FC2ブログ

スッキリしない理由・・・(下)

前稿からのつづきです。

 名古屋市の行政(具体的には市長と行政官たち)は、市民への責任をどうとるつもりなのでしょう。
 情勢は示しています。東日本地震後の原発放射能漏れ、異常気象に拠るとされる風水害、新型コロナウイルス感染拡大などの情況を見ても、これまでのやり方では問題解決に至らぬことが明らかになっています。
 『自然と人間』、相生山での「都市計画の変更」は、今後のお手本になる事例と、わたしたちはずっと思ってきました。
相生口IMG_0063 (640x427) 橋脚IMG_0045 (640x427)
 相生山の道路をめぐる命題は、①決まったことだからと進めていいのか ②本当に役立つ道路か要る道路か ③自然を壊してまでつくっていいのか、この3点でした。市長の政治判断は下されたものの、市民に理解を求め説明することが、未だ出来ておりません。
 とりわけ「自然」についての切り込みは漠然としたままです。個々の種への理解や認識もですが、まとまった生態系としてとらえることに遅れているように思われます。定義もあいまいなまま「里山」の概念が独り歩きしている風潮もあります。 
北沢IMG_0064 (60x427) 北海道IMG_0061 (640x427)
 私たちは「世界の『AIOIYAMA』検討会議」に提案し、「意見交換会」の場でも述べてきましたが、一向に受け入れる姿勢がみえません。市民との意見交換会といいながら、市民の問いかけには応えず、政争の具とする市議会多数派には忖度する。いったい何を柱に、行政をやっていくつもりなのでしょう。どこに理を見つけているのですか。
意見交換会⑤IMG_0009 (640x405)
 こうしている間にも時は経ちます。誤った施策や活動、無策の故に環境破壊がすすみます。将来を見据えた「いのちと生活」を守るために舵をきる機を遅らせ、取り返せなくなってしまう事態に陥るのを怖れます。
 私たちは思います。法令、計画、慣習、組織、そうしたものだけにとらわれていては、とうてい市民の役には立たないと。もはや根本的な転換が必要だと。
相生山の四季を歩く会20_7IMG_0014 (640x427) 
 相生山の四季を歩く会は、10年以上にわたって相生山現地での自然観察を続け、学んできました。定例会の参加者は20~30人/回で、累計3600人を超えます。それだけしかない人数ですが、その意識は名古屋市民の圧倒的多数派と共通していると自覚しています。不断に新しい人びとを呼び、力を蓄えています。 
 
 私たちは苛立ちながらも、相生山緑地に関わり続けることでしょう。
 都市計画の変更については、市長の政治判断は尊重し、それとは区別される「市長考想」への、「自然からの」反論を準備します。専門家も交えた本格的論議の始まりを待望しています。 
 私たちも含む広範な人びとからの、「相生山のいのち」からの提言が、名古屋市の施策に反映されていきますように。それは結果として、市民をも救います。

     by  Oak.

にほんブログ村 環境ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

スッキリしない理由・・・(上)

 昨年の1月末から、名古屋市では相生山についての意見交換会が続けられています。先日、その第4回目の会合に参加しました。こちら記事参照。
 あれから少し考えてみましたが、どうにも納得できない思いがあります。
意見交換会⑦IMG_0010 (640x427)
 前回は、相生山の「道路」着工済み部分で、案内と現状説明、質疑などが行われました。そのときには「道路について検討する部署は、もう無いんですよ」と道路建設課の責任者の方から聞きました。
現地説明IMG_0182 (640x427) (2) 現地見学IMG_0190 (640x427)
 にもかかわらず、「道路開通」を求める請願が市議会で採択こちらされると、本年度から新たに「市道弥富相生山線の調査検討」することになってしまっています。
 私たちは、市長の「道路を廃止する」政治判断に基づいて市から出された都市計画変更への過程に沿って、「基本計画素案作成」に向けての「意見交換会」に参加してきました。
キャプチャ sekainoaioiyamakaigisiryou
 回を重ねても、意見交換してきた経過や内容や、何より、この意見交換会を位置付けている「世界の『AIOIYAMA』プロジェクト検討会議」にどう反映されているのかの報告がされていないことに疑問があります。
 また、このプロジェクトとは別の場所で為された「横やりを入れる」かの企みに、左右されていることに納得できないものを感じています。
橋梁IMG_0049 (640x427)
 名古屋市はどのように「都市計画変更」を実現しようとしているのか。市民の意思を、どう位置づけようとしているのか。「市民との意見交換を行いました」という『アリバイ工作』なら、つき合う暇はありません。

 この稿つづきます。

    by  Oak.

