FC2ブログ

いのちの基盤

相生山の意見交換会の件とは直接関係ないのですが・・。

 中日新聞に掲載の内山節さんの「視座」6月28日付けのを、1週間遅れで読んでいて感想をひとつ。
 20200628_中日新聞「視座」営みを守り合う生命観(内山節)30per
 「自然を含めた社会の維持が、自分をふくむすべての生命的基盤だということになる」と5段目あたりに書いておられる、その「自然を含めた」というところに注目しました。
 自粛か経済か、個人か企業か、あるいは社会全体の利益は、などと考えるときに、それは「人間社会」のことしか考えてきませんでした。
北尾根コナラIMG_0012 (640x427)
 でも、これからは、ウイルスから動植物からその他もろもろの生命体まで(もしかしたら生命体とは思えないモノの存在まで?)、結び合い影響し合っている世界に、我ら人間もごくごく一部として生きているんだという意識が必要なんだと思ったことです。
 人間、大きな顔し過ぎ。
相生山の四季を歩く会6月IMG_0035 (450x300)
 などと思いつつも、でも生き方を変えるってむずかしいですね。
 もう、人間はコロナに滅ぼされても仕方ないや、と思いそうになるこの頃です。

    by Bee

にほんブログ村 科学ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

やっぱり!!コロナ「対策」

 新型コロナウイルスの感染者・死亡者数が、テレビなどによって日々刻々と報道され、国や地方自治体から「緊急事態宣言」が発せられて、わたしたちの日常は暗く閉ざされた感に押し込められています。しかも、このウイルスまん延の要因は未だあきらかにされず、したがって解決方向も見えて来ません。聞こえてくるのは「自粛」「辛抱」、あげくの果ては「国難に勝つ」など一昔前の不幸な時代に戻りかねない風潮も見られます。

 中日新聞に載った環境専門家たちのコメント こちら や 内山節さんのエッセイ こちら を読んで、根本について見つめようとしてきました。
 お金もうけ第一の社会、自然の一部であるヒトが生きている自然環境をないがしろにして止まない社会は、おかしいと思ってきました。その弊害が、今のコロナの情況に結び付いていると思います。

 最近また、自身の考え方を補ってくれる文章に出会えました。子どものアレルギーや自身の疾病をきっかけにして、長年のお付き合い「くらしを耕す会」 ホームページは こちらの「たがやす通信」掲載文(「消費者レポート」1631号より)を、発行者の了解を得て紹介します。
くらしを耕す会会報IMG_0002-②
 結局、生きものである私たちは ≪どんな食べ物を、どう手に入れるか、どう食べて生きていくか≫ に尽きるようにも思います。

 「危機」に対応する能力を持たず、それでも国民を管理しようとだけする政権は言うに及ばず、「終息にむけて上手くできている」とされる諸国でも、小手先の対策でことを収めようとし世の中の成り立ちや仕組みまでを転換しようと出来なければ、やがて人類は滅ぶしかないと思います。
 46億年の地球史を見れば、どんなに繁栄した種であっても衰退・滅亡していったようですから、それも致し方ないのかもしれませんが。

    by  R.62

にほんブログ村 科学ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

「不都合な自然」との共存

 新型コロナウイルスについての事象は、いろいろなことを考えさせてくれます。マスメディアの報道や論評やネット情報などに惑わされず、それらに加えて自身の経験と知識と知恵を総動員して、ものごとの本質に迫り、悔いのない対応を心がけたいと願います。
 このブログでも、いくつかの思いを載せてきました。 たとえば、こちら① こちら② こちら③ こちら④ などです。
 昨日の中日新聞2面「視座」には、内山節さんのエッセイがありました。(全文を最後に貼り付けておきます)
 「人間は自然の許容力の範囲内で生きなければならない」まず、この主張に同感するものです。
 ですから、結語IMG_20200419 中日視座 (2)から想わせる、さまざま大胆な試みの必要性と実践を求めたいと思います。

 感染による死亡者数が日々刻々と報じられ続けています。けれども、これほど騒がれずにいるものの、世界で戦争によってどれだけの人が殺されていますか。貧困、飢餓などによる死者は?交通事故では?精神的に窮し自死を選ばざるを得なかった人はどうでしょう。
 ウイルスは自然に発生したものでしょう。現代社会において、人が自らを抑制することによって避けられる死は、このウイルスに因るものよりもっと多いはずです。なのに、そのことは放置し続け、なぜ「ウイルスとの戦い」に駆り立てるのでしょう。
IMG_20200419 中日視座 (3)
文中「気味悪さ」と表現された、支配層の、また迎合・誘導される風潮の「怖ろしさ」を感じます。

 「自然が好き」と多くの人が認めます。けれど、私たちにとって「不都合な自然」については、どう対処しますか。
ツツジ道IMG_0014 (800x533)
 コロナウイルスの問題は、私たちに問うています。「自粛」して、引きこもって嵐が去るのを待てばいいのか。それでも働かねばならない人びと、その労働によって社会全体が支えられていることについてはどう考えるのか。
IMG_20200419 中日視座 (408x1280)
 「コロナ禍」と言われている事態が、いつ終息するのかは誰にもわかりません。でも、そのときまで「生き延びた」人や国は、本当に生きたのか、未来に向かって生き続けていけるのか、決着がついていくように思われます。

     by  Oak.

