FC2ブログ

8月終わる日

8月末の相生山 落葉樹の果実を訪ねます
サワフタギ①IMG_0230 (640x427) サワフタギ②IMG_0228 (640x480)
雨あがりの谷に サワフタギ(沢蓋木)
秋が深まれば きれいな瑠璃色に染まる こちら
ツルウメモドキ①IMG_0231 (640x427) ツルウメモドキ②IMG_0232 (480x640)
樹林の入口 ムクノキ(椋木)にからむ ツルウメモドキ(蔓梅擬)
この子たちは人気の花材 やがて朱色に熟します
アオハダ①IMG_0246 (640x427) アオハダ②IMG_0247 (2) (640x479)
園路に落ちた小さな赤い実 仰いで捜したら
亜高木のアオハダ(青肌)を見つけました
ミヤマガマズミ①IMG_0212 (640x427) ミヤマガマズミ②IMG_0211 (640x480)
ミヤマガマズミ(深山莢蒾)は 相生山には意外と少ないです
しかも 周りの木に囲まれて 最近奥まってしまいました
日当たり悪くなったようでも ほのかに染まリ始めています

9月の相生山の四季を歩く会(9/8)は ゆっくりと 
木の実の変化を探します こちら
春から夏の花のころ こちら 思い出しながら

   by Oak.

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

8月の末 雨の果実 

相生山緑地にも 梅雨のような雨降り
濡れる常緑の濃い葉に 隠れるように
“まだ未だ青い木の実”こちら の続編です 
クスノキ①IMG_0238 (640x480) クスノキ②IMG_0237 (640x427)
林縁の高木 クスノキ(樟)  あの花 こちら の割には大きな果実
ソヨゴ①IMG_0215 (640x426) ソヨゴ②IMG_0218 (640x427)
先日 こちらも 雨あがりには最も似合う水珠の ソヨゴ(冬青)
サカキ①IMG_0220 (640x427) サカキ②IMG_0219 (640x427)
サカキ(榊)の葉は鋭角に付くから 雨滴は滑り落ちやすいのかな
サカキの果実は 丸いのかと思ってたら意外と流線形
ことしはたくさんの花に会えました こちら
ヒサカキIMG_0222 (640x427) ヒサカキ②IMG_0245 (640x480)
もしかしたら 相生山に最も多い樹木 ヒサカキ(姫榊) 
早春一番の花 こちら 雌花・雄花・両性花 こちら
春雨に濡れた花の 秋雨に濡れる果実

3月の始めから6月中旬に咲いた樹木が
8月の末に 同じように果実つけています
その間に咲いたサクラたちのサクランボは もう土に還ったのに
実りの進み方は 樹種によって それぞれなんですね
次は 落葉樹を訪ねてみます

   by  アイ

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

名古屋市は何処に向かおうとしているのか

世界の「AIOIYAMA」プロジェクト意見交換会(第2回)開催報告によれば、名古屋市の見解が以下のように記録されています。
7月18日に地元の相生学区で、市民からの意見・質問への当局回答として示されたものです。(報告書より抜粋)

・都市計画道路の廃止は簡単にできるものではない。都市計画道路廃止は都市計画審議会にて審議する必要があり、都市計画審議会に諮るには市民の理解を得る必要があると考えている。

・名古屋市の方針として、平成26 年12 月に市長から「道路は作らない」と発表している。但し、様々なご意見があることから、現時点において都市計画道路の廃止には至っていない。
下山畑②IMG_0043 (640x427) 下山畑交差点
何と「超」客観的な捉え方!
報告書は当日の記録を元に事後にまとめられたものでしょうから、上記は発言そのままではなく、正式な名古屋市の見解と考えて差し支えないでしょう。

河村名古屋市長は2014年12月の表明に至るまで、数々の現地調査に加えて「学術検証委員会」「住民意向調査」などの結果を踏まえたうえで、判断をされたと思います。いくらかの不十分性はあったとしても、法的にも手続き的にも問題はなかったと思われます。