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

大暑お見舞い

大暑②IMG_0056 (640x427) (2)
二十四節気 大暑
夏の土用 一年で最も暑い ふくらむ真夏
クサギ花IMG_0034 (2) (640x480)
クサギ(臭木)は 長梅雨のゆえに 開花に届かず
 ヒメボタルの沢IMG_0044 (2) (480x640)
相生山緑地に 水あふれて
ヒメボタルの沢は めずらしく流れがありました
大暑①IMG_0030 (640x480)
暑さ お見舞い申し上げます

    by  アイと森の妖精一同

にほんブログ村 環境ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

真夏の一片

5月 白く揺れていた花穂を思い出す 
ネジキIMG_0008 (2) (640x480)
ネジキ(捻木)の果実 花姿はこちら
いきなり鳴き出した アブラゼミ(油蝉)ふり仰ぐと
カナメモチIMG_0007 (2) (640x480)
カナメモチ(要黐) 枝先に小粒がビッシリ 花のときはこちら
相生山に 季節の転換を知らせる ガマズミ(莢蒾)
ガマズミIMG_0014 (640x427)
春先の冬芽と蕾も も 完熟の果実も 紅葉の冬
林縁部に 真夏の告知 
花ざかりヘクソカズラ(屁糞蔓) これからのヌルデ(白膠木)
ヘクソカズラ_ヌルデIMG_0025 (640x427)
名古屋市の子どもたちは「夏休み」に入るそうです
今日から 大暑

   by  アイ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

長雨上がり

相生山緑地 双子池口から入ります
枕木の階段ステップ脇は 流れた水の跡 泥色に光る
雨あがり①IMG_0004 (640x427)
アブラゼミ(油蝉)の声が降ってきます 今日は雨滴ではなくて
シンボル‐コナラ(小楢)の向こうの梅畑 曇り空でも明るい
雨あがり③IMG_0028 (640x427)
未だ前線の雲だけど 空が青いのは嬉しいね
長い雨が止んだから忙しい? ツバメ(燕)高く
ツバメ①IMG_0024 (640x427) ツバメ②IMG_0024 (2) (427x640)
梅雨明けは来週でしょうか
蒸し暑くなって もう涼しい日は無くなりそう 
ハギ夏休みIMG_0015 (640x427)
これが ハギ(萩)の「夏休み前」最後の花
雨あがり②IMG_0019 (427x640)
相生山の一番広い園路に 一番大きな水たまり
地に梅雨を残して 夏の空を映して 

   by  アイ

にほんブログ村 環境ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

ヤブコウジの花

「あっ、ヤブコウジの花咲いてるよ」って教えてもらったのは
先週の「相生山の四季を歩く会」のとき 
ヤブコウジ③IMG_0035 (640x427)
うまく撮れなかったので 再挑戦してきました
樹高10数cm これが精いっぱいかな 
ヤブコウジ②IMG_0017 (640x480)
ヤブコウジ(藪柑子)については こちら
11月になると 赤い実がつきます こちら
ヤブコウジ①IMG_0018 (640x480)
半日陰を好む彼女を 捉えようとしていたら
ヤブカ(藪蚊)の襲撃で ボコボコ
薮つながりの 梅雨の午後
    
   by  アイ

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

フライング?

梅雨明け前にもかかわらず 気の早い紅葉
ヤマハゼ紅葉①IMG_0005 (640x427)
仰いだ高い枝は逆光で 光量不足ながら
ヤマハゼ(山櫨)は 確かな紅
このところの低温に勘違いして 離層を形成してしまったのでしょうか
ヤマハゼ紅葉②IMG_0006 (2) (640x480)
それにしても しっかり光合成していたようで
貯めた糖を アントシアニン化
急ぎすぎに思えるけれど 赤い輝きに拍手

   by  Oak.

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

西日キラキラ

とっくに小暑に入ったというに
「暑中見舞い」を書く気になれない日々が 未だ続いています
晴れ間IMG_0012 (640x427)
今日の午後は 相生山にも ひさびさの青空
午後の陽に 西日①IMG_0001 (2) (427x640)
常緑低木の樹林が 若やいだキラメキ
西日②IMG_0011 (427x640) 17:18
夏至から1ヵ月 日は長い
日没まで ひととき 西日キラキラ

   by  アイ

にほんブログ村 科学ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

ときどき ご訪問くださいね 
管理画面

line
最新記事
line
訪問者
line
最新コメント
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
sub_line