にほんブログ村 科学ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

「自然を大切に」するために

 あちこちで「森づくり」の取り組みがされているようだ。行政が「専門家」を擁し、市民ボランティアを動員して。「森づくり」は良いこととして、人びとに受け入れられそうだが、本当にそれでいいのだろうか。

 「発展」「開発」のために、利便性を優先し、環境破壊がすすむ。田んぼを埋め、山を削って、道路や住宅やダムや生産・流通・商業施設などをどんどんつくってしまう。さらには、海を陸地に替え、工場や空港や基地までつくってしまう。
 そうしなければ、人は幸せになれないのだろうか。本当に?
   IMG_0259 (640x427)
 人の行為の結果、田んぼや川や山野や海の生きものたちは、もうそこでは生きていけない。保全活動として、他所へ移したり、持って来たりすることは、遺伝子の攪乱になるだろう。見かけは「守られた」ようでも、もともとの自然ではない。

 たとえば、人の手で作られた森は自然の森ではない。日本は気候条件に恵まれているので、都会のまん中でも空き地になった所には、すぐに草が生える。崩落地や伐採地にわざわざ植林しなくても、数年もすれば森になっていく。自然はすばらしい回復力を持っている。人の作為など及びもしない。
 適地にあった植物が生え、虫が、魚が、鳥が、生きものが訪れ、生まれ、育つ。これが自然ではないのか。
   鳥撮り出会いIMG_0142 (640x427)
 私たちはあまりにも自然というものをないがしろにしている。自然を知ろうとしないで、支配することが自身の任務であるかのように思い上がっている。最も身近にあり、恩恵を受けているものなのに。
 自然にとって一番のダメージは、人間によってもたらせられる改変だ。わたしたちは、その衣食住を自然に依拠し、自然の中で生かされているから、自然にとってのダメージは人間社会にとってもダメージとして、いつか返ってくる。
 「自然のために」とした改変でも、例外ではないだろう。
  IMG_0217 (640x427)
 一方で壊して、他方で「戻す」「守る」「つくる」ための活動、いったい何をしているのか?そういう理不尽な無駄をするのは、もしかしたら、特定の誰かの利に結び付いているからではないのだろうか。そんなふうに疑ってしまう。
 人間に少しの我慢を課することで、昔のようには戻れないまでも、加速する破壊や異常を押しとどめることが、少しは実現するはずだ。 

 「自然を大切に」みんなそう思っている。ならば、根本的な手を打たねばならない。
 開発を抑えることは不可能なのか。エネルギーを使い過ぎないようにすることは無理なのか。人間による「森づくり」を、はたして自然は求めているのか。
 自らを瞞すことなく、自然の声を聞こう!



最近のblog記事 「相生山をもてあそぶな」「教えてください!」「名古屋市からの回答」への感想として届いた、K2さんのご意見を紹介しました。画像は最近の相生山緑地のもので文章の内容とは直接関係ありません。  by アイ

にほんブログ村 環境ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

教えてください!

COP10(生物多様性条約第10回締約国会議)から10年。
愛知県・名古屋市が会場になったこともあってか、地元の新聞の新年連載。
中日COP10特集①IMG_20200104_01
読んでスグに? 読み返して?? 疑問だらけの引用発言、記事内容。
特に気になった箇所を拾ってみます。関係者の方から、答えが返ってくるのを少しは期待して。
中日COP10特集①IMG_20200104_0002 ① それは、はたして「自然を取り戻せた」ことなのかしら? わずか20年で「森づくり」? 森ってそんなに簡単に出来るものなの?
中日COP10特集①IMG_20200104_0002 ② 田んぼを森に「つくり」変えるって、やって良いことなんだろうか?そりゃあ、田んぼだって、もともとの自然を人間がつくり変えたもの。だからと言って、人為的に森に変えることは生態系にとって、どうなんだろう?
中日COP10特集①IMG_20200104_0002③「在来種」と言ったって、そこに生育していた種ではないですよね。田んぼだったんだから。その前は、きっと氾濫原。山地ではなかったと思います。
コナラやヤマザクラの苗は、どこから調達してきたんだろう?遺伝子の攪乱にはならないんだろうか?
中日COP10特集①IMG_20200104_0002④ 「有機栽培を求めること」と「自然を大切にすること」は違うと思う。
中日COP10特集①IMG_20200104_0002a
「破壊された自然」を、ビオトープでとり戻すことが出来るのでしょうか。ビオトープづくりが「環境破壊」の免罪符になってしまっていませんか?
中日COP10特集①IMG_20200104_0002 ⑤
この例でいうなら、「多様性を守ることは人類にとっての未来の可能性」ですよね。他の種は、ホモサピエンスの繁栄のためにこそある!?
中日COP10特集①IMG_20200104_0002 ⑥
相生山緑地の周辺の街路樹には、ヒトツバタコやシデコブシが植えられています。それは絶滅危惧種を守ること?庭に固有種を植えることが保全活動?「開発」し放題、何でもあり!!人類は自分の都合で他の種を「絶滅」に追い込み、小手先の「保全」で「自然を守る」と言う。何という思い上がりでしょう!
偽物の「庭園づくり」「公園づくり」を、ホンモノの自然と混同させる。そうやって、自然破壊、生態系への攪乱を容認してしまってはいませんか。しかも、「良いことをしている」と、市民をミスリードしていませんか。