ですから、「意見交換会資料」にも公表されている通り「道路計画は廃止」は名古屋市の方針とされているのでしょう。
問われるのは、「市民の理解を得る」ためにどのような手を打って来たのか、ではないでしょうか。
道路遺構①IMG_0102 (640x427) 道路遺構②IMG_0103 (640x427) 緑地内道路遺構
名古屋市が為すべきこと、やり切っていないことは、「道路廃止の理由説明」を市民に示し理解を求めることです。その前提をクリアした上で、都市計画審議会に向けて進めることです。「様々なご意見があることから、現時点において都市計画道路の廃止には至っていない」などと、「分析」している場合ではありません。
あれから何年、どれほどの労苦が積み重ねられたと受け止めているのでしょう。それは市民も市長はじめ行政担当者も同様、ではなかったでしょうか。

私たちは8月5日に、市長を長とする「検討会議」に提案書を出しました。 こちら 事態を誠実にとらえ、真摯に取り組まれるよう求めます。

 この稿についての参考、名古屋市の公式ホームページは こちら
 blog関連記事は こちら
 ご一読ください。

    by Oak.


にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

季分ける雨

二十四節気の処暑 その次候
七十二候 天地始めて粛(さむ)し
夏の気が落ち着き 万物改まる という
シンボルコナラIMG_0252 (640x427)
昨夕から 細かく強く雨降り
草木収まり いのち宿す
北尾根IMG_0176 (640x427)
相生山でも ようやく暑さが去ったよう
山根口IMG_0255 (520x640)
明るい山根口には ハギの花と黄葉はしりのサクラ
ススキIMG_0205 (640x427)
樹林地の小さなギャップに ススキ(芒)花咲く
コバガマIMG_0248 (640x427)
コバノガマズミ(小葉莢蒾) 色ばむ

相生山の雑木の森に
夏と秋 季節を分ける雨が降る


   by  アイ 

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

高岡さん、そっちの様子は如何ですか?

8月27日 
高岡立明さんのお命日
三回忌を迎えました

14_5_24IMG_5559 (640x480) 2014.5陸貝調査
高岡さんの遺したメッセージ 
その1 名古屋市の意見交換会は この趣旨をくみとって進めるだろうか
その2 懸念の通り「園路」は相生山緑地の今後を左右する課題となっています
その3 「オアシスの森づくり」への抗議の声はなかなか受け入れられません 

高岡さんからの宿題は未だ決着がついていません
無性に会って話をしたくなる時があります
ベッドの中から 鋭い指摘や意外なユーモアや独壇場の分析
今 ちょっと話が出来れば 良いヒントがあるかもしれない・・・・のに

高岡さんの最後の10年間を 相生山で共有できました
握手も対立もあったけれど 
あなたがいなければ 私たちの「相生山」は無かった

シンポジウム報告2014_8_5IMG_6021 (2) (640x471) (640x471) 2014.8名古屋市へ

高岡さんが亡くなった直後の記事 こちら
彼の記憶を失わぬためのページです
ご一読を お願いします


    by  アイ と森の仲間たち

にほんブログ村 環境ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

アベマキのドングリ

アベマキ②IMG_0208 (640x427)
大きなアベマキ(棈)の木の葉かげ ドングリたくさん見えました
アベマキ①IMG_0210 (427x640)
まだ8月ですが ドングリを見かけると
ああ 秋だな って感じてしまいます
この2~3日 名古屋は爽やかで 
相生山にも秋が早く来そうな気になってます
アベマキ④IMG_0209 (640x427)
大きな幹の 太い枝の 先端の小枝に ドングリは実ります
今年の6月 同じブナ科のクリの雌花 こちら
アベマキの雌花も 同じようにシュートの先に咲くのでしょう
初夏に受粉 受精後 幼い果実は1年かけて じっくり育ちます こちら
アベマキ③IMG_0207 (640x427)
ドングリの帽子(=殻斗)が もじゃもじゃの中に埋もれて

丸い頭がグイっと見えてきたら
本物の秋 ですね

   by  Oak.

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ


ときどき ご訪問くださいね 

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
sub_line