FC2ブログ

三寒四温

相生山緑地 谷筋の稲田口
久しぶりに リョウブ(令法)を訪ねました
リョウブ②IMG_0418 (800x533)
ここは 未だ冷んやりの遅い春
去年たくさんの花が 果実になって残っています
冬芽は? 
リョウブ①IMG_0418 (3) (800x601)
陣笠かぶって ヤジロベエみたいに 枝先に・・・・
それでも この季節になると 半数くらいは
くるっと芽鱗を脱ぎ捨てて 裸芽になった子も居ました 
リョウブ③IMG_0419 (800x533)
暖かくなったり 寒さが戻ったりの時節です
一度脱ぎ捨てたら もう戻らないよ・・・・でも
覚悟のリョウブ冬芽 産毛 光らせて
健気に春の日を待ちます

   by  アイ

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

PS.冬芽たち

きょうも 4月晩春を思わせるような陽気 誘われて
晩春日IMG_0013 (800x533)
これまで 通り過ぎてきた冬芽たちに ごあいさつ
うっかりすると もう蕾や葉に展開してしまいそう ですもの 
コバミツIMG_0014 (800x533)
相生山緑地を代表する樹木の一つ コバノミツバツツジ(小葉の三つ葉躑躅)
ふくらんでいるのは みんな花芽です 3月中旬には咲きそうな勢い 
去年は こちら

「相生山にはゴンズイ無いんですか?」って 先週 こちら 聞かれました
「少ないですけど、ちゃんと居ますよ。時間の都合で今日は行けない」
ゴンズイIMG_0007 (800x600) リョウブIMG_0015 (800x600)
ゴンズイ(権萃)紫の頂芽が対生  リョウブ(令法)は芽鱗落として裸芽に

見逃してしまいそうに 小さな芽たち
ナツハゼ(夏櫨)可愛い花と果実と紅葉 目立つ子も 今はこんなのです
ナツハゼIMG_0019 (800x600) イソノキIMG_0012 (600x800)
隣り合って伸びてた イソノキ(磯の木)の一年枝
去年の葉痕の反対側に 今年の葉芽の産毛が長く光る

予備芽=副芽を持つ代表 エゴノキ 芽が最も小さい仲間
エゴノキピンズレIMG_0030 (800x600) エゴノキ副芽IMG_0029 (800x600)
二つの芽を紹介したいのだけれど ピントが・・・・合わない・・・・

日なたのイボタノキ(水蝋樹)は もう芽吹いていました
イボタノキIMG_0574 (800x600)
半落葉 越冬した昨シーズンの葉と入れ替り もうスグ

銀色に反射する アオハダ(青肌)の幹と枝
イチョウ(銀杏)みたいに 短枝がいっぱい
アオハダIMG_0591 (800x533)
その どれもの先に ぎっしり葉が付くのですが 参考に こちら
鱗芽まだ堅い 少しくらいの暖かさには 用心深い性質みたいです

三寒四温 やがて一気に騒がしくなってくる雑木林
今日は ここまで 近々また来ます

相生山の四季を歩く会のホームページ 更新されました こちら 
2月例会の記事が載っています linkがいっぱい お楽しみください

   by  アイ+R.62

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

林縁は面白い

相生山の四季を歩く会1~2月の恒例 冬芽人気コンテスト
best3までには入らぬものの 根強い人気 
アオギリ(青桐)とハリエンジュ(針槐)
キャプチャ 冬芽コンテスト結果部分
相生山では 相生口の駐車場わき 
道路予定地や住宅地と隣り合って生育しています
彼らは元来 街路樹や公園樹あるいは蜜源植物として 人に植えられたもの 
そして その種子が風や鳥によって 樹林地にまで運ばれてきたと思われます
林縁IMG_0427 (800x533)
みんなが熱心に観察しているのは この子
ハリエンジュ観察IMG_0429 (800x533) ハリエンジュIMG_0338 (4) (600x800)
ハリエンジュ(別名:ニセアカシヤ) 相生山で唯一の隠芽を持ちます
枝の棘と 維管束痕や下に隠れた芽のようすから 『悪魔の顔』
アオギリIMG_0058 (800x600) (2) アオギリ解説IMG_0433 (533x800)
こちらは アオギリ  托葉痕にピントが合って帽子の毛はモサモサ
「あたたかそう」「りっぱ」「力強い」「かわいい」 特に女子から高評価

