FC2ブログ

雨の傷あと

相生山 コナラ(小楢)樹林の散策路 
園路IMG_0298 (427x640) さえぎる落下幹
見わたすと向こうに 根扱ぎ(ねこぎ)の大木
根扱ぎ②IMG_0300 (640x427)
前の台風の大雨に 支えきれなくなったのでしょうか 
根扱ぎ①IMG_0299 (427x640) 根扱ぎ③IMG_0304 (427x640)
尾根側へ 谷側へ 倒れてしまったコナラたち
どんな最期だったんでしょう 
凄い音がしたのでしょうか それとも静かな終わり方
枝掛かりIMG_0305 (640x427)
お隣のサクラに枝掛かりになったままの倒木
マツ枯損木IMG_0311 (640x427)
こちらは 枯損木のマツ
場所から推して 数十年前の植栽 こちらの名残りか
樹木の寿命 雨風 倒木 ・・・・ 
生じたギャップには次の森が始まるでしょう

ところで 人の安全にも関わる 詳細な情況
相生山の管理者 名古屋市は把握してるのかしら

     by  Oak.

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

冬青の珠

ソヨゴ(冬青)の実が 赤くなっていました
ソヨゴ①IMG_0317 (640x427)
この前通りかかった時は 橙色帯びたくらいでした
2週間前 ソヨゴ11日IMG_0154 (2) (480x640)

昨日の雨が 樹上に残っていたのでしょうか
ソヨゴ②IMG_0319 (640x427)
それとも 朝露の雫
ソヨゴ③IMG_0320 (640x427)
ソヨゴの水珠に 秋が宿っていました
過ぎていく 迎える 時が写り込んでいました

   by  アイ

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

冷たい雨のなかに

相生山は昨夜から冷たい雨 
シキミ①IMG_0296 (640x480) シキミ②IMG_0297 (640x480)
シキミ(樒) 猛毒です 熟すとスパイスの八角そっくり 要注意 

クチナシ①IMG_0303 (640x427) クチナシ②IMG_0302 (640x480)
色づいてきました クチナシ(梔子)の灯りともる前夜

ウメモドキ②IMG_0309 (2) (640x480) ウメモドキ①IMG_0306 (2) (640x480)
ウメモドキ(梅擬) 光散らして あたり一帯の華やぎ

晩秋の雨の中に 濡れて熟れる果実たち

   by  アイ

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

何故「アカマツ林再生」にこだわるの?

相生山緑地内の掲示板に 名古屋市の「森づくり」講座案内
再生PJ掲示IMG_0285 (427x640)
「森づくり」への疑問 これまでも指摘してきましたが こちら
今度は 相生山の現場も会場になるようです
オアシス募集チラシ部分IMG_20191024_0001 (2) (640x412)
名古屋市の「アカマツ林再生プロジェクト」についても 2015年から
その問題点について 当局に「意見書」を提出 故高岡さんの論文も添えました

私たちの指摘は大きく3点
 ①「再生」とは いつの、どのような、アカマツ林ですか?
そもそも相生山にアカマツ林が存在していたのですか?
記録があれば提示ください。
 ②今の相生山にアカマツ林が存続できますか?
相生山は「コナラ・アベマキ林」から「シイ・カシ林」の段階です。
「退行遷移」を本当に実現させるつもりですか?
 ③科学を無視して相生山で実践している「プロジェクト」は、
市民を欺き、ムリ・ムダを強いるものになっていませんか?

真摯な回答は いっこうに無く 不可思議な伐採が繰り返されています
周回道路伐採地IMG_4097 (640x427) (1)
今年5月の散策路横 カシ林に移行が進んだ林床 常緑低木伐採あと
伐っても伐っても アベマキやアラカシの幼木が育ちます
周回道路伐採地IMG_4097 (640x427) (2)
「マツ林が復活した」とされている区域
不自然なマツの密生状態に加えて 他の樹種も繁茂
とても アカマツ林 とは言えません

「自然と共に生きていきたい。そのために役割を果たしたいものだ」
そう考えている市民を
名古屋市は どこへ連れていくつもりなのでしょう

    by  Oak.

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

ヤマハゼ(山櫨)

秋深まる相生山に 目立つヤマハゼ
紅葉が早い樹種ですが 果実にも注目
ヤマハゼは雌雄異株 この時期になれば雌雄が判別できます
ヤマハゼ果実IMG_0263 (640x427)
低木(5m以下)から亜高木(10m以下)まで 相生山全域に多く生育
常緑低木の上 グラデーションが美しい 果実が見当たらないから♂木かな?
常緑_IMG_0274 (640x427)
ウルシ属の区別方法 「ハゼに毛ナシ」
ズームアップしてみました ヤマハゼIMG_0276 (2) (480x640)
果実の外皮に毛が無い! 類似のヤマウルシ(山漆)と区別できます
この時期だけ可能な判別法 なので
紅葉を愛でながら 雌と雄 ウルシとハゼ 確認して歩くのもお楽しみ
ヤマハゼIMG_0277 (2) (640x480)
シュートの先端に冬芽を見つけました
「実には毛無し、芽には毛アリ」がヤマハゼ
どちらにも毛が無かったら ハゼノキ(櫨の木) 比較画像 こちら
でも あまり熱心に近づきすぎないで下さいね ヤマハゼはかぶれが強烈です

「相生山の四季を歩く会」の常連さんには ウルシかぶれに負けない人が数人
弱い私は 羨ましく思いながら
ウルシの仲間を手に取って観察のときには お世話になっています

    by  Oak.

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

「ふれあいの丘」本当に必要なの?

相生山緑地の生産緑地 樹林に囲まれた広大な畑地
芋堀体験IMG_0278 (2) (640x360)
ふだんは「私有地につき立ち入り禁止」ですが 
この日は「芋掘り体験の日」こちら 畑の真ん中まで行けました
畑の中①IMG_0279 (2) (640x427) 畑の中②IMG_0280 (640x427)
出かけるのが遅く 人出のピークは過ぎていましたが
それでも 小学生づれのファミリーなどで にぎわっていました
サツマイモ畑の奥は竹薮とヒノキ人工林 ちょうど稲田口から上がったあたりか
芋畑IMG_0281 (2) (640x427)
ここは 名古屋市の相生山緑地基本計画「素案」では
「ふれあいの丘として整備する」とされています 参考資料 こちら
生産緑地IMG_0282 (640x427)
菅田集落の農家が開墾し 大都市近郊の農地が広がっています
この南西部の谷をはさんで 斜面や尾根は住宅地になっています
ここを「誰もが自然や人とふれあえるように」再開発する要があるのでしょうか
市長考想「建設済みの道路部分をつないで園路に」の結合点のためなのでは?
このブログでの関連記事 タグはこちら

相生山の「道路と公園」についての市民意見交換会は こちら
「相生山の四季を歩く会」は 11月10日(日)定例会あとから参加 こちら
すこしでも関心のある方は ぜひ一緒に出かけていただきたいと思います

     by  アイ

にほんブログ村 環境ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ


ときどき ご訪問くださいね 

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
sub_line