FC2ブログ

花見お花見

晴れたけれど 雲多く 風冷たい午前
「相生山の四季を歩く会」の有志が集まりました
サクラ並木IMG_3465 (640x427)
今日はお花見 エドヒガン(江戸彼岸)は終わっても
ソメイヨシノ(染井吉野)とヤマザクラ(山桜)散らず待っていてくれました
ソメイヨシノIMG_3457 (2) (640x411) ヤマザクラ①IMG_3478 (640x427)
「今年は順序が違う。ソメイヨシノが遅かった」
「ヒガン、ヤマ、オオシマ、、、だったもんね」
お花見IMG_3470 (640x427)
「意外とヤマザクラ多いね、花咲くと改めて分かる」
花見は サクラだけに限らない
アケビIMG_3455 (640x427) アケビの花IMG_3462 (640x427) 
アケビ(木通) 「ここに雌花!覚えとこ」
ヤマツツジIMG_3468 (640x427) ツツジIMG_3473 (640x427)
ツツジ(躑躅)いろいろ 「コバミツ(小葉三つ葉躑躅)紫が目立つよ」 

サクラの近い陽だまりで 花より〇〇
持ち込みIMG_3479 (640x388) ヤマザクラ②IMG_3485 (640x427)
手づくり差し入れ ちょっぴりアルコールもあったりして
お昼IMG_3483 (640x427)
「今日は来て良かった!!」「ごちそうさま」
参加者16人 ありがとうございました

夕方 メールが届きました
「あれから陸貝調査コース通って徳林寺迄。山桜いっぱい。木が大きくて首痛!」
「良いお花見でした。森の奥は桜の苑でした」

    by  Oak.

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ
にほんブログ村

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

人よ!驕るな

 春。相生山緑地の森の林縁では、フジ(藤)やクズ(葛)などが盛んに蔓(ツル)を伸ばしています。最近はアケビ(木通)こちら も目立っています。画像は昨年夏、フジとクズの花です。
 フジ②IMG_9240 (427x640) クズの花IMG_6330 (800x533)
 人は彼らを衣類の原材料や薬用に用いたりしてきました。現代の人は「花がきれい」とか「森を荒らすジャマ者」とか「懐かしい味」とか、時と場合、経験などにより、さまざまに評価しています。
 森林の生態系を学ぶと、「ソデ(袖)・マント群落」として「森林の内部を乾燥や侵入者から守る役割を果たしている」位置づけに出会います。自然の一部を自然全体から見た役割で判断すると、そういうことも言えるのでしょう。
 けれども、フジやクズやアケビは、当然そんなことを意識して生きているわけではありません。彼らは長い生育史のなかで、環境に合わせて生き延びる「戦略」を獲得し、そうしたものだけが現在も生き残っているに過ぎないのだと思います。 
 さらに、人の生活圏では、珍重されたり排除されたりの圧力も加わったうえで、現在の植生が成立しているともいえるでしょう。
雑木林15_11IMG_9953 (640x480) 相生山の雑木林
 話を相生山をとりまいている情況に移しましょう。
 相生山の樹林も例外ではありません。主な産業が農業であった時代が長く、農用林として人から利用されてきました。窯跡があることから、焼き物の燃料供給していたことも推測されます。
 けれども少し前から、人はそうした役割を相生山の樹林に求めなくなりました。このような経緯で成立したのが、現在のコナラ・アベマキ中心の雑木林です。人が圧力を加えることを止め、自然のままに放置した区域は、暖帯性の常緑樹林(=照葉樹林)へと遷移しつつあります。日照が少なくても育つ、シイ(椎)やカシ(樫)が中心の森が成立し始めています。
 相生山に生育するシイ(椎)の幼木 シイIMG_0390 (427x640)
常緑の森IMG_3970 (640x480) 常緑樹林への遷移
 こうしたことは、当たり前の成り行きです。正しいとか良くないとか、大変なことになったとか、人の分際で判断出来ることではありません。成るようにしか成らない、と素直に認めるしかないのです。
 そのことと、人が「ああしたい、こうしたい」「その方が好き」「こうであって欲しい」と願うことを交ぜこぜにして論議することが流行っています。あげくの果てに、力まかせに自然を改変し、「真実」ぶった理屈をつけるのは、愚かさを地で行く行為としか思えません。
伐採地IMG_3148 (640x427) 拡大する伐採地 
 たとえば「生物多様性のために雑木林を維持しなければならないから常緑樹を伐採」とか「昔の姿を取り戻すため手を入れる」「里山の景観を維持することが求められている」など、一部の人の好みを正当化するための言い訳でしかないと聞こえます。
 本当はおのれの好みであることを白状し、別の好みの人びとに理解を求め、折り合いをつけようとするのが、まだ真っ当な進め方ではないかと思ってしまいます。