冬芽のようすも面白いのですが もっと面白いのは
この子たちが樹林の中でなく 林縁部にとどまっていること
森林の「マント」「袖」と言われる 多くは蔓性の植物
~相生山ではフジ(藤)やクズ(葛)やアケビ(木通)~たちによって
樹林の中へ植栽木や外来植物が入り込めなくなっていること
とくに 日照を好む種は林縁部で育つことになります
アオギリIMG_0432 (2) (800x533)
「便利な道路」や「明るく見た目の良い公園」では気づかない
自然の森林の持つ力 自然と人のせめぎ合いが
林縁部の植生に見られることも 面白いと思います

   by  Oak

にほんブログ村 科学ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

相生山の冬芽~「私のお気に入り 」紹介②

前回:こちら からの続きです
お気に入り冬芽 推薦コメント
IMG_0005 (800x566)
〔クリック+Ctrlキー〕で拡大して お読みください
ミヤマガマズミ観察IMG_0439 (800x533) 谷にてタカノツメIMG_0441 (800x533)
誰もが熱心に 目と足を使って 相生山の春と向き合いました
IMG_0006 (800x566)
展開間近の コバノガマズミ(小葉の莢蒾)  たくましい タカノツメ(鷹の爪)
コバガマIMG_0357 (800x600) タカノツメIMG_0028 (600x800)
元気に伸びする ヤマウルシ(山漆)  葉先覗く アズキナシ(小豆梨)
ヤマウルシIMG_0480 (600x800) アズキナシ冬芽IMG_0450 (800x600)
上のコメントにある「踊る冬芽ちゃん」記事は こちら 
覚えていてくれて嬉しかったです ありがとうございます
㉒IMG_0004 (800x566)
裸芽と鱗芽 頂生側芽 副芽(予備芽) 隠芽 花芽や葉芽 ・・・・・
ホームページ更新されたら 資料参考に思い出してみてください
ハギ解説IMG_0473 (800x533) たいらちゃん観察中IMG_0461 (800x533)
2歳のたいちゃんはパパと一緒  どの子を好きになったかな?

    by  アイ+Oak.

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

相生山の冬芽~「私のお気に入り 」紹介①

「相生山の四季を歩く会」の冬芽観察の記録
庭②歩くIMG_0479 (800x533) タブノキ観察IMG_0456 (800x533)
参加者の皆さんが残して下さった 「私のお気に入り」投票用紙から
冬芽の特徴 推薦理由を紹介します 〔クリック+Ctrlキー〕で拡大ください
IMG_0002 (800x566)
人気No.2の ザイフリボク(采振木)
ザイフリボクIMG_0041 (800x600)
5種に絞るのに 持ち点の配分に 苦心の跡が見られます
IMG_0003 (800x566)
7位のタブノキ(椨)
タブノキIMG_0457 (800x600)
限られた時間の中で ていねいに記入していただけました
IMG_0004 (800x566)
集計結果(上位一部)は こちら
次回に続きます

   by  Oak.

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

相生山にも春が来た

ウスノキ①IMG_0033 (800x600)
ウスノキ(臼の木)の産毛 キラリ
ウスノキ②IMG_0036 (601x800) ウスノキ③IMG_0369 (800x533)
光返す 塗り物みたいな朱  陰では春寒の彩り
日照を好むツツジ科低木 太陽光を多く浴びる枝は 
クロロフィルを守るアントシアニンの生成で ことさら赤く 
ウスノキ④IMG_0370 (800x600)
雑木林の下層に あざやか緑と赤 春の色
ウスノキ⑤IMG_0034 (800x533) ウスノキzoomIMG_0033 (2) (800x599)
ウスノキの枝と冬芽が
相生山に春が来たと 告げてくれます

   by  Oak.

にほんブログ村 科学ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

やっと見つけた!!!

冬芽 ヒイラギ(柊)
その下に 可愛い花冠状のものを見つけました
ヒイラギ冬芽IMG_0013 (600x800) ヒイラギ果実①IMG_0016 (800x600)
これって果実?
初めて出会いました

「ヒイラギの花は多くあるけど、実は見たことない」
「雌雄異株だよね。雌花はどこ?両性花かな?」
「花も雄しべが目立つ、雄花らしいのばっかり」
相生山の四季を歩く会で ここ2~3年そんな話が出ていました
ヒイラギ果実+花柄IMG_0018 (800x600) ヒイラギ花と実IMG_0017 (533x800)
やっと見つけた 果実 この下の白いのは花殻
ヒイラギ果実②IMG_0019 (800x600)
もう萎んで 雌花か両性花なのか調べられない
覚えておきましょう 周りの植生
今年秋の花期まで
ヒイラギ果実③IMG_0374 (800x533)
ときどき見守りましょう この子が熟すのを
モクセイ科だから イボタノキ(水蝋樹)みたいに
ネズミモチ(鼠黐)みたいな 紫の粒が膨らんでくるかしら

    by  R.62

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

待機中

名のみの春 うっかり背伸びすると
せっかく蓄えた若芽が 萎れてしまうから
コバガマ①IMG_0322 (800x533) コバガマ②IMG_0323 (800x600)
乾いて残った果実が すっかり落ちてしまうまでと
コバノガマズミ(小葉の莢蒾) ちょっぴりの紅を毛付き芽鱗に隠した

冬芽のキング 堂々の毛皮
ヤマウルシIMG_0321 (800x533)
動物のようにも見える ヤマウルシ(山漆)の頂芽

さっきまで ここに誰か居た・・・
塩味の果実が 風向きと逆に揺れて
ヌルデ②IMG_0326 (800x533) ヌルデ①IMG_0325 (800x533)
ぬくぬくの長毛 ヌルデ(白膠木)の「猫の手」

それぞれ堅固に 耐寒中 待機中

   by  アイ

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

ときどき ご訪問くださいね 
管理画面

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
sub_line