風が渡っていく 
力枝に 午後の秋の陽
シンボルコナラ力枝IMG_0131 (427x640) ドングリIMG_0136 (640x427)
ドングリ(堅果)が こんなに大きい

昨日の雨 雨中IMG_0046 (640x427) 
秋の気は 宙から雨とともに降りてきて 
暑気去るIMG_0133 (640x427)
暑気が去った 相生山

   by  アイ

にほんブログ村 科学ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

雨のち降り止む

やっぱり雨になってしまいました
「行く予定です」「初めてです。よろしく」の方がたからキャンセル連絡
雨IMG_0040 (640x427)
それでも ハギ(萩)の花は昨日の夕方より増えていました
「瑞穂区に萩山町って地名があって、萩山中(ハギチュウ)の校章はハギをデザインしたものなんだよ」(B)
雨中ハギIMG_0063 (640x427) 花見IMG_0062 (640x427)
コナラ(小楢)のドングリを割って ハイイロチョッキリの卵を観察しました
チョッキリ観察IMG_0091 (640x427)
アオハダ(青肌)が人気でした
「一枝持って帰って飾りたいな」・・・「それはチョットね」
アオハダIMG_0085 (640x427)
道路工事のために伐られて 中止になってから10年
植生が復活してきたギャップで 「自然が荒れる」について考えました
自然考IMG_0055 (640x427)
名古屋市との意見交換会の結果 こちらや 
来月に開かれる「緑地の基本計画にむけての検討会」について
午後は有志で 話し合いの会を持ちました
ミーティングIMG_0108 (640x427)
朝の1時間は小雨 そのあと雨あがりの初秋の森散歩
五感に加えて 頭もいろいろ使った一日でした

   by  アイ

にほんブログ村 環境ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

萩のお花見

江戸時代の尾張名所図会より 萩の花見
萩花見do_top_940
現在の瑞穂区中根辺りのようす 奥の一番遠い松の山が相生山(推測)

明日の「相生山の四季を歩く会」 秋の七種ハギのお花見
3日前はこちらでしたが
「冷えて・・・」の願いが ほんの少しだけ叶って
「お花見」というほど賑やかではありませんが
ヤマハギIMG_0044 (640x427) マルバハギIMG_0045 (640x427)
ヤマハギ(山萩)もマルバハギ(丸葉萩)も 花増えていました

尾花(=ススキ)も 早い子は花穂開いて
ススキIMG_0048 (640x427)
あとは もう一つの願い
 夕空IMG_0054 (2) (480x640) 生産緑地に
夕焼がきれいでした
けれど 天気予報は雨 なんとか午前中は降らないで・・・・

    by  アイ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

散らばる小枝

あちこちに コナラの小枝 
1個か2個 ドングリがついてる
ハサミで切ったような きれいな切り口 雨風で落ちたのではない証拠
ハイイロチョッキリIMG_0001 (640x453)
ハイイロチョッキリ(灰色ちょっきり) こちら参照
最近やたら目に入ります
以前 あんまり見つからなかったのは
こちらの意識が低かったから?
気象変化で 相生山にチョッキリが増えたから?

   by  R.62

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ 

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

ときどき ご訪問くださいね 
管理画面

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
sub_line