fc2ブログ

これがホントのアカマツ林再生!

相生山緑地に名古屋市が進めている「アカマツ林再生プロジェクト」
先月末にも、伐採地から萌芽更新してきた樹木たちが激しく伐られました。
「また『松を守るため』伐採してます。前に切られた株から結構大きくなっていた枝はほとんど伐られています。なんだか切ない」 
現場に出会った「相生山の四季を歩く会」のH子さんから『緊急情報』が流されました。
アカマツ林PJ伐採①IMG_5774 (640x427) アカマツ林PJ伐採②IMG_5777 (640x427)
このエリアの、この活動には、何度となく意見提案してきました。 こちらは2015年、 同時に添付した環境カウンセラー 故高岡さんの考察こちら
私たちの異見は
①「再生」というが、そもそも相生山にアカマツ林が存在していたのかどうか
②植生遷移が進んで《コナラ・アベマキ林からシイ・カシ林》への移行段階である相生山で、いまアカマツ林が成立するのか
③現在生育しているマツ(松)は、アカマツとクロマツとの交雑種=アイアカマツ(間赤松),アイグロマツ(間黒松)であると見れるが調査したのか
④歴史的経緯、森林成立の基本を踏まえない言動・公示は市民へのミスリードを生じさせているのではないか
などが主なものです。しかし、名古屋市からは「検討結果」も、まともな反論も、自らの行動をふり返ってみることもなく、同じことの繰り返しや拡大、その時だけの「成果」を掲示報告し続けています。
マツ以外は伐るIMG_5775 (640x427) 人為の裸地IMG_5778 (640x427)
密集して生えるマツの群落、マツ以外の樹木は伐採するという単純植生の景色は、いかにも不自然。植木屋さんの畑のようですし、将来ここにマツ林が出現するとは思えません。現状の光景は《かつて「自然な」アカマツ林があり、それを「再生する」》という市の主張を、根本から論理破産させる証明に見えます。頻繁に伐採しなければ、たちまち広葉常緑林が復活するという具合です。名古屋市はいつになったら気づくのでしょう。気づかないふりをやめるのでしょう。それとも、一旦決めて始めたことを改めるのは「恥」「悪」とする頑迷さこそが行政の「正義」「常識」なのですか。

私たちの別のフィールド(岐阜県中濃)には、正真正銘のアカマツが生育してきました。有名な「マツタケの産地」です。尾根にはアカマツ、下部傾斜地は農地の肥料や燃料の柴も産む落葉樹中心の雑木林、が長年の山姿でした。その雑木林が「拡大造林」の政策で「人工ヒノキ林」に変えられて数十年。一方、高齢化したアカマツはマツクイムシに侵食されるなどして衰退。山林の多くは枯死したマツ+放置人工林になってしまっています。
4年前の秋、この区域の山林に間伐着手したころ こちら
やがて、最初は密集して暗いヒノキ樹林に隠されていた、高木のマツが何本か見えてきました。この辺りが「マツタケ山」だったかどうか正確には分かりませんが、地元の人が「マツタケの菌は強いって言うで、もしかしたら復活するかもしれんな」と冗談で言うくらい、陽が入って明るい山になってきました。
アカマツ平①IMG_5806 (640x427) マツの尾根IMG_5798 (640x427)
そして、残っているアカマツから落とされた幼木が何本も育っています。それは相生山のように(先の画像)密生してはいません。相生山では「マツ増やすために植えてるんじゃない?」「変な増え方は松ボックリばら撒いてるよ」のうわさがありました。ここの幼木の様子は推測が当たっているかもしれないと思わせます。いっせいに発生するのではなく、一本一本がそれぞれ適地を選び、自然の摂理の上に生えてきたと感じられるからです。
幼木①IMG_5803 (640x427) 幼木②IMG_5807 (480x640)
アカマツの小さな平には、遷移初期に見られるツツジ科の小木も元気になっています。スノキ(酢の木),ヤマツツジ(山躑躅),ドウダン(満天星),ネジキ(捻木),アセビ(馬酔木)などです。子どもの頃、マツタケ山に囲まれた山村に過ごしました。そのころの山の姿が思い出されます。
ツツジ属IMG_5811 (640x427) アカマツ平②IMG_5808 (640x427)
私たちは「アカマツ林再生」などと、自然を意のままにするつもりはなかったけれど、人が「利」のために自然を改変(=ヒノキ植栽)し、「利」のために放置した(=手遅れ林)を、《自然にお還し》しようと伐採を始めました。結果、自然が戻ってきたのかもしれません。
人が「欲深い」人為を改めたとき、自然は復活・再生する。大言壮語「再生」などと意気込んでも、自然の「理」には逆らえない。