 「あなた方は相生山をどうしたいの?」と聞かれることがあります。「どうこうしようとする前に、何が大事か考えたい」と答えることにしています。為そうとしている人の行為そのものが、どうしても不可避なことなのか。
 それから「生物多様性を語るなら、人びとの意見の多様性にも考慮して」ですよね。  
 相生山緑地ですすめられてきた、ここ2~3年特に顕著になってきた「森の手入れ(=庭づくり)」活動に、同時に「人と自然の共生」を掲げて「世界のAIOIYAMA公園」を夢想する行政に、相生山に親しんできた多くの市民の思いを代表して警告を記しておきます。「自然を意のままに出来るなどと、驕ってはいけない」と。

 下は、私たちがもう一つのフィールドにしている岐阜県の山林です。ここでは30年以上放置されてきたヒノキの人工林を間伐(一部皆伐)して、自然植生中心の山に戻そうとしています。もちろん、数百年、数千年単位で考えれば、放置人工林も死滅し自然林に入れ替わっていくことでしょう。それでもあえて、植えられて育ったヒノキをなぜ伐るのか。
間伐山林IMG_3006 (640x427) 上大橋フィールドIMG_3316 (640x427)
 それは、人が今、何をする必要があるのか、の問題提起になりはしないかと思うからです。世間の風潮が、責任を転嫁して趣味に走り、それで事足りると、むしろ「良いことをしている」と思いこまされていることへの、小さな小さな反発なのかもしれません。
 さて、どちらの行為が、自然に受け入れられるのか。それともやっぱり、自然は人の思わくなど超えて存在していくのか。実践結果を通して後世に問題提起が伝わるならば、それはそれで楽しいことだと思っています。

    by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

相生山の春は駆け足(5)・・・花から花へ

春らんまんの相生山
ヤマザクラ(山桜)も 満開になりました
ヤマザクラ②IMG_3410 (3) (640x480) ヤマザクラIMG_3409 (2) (480x640)
楚々とした花が揺れます 亜高木の梢の先まで 
陽樹で短命のヤマザクラ 山地帯では繁る植生の影響で
カスミザクラ(霞桜)と入れ替わりつつあるそうですが・・・・

春の木=椿 暖帯性の常緑広葉樹林帯に属する相生山には 
ヤブツバキ(薮椿)が 少数ながら自生しています 
ヤブツバキIMG_3386 (2) (640x427)
大人の女性の雰囲気を漂わせる花姿

散策路の縁にも 「花園入口」にも
マキノスミレ(牧野菫)の紫が いっぱい
マキノスミレIMG_3415 (640x427) 花園入口IMG_3342 (2) (640x427)
同じく花盛りは コバノミツバツツジ(小葉の三つ葉躑躅)
一週間前 こちら から大変身
コバミツ②IMG_3397 (640x427) コバミツ①IMG_3395 (427x640)
ヤマツツジ(山躑躅)も 開花しています
ヤマツツジIMG_3402 (2) (640x427)
「森の手入れ」こちら に 伐られたり踏まれたりで 減少傾向

うっかり見落とすところでした
アオキIMG_3405 (640x427)
地味に お洒落な アオキ(青木)の雄花
遺伝子解析による新しい分類(APBⅡ)では ガリア科 
ガリアって どんな植物?って 誰もが問います

森の出口 ギャップとの境目に 蔓が目立ちます
アケビ(木通) 小葉が5枚 花被がクリーム色を帯びて
同株に雌雄異花 大きいのが♀ 小さく数多いのが♂ 
アケビ②IMG_3412 (640x427) アケビ③IMG_3413 (427x640)
ミツバアケビ(三つ葉木通)と混生しているので ややこしい
ミックスの子も育っているのではないかしら??