相生山の道路に係る学術検証委員会で、「環境に配慮する道路づくり」の意見陳述を傍聴したことがありました。曰く「私たちも道路をつくることによって自然を壊したくはなかった。しかし、道路をつくると決まっていたので、ではどうやって相生山の生きものたちに償うことができるかを考えた」。これに対し、道路の専門家の委員から「道路が必要かどうか、つくらないという選択肢の想定は?」との指摘があったように、記憶しています。
ヒメカサキビの谷IMG_0242 (640x427) 第2橋梁IMG_0241 (640x427)
こんなことを、自然観察の先輩から聞いたことがありました。「名古屋市は東の丘陵地の樹林を壊して、西に新たな森をつくろうとしている。何と愚かなムダをしていることだろう」
COP10開催時に、こういう指摘もありました。こちら

みなさんの お考えはいかがですか?

   by  Oak.

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

梅の花芽

お正月の梅 花芽は堅い
梅の花芽②IMG_0052 (640x427)
相生山緑地の梅畑 大晦日はこちらに  元旦はこちら
梅の花芽①IMG_0050 (640x426)
コナラ(小楢)やアズキナシ(小豆梨)やクスノキ(樟)の雑木林を背景に
梅の花芽③IMG_0055 (640x427)
相生山に通い始めたころ 自然林に目が向いて
人が植え育てている農耕地はスルーしていました

自然の一部である人(ヒト)が 自然と交わって
相生山の今の姿をつくっていることを 素直に認めて
この姿を残すことの大事さを思っています

   by  アイ

にほんブログ村 科学ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

よい年に しましょう

「日の出の瞬間、ふわーっとあったかくなるんだね!!」
日の出IMG_0001 (640x427)
相生山の南東 松の残る尾根上 7:02
ことしも 緑地内に住む方がたと 初日を迎えました
初日迎えるIMG_0008 (640x427)
元旦の光を背に 東から北へ 初鴉とともに
御嶽山IMG_0009 (2) (640x427)
山根小学校の向こうに うす紅をまとう雪の御嶽山
向かって左の稜線下に 小さく乗鞍岳も
樹林の入り口 コナラ樹冠IMG_0011 (640x427)
黄葉の葉が何故か この子だけ毎年残る コナラ(小楢)の高木
その樹冠が明るくなっていきます 燃える赤褐色に染まっていきます
ヒヨドリ(鵯)たちの 声がにぎやかになります 姿が活発になります
梅畑日の出IMG_0018 (640x427)
相生口の竹藪から上ってくる陽が 梅畑まで届きました
剪定された枝に残った花芽の ふくらみが もうすぐ見えるようなる

菅田(すげた)神社 大きなアベマキ(棈)の育つ境内に
菅田神社①IMG_0022 (640x427) 菅田神社②IMG_0023 (640x427)
「あけましておめでとうございます」「よろしくおねがいします」
集落から集う 三々五々に初もうで
火にあたりながら 氏子さんたちと 1時間をゆうに超えて話はずみました
世間話 道路の話 昔話 税金の話 畑の話 道路の話  
下山畑工事跡地 下山畑IMG_0024 (427x640)
「今年は正念場」 10年前からずっと そう言い続けてきた気がする
「正しい」と思うことを主張するだけでなく そのように決着するには
どうすればいいのか 何が足りないのか

もっと考えて そのために動き続ける そんな一年になりそうです
「相生山の四季を歩く会」からの ごあいさつは こちら
元気に 楽しく いきましょう

   by  アイ

にほんブログ村 環境ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

小雪前日

シンボルコナラに挟まった きょうの夕陽 16:28
夕陽IMG_0312 (640x427)
明日は小雪 
山地では そろそろ雪が降り始めるころ 
相生山では まだまだですが 冷えが上ってくるのが分かります
シンボルコナラ夕陽IMG_0316 (640x427)
西日を いっぱいに浴びて 師走の紅葉さきどり
相生山緑地の いのちの代表 おおきなコナラ(小楢)
夕景IMG_0319 (640x427)
「相生山の道路工事を再開せよ」 との請願が委員会採択されたという
なぜに 相生山の道路が必要なのか 名古屋市の未来にとって
その説明を市会議員たちに求めたい 相生山を政争に使うな

冬を控えるけれど 太陽は 今日も真っ赤

   by  Oak.

にほんブログ村 環境ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

ときどき ご訪問くださいね 
管理画面

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
sub_line