相生山緑地の雑木林、ことしは「やや遅め」の春を迎えました。
冒頭のH子さん「その子切らんで、切るの止めて、と言ったけど切られてしまったウスノキ。可哀想で置いとけなかったから、うちへ持って帰って花びんに活けてある」と話してくれました。
コナラの谷IMG_5779 (640x427) コナラの森IMG_5784 (640x427)
こんなに素晴らしいコナラ・アベマキの林があるのに、暖地性の照葉樹の森も広がろうとしているのに、何を矯めようとするのですか。自然から生れ、自然の一部として生かされている、たかがヒトの分際で。

「春はザワザワ」3連続記事、いかがだったでしょう。 (1)春はザワザワ:こちら (2)期待していていいですか?:こちら
誰もが、麗らかな季節を歓び、健やかな身体と魂を取り戻して、愉しく過ごせますように。
そのカギは「自然とともに」生きる、今ある「自然を大事に」することから、ではないかと思っています。


    by アイ+Oak


にほんブログ村 環境ブログへにほんブログ村 科学ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

名古屋市からの回答

「なごや森づくり講座in相生山緑地~赤松林再生プロジェクト」参加者募集について。該当記事 こちら
名古屋市に、私たちの意見を述べ、実施についての検討を提案しました。
「アカマツ」IMG_0216 (640x427)
昨日、担当部署から回答がありました。
 ①計画通り実施いたします。了解ください。
 ②参加者に、このプロジェクトについて違う意見があることを紹介します。
 ③名古屋市への意見書(こちら) 添付資料(こちら)、ブログの関連記事(こちら)は読みました。

再生地区IMG_0213 (640x427) 常緑IMG_0214 (640x427)
あらためて「相生山の現地を訪れる多くの人びとが(当事者を除く圧倒的多数者が)首をひねり眉をひそめているのが実情であり、名古屋市のすすめ方は支持を得られていない」ことを伝えました。
ベンチIMG_0218 (640x427)
この回答を求めている時期に、当該地(周回道路エリア)で「昔(5,60年前)の相生山をよく知っていて、今もたまに散歩に来ている」という山根学区に住む年配の方と出会いました。お聞きした話の要旨は【①ここに生えてるのはアカマツではない。背の高い成木も幼木も、アカマツとクロマツの雑種だ。②昔の相生山は松林という感じではなく、ツツジや背の低い木が生えていて、背の高い松も少し混ざっていた。こんなに密生してはいなかった。③今は常緑が育ってくるようになった。ここをどうするつもりなのか理解できない】ということでした。
密生松IMG_0215 (640x427) 周回入口IMG_0221 (640x427)
名古屋市には、(1)市民に正しい情報(科学的事実に基づくもの、植生遷移の現状認識など)を発信し、(2)将来の見通し(緑地の位置づけ、中長期の方針)を明らかにしていくなかで、(3)市民間の意見の違いを良い方向にリードしていく知力と能力、を求め続けていきます。

  by  Oak.

にほんブログ村 科学ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

「相生山を もてあそぶな」

名古屋市の広報に 参加者募集記事 (スキャン編集)
公報なごや2020_1 ②アカマツ林_20191231_0001 看板IMG_0284 (640x480)
相生山緑地内の掲示板には 昨秋チラシが貼り出されました
こちら 記事もlinkも読んでください 市への2015.7提出文書は こちら
名古屋市は何故 「森づくり」「アカマツ林再生」を進めたがるの?

相生山の樹林地です (撮影は昨12月下旬)
冬枯IMG_0133 (640x427) 常緑樹林IMG_0197 (640x427)
コナラ(小楢)中心の落葉樹林     アラカシ(粗樫)も混ざる常緑樹林

相生山は東部丘陵の一角 古くからの「里山」的存在で一部は耕作地に
周囲一帯は住宅地として開発されましたが
田んぼIMG_0120 (640x427) 梅畑IMG_0192 (640x427)
菅田(すげた)地区の田んぼ       山根地区の梅畑
未整備(未買収)の緑地区域内でも 野菜・果樹の生産が続けられています

「オアシスの森」として緑地公園化され 市民利用のためとして
相生口集合場所IMG_0111 (640x427) 山根口IMG_0144 (640x427)
相生口の駐車場     山根口はかつて急坂の農道を造成したと聞きました