この時期の花はどれも 落葉樹の芽吹きと競って 色トリドリ
送粉サポーターの昆虫たちにアピールする戦略なのかしら
「相生山の四季を歩く会」の4月テーマは ~花から花へ~
その前に31日 有志の「お花見会」も 違った花花が楽しめそうです

   by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

相生山の春は駆け足(4)・・・恋の歌

暖かい晴れのお昼どき
今日は 野鳥たちがにぎやかでした
シジュウカラ①P3163609 (640x480) シジュウカラ③P3163607 (640x480)
北尾根A地点では シジュウカラ(四十雀)
tsupyi tsupyi tsupyi
tsupyi tsupyi tsupyi
しきりにナワバリ主張 なつかしい声が帰って来ました
シジュウカラ②P3163608 (640x480)
中央尾根T-南では メジロ(目白) pyichucu pyichuchu pyi
メジロ影IMG_3304 (2) (640x427) ヤマガラ姿IMG_3338 (640x427)
T-東では ヤマガラ(山雀) tsutsupyi tsutsupyi

「相生山の四季を歩く会」3月10日には まだ頼りなげだった
林縁のウグイス(鶯)も ずいぶんしっかり歌います

野鳥たちの姿が 近年めっきり少ないのですが こちら
それでも 相生山に恋の季節を迎えています
雌を呼ぶ 高らかな囀りに UKIUKI春を感じます

    by  Oak.

        

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

相生山の春は駆け足(3)・・・芽吹き&展開

春の陽が射したり 冬に戻る感があったり
季節の移り気のなかでも 樹木たちが芽吹いていきます
先日のコナラ(小楢)こちら につづいて ご紹介
アオハダIMG_3399 (640x427)
アオハダ(青肌) のんびり屋さんも やっと春に気づいたよう
ナツハゼIMG_3393 (640x427)
ナツハゼ(夏櫨) お洒落さんは この時期から紅さして
ムラサキシキブIMG_3366 (640x427)
ムラサキシキブ(紫式部) 長い間モノトーンに見えた子も瑞々しく
ウスノキIMG_3292 (640x480)
ウスノキ(臼の木) あんなに可憐だったのに ずいぶんと艶に
コバガマIMG_3334 (640x427)
コバノガマズミ(小葉莢蒾) 花芽が見えます ことしも元気

樹種ごとに 木ごとに 枝ごとに 
そうして 相生山の樹林全体の色が 日に日に変わっていく様は
「もののけ姫」のラストシーンを思い浮かばせてくれます

    by  アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

何考えてるんだろ!名古屋市は

「なんかエライことになっとるぞ」
相生口で会ったおなじみさんの顔が曇っていました
言われた場所に行ってみると
改変②IMG_3389 (640x427)
名古屋市が「昔のツツジの山の景観を復活させる」として
前々から常緑低木中心に樹木伐採が進んでいた区域です
「樹種も学ぼうとしない」人によって シイの幼木が切られてしまった区域
樹木の変異を観察していこうと 管理者の了解のもと「植生調査」始めた区域
改変③IMG_3390 (640x427)
またまた大規模に 幹・枝が伐られ 更地になって
そこに「ベンチ」様の丸太が並べられていました
稲田口から入った「道路用地」の人工林から切り出されたもにでしょうか
改変①IMG_3387 (640x427)
このようなことをしても 数年しないうちに樹木は復活します
そうならないように 毎年樹林地のなかの幼木を伐りつづけ 
更地状態を維持するつもりなのでしょうか・・・何のために?

『自然を大事にする』ために都市計画道路建設を白紙撤回し
『人と自然が共生する相生山の森』計画 素案の意見交換が始まったばかりです
私たちからの度々の提案や要望は「お聞きしました」状態のまま
「市民との協働」を掲げて 少数者の意思のまま 相生山を改変する
名古屋市は 私たちから離れて 何を考えてるの?
「協働」IMG_3277 (640x427)
掲示板に「散策路が復元しました」との記事がありますが
コナラとヤマザクラとアラカシとガマズミの生育する樹林に踏み込む道
「正式な園路ではないので、出来れば通らないようにしてほしい」
以前の管理担当者からは そう言われたことがありました
改変④IMG_3391 (640x427)
名古屋市は相生山に親しんでいる たくさんの市民の思いを無視し続けるのか
同じ市民なのに 「木を伐らないで」「このままの自然がいい」は圧倒的なのに
名古屋市は 市民から外れて どこへ行くつもりなの?

年度末 人事異動があり
新年度計画が立てられていくでしょう
相生山の樹林地の自然を いつまでも大事にしていく名古屋市になりますように

   by  アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ


ときどき ご訪問くださいね 

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
sub_line