人による 人優先の改変(=破壊)の最たるもの
道路用地IMG_0054 (640x427) 橋梁IMG_2685 (640x427)
都市計画道路/市道弥富相生山線 着工済み部分 (保管画像より)

冒頭に戻ります
「オアシスの森づくり」
自然に育ってきた植生を 人の手によって伐採し「整備」して
何を実現させたいのでしょう 誰もを納得させる目的があるのでしょうか
アカマツ林再生地区IMG_0321 (640x427) アカマツ林再生伐採IMG_3144 (640x427)
「相生山を もてあそぶな」 相生山緑地をめぐる意見交換会での
地元の農家の方からの発言の一部として伝わってきました こちら

自然からいただいて 人の生活が成り立ってきたことを
名古屋市が市民に きちんと伝えるべき時と思っています
実現不可能な「アカマツ林再生」に 市民を駆り立てるのは如何なものでしょう

   by Oak.

にほんブログ村 環境ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

何故「アカマツ林再生」にこだわるの?

相生山緑地内の掲示板に 名古屋市の「森づくり」講座案内
再生PJ掲示IMG_0285 (427x640)
「森づくり」への疑問 これまでも指摘してきましたが こちら
今度は 相生山の現場も会場になるようです
オアシス募集チラシ部分IMG_20191024_0001 (2) (640x412)
名古屋市の「アカマツ林再生プロジェクト」についても 2015年から
その問題点について 当局に「意見書」を提出 故高岡さんの論文も添えました

私たちの指摘は大きく3点
 ①「再生」とは いつの、どのような、アカマツ林ですか?
そもそも相生山にアカマツ林が存在していたのですか?
記録があれば提示ください。
 ②今の相生山にアカマツ林が存続できますか?
相生山は「コナラ・アベマキ林」から「シイ・カシ林」の段階です。
「退行遷移」を本当に実現させるつもりですか?
 ③科学を無視して相生山で実践している「プロジェクト」は、
市民を欺き、ムリ・ムダを強いるものになっていませんか?

真摯な回答は いっこうに無く 不可思議な伐採が繰り返されています
周回道路伐採地IMG_4097 (640x427) (1)
今年5月の散策路横 カシ林に移行が進んだ林床 常緑低木伐採あと
伐っても伐っても アベマキやアラカシの幼木が育ちます
周回道路伐採地IMG_4097 (640x427) (2)
「マツ林が復活した」とされている区域
不自然なマツの密生状態に加えて 他の樹種も繁茂
とても アカマツ林 とは言えません

「自然と共に生きていきたい。そのために役割を果たしたいものだ」
そう考えている市民を
名古屋市は どこへ連れていくつもりなのでしょう

    by  Oak.

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

一網打尽

相生山緑地の北西「周回道路」の入口
周回道路入口IMG_8608 (640x427)
異様な景色が広がっていました
まさに「一網打尽」 この辺りに生育していた樹木のほとんどが
樹高30cm以下で きれいさっぱり伐採されています
一網打尽IMG_8601 (640x427)
常緑樹の アラカシ(粗樫)・ヒサカキ(姫榊)・クチナシ(梔子)
・ネズ(杜松)・シャシャンボ(小小坊)・ヒイラギ(柊)
落葉樹の アベマキ(棈)・アオハダ(青肌)などが 伐られ
切株IMG_8599 (640x427)
シジュウカラ(四十雀)やメジロ(目白)が よく隠れていた
アオハダの高木も 主幹が伐られて 散策路脇に横たえてありました
伐られた枝IMG_8610 (640x427)
隣りの区画に うず高く積まれた幹と枝葉
林床には アカマツ(赤松)の幼木と 
マンリョウ(万両)だけは 例外に残されていました
アカマツ林再生IMG_8602 (640x427) (2)
「アカマツ林再生プロジェクト」への意見は くり返し書いてきました こちら
また 名古屋市へ提案も致しました こちら
そのとき添付の 環境カウンセラー高岡立明さんの考察 こちら

さらに 相生山緑地に親しんでいる人びとからの苦情も
その都度 管理する天白土木や緑政土木緑地事業課に伝えてきました
それでも それらに応えず 繰り返される行為を 
私たちはどう受け止めればいいのでしょう

相生山は名古屋市民みんなの緑地 ではないのですか?
行政やその方針に従う一部の人だけのもの なのでしょうか?


     by  Oak.


theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

ときどき ご訪問くださいね 
管理画面

line
最新記事
line
訪問者
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
sub_line