FC2ブログ

あらためて 相生山樹林の魅力

花の無い今の季節でも 相生山の樹林は魅力的
遷移IMG_0316 (800x533) ぐちゃぐちゃIMG_0216 (800x533)
枯れた木 倒れた幹 散らばった枝  世代交代 移り変わる顔触れ
なまじっか「手入れ」されてないがゆえに 目の当たりにする森林の素顔
散策路IMG_0307 (800x533)
この先どうなってるのかしら・・・自然のなかのワクワク感を呼ぶ園路
・・・・それでも・・・
やたら切り払われて スカスカ見通し良くなり過ぎた区域が
少しずつ じわじわ広がっている感がしています
整美①IMG_0218 (800x533) 整美②IMG_0221 (800x533)
猪高や小幡のように 参照:こちら
いろんな意見の人たちの要望を 全て満たすかの「事なかれ」構想
あるいは 一部の声の大きさや影響力に従ったかのような施策では
自然から受け取れる 貴重なメッセージも見逃してしまいそうです

人の一生は80余年 比べて 樹齢400年以上の樹木や数百年の森林が生存します
「麒麟が来る」の時代は ずっと昔の歴史の話と思いがち 
でも その頃から生き続けている木もあるのですね 全国各地には
そう考えると 人の物差しで「コレがイイ」と決めつけることの浅はかさ
ベンチと植栽IMG_0308 (800x533)
最近 また新しいベンチが設置されました
クルミやアジサイや河津桜やミズナラまで植えて「公園化」進む区域です
必要なことなのかなあ?

相生山緑地の緑地計画検討会」 こちら は「コロナ非常事態」のため延期
さまざまな意見や いろんな場所から 広く学びながら
私たちの見解を検証し 後世へも責任ある行動をとりたいと思います

    by  Oak.

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

続・相生山緑地検討会にむけて

昨日 こちら の続きです
南尾根IMG_0115 (533x800) 寒の陽IMG_0130 (800x533)
私は名東区に住んでいます。ちょっと離れていますが相生山緑地が大好きです。地下鉄を降りて小高い森に向かう時、いつもわくわくします。芽吹きの春、錦秋の秋、虫や鳥、風や匂い、様々な楽しみが待っているからです。心を癒してくれる大切な場所です。名古屋市から見れば小さな緑地ですが市民に残された大切な自然です。
でも私の友達の中では道路問題を知っている人は誰もいませんでした。もっと広く市民に情報を発信してほしいと思います。多くの方の意見に耳を傾け、説明を尽くし、凝りを残さないで欲しいです。
今どうしても道路を作らなければならない理由は何なのか、しっかりと説明が欲しいです。
火事はドローンが飛んで火を消してくれます。怪我人は北アルプスでさえ、ヘリが救助します。道路を作る費用、作った道路のメンテナンス等膨大な費用がかかります。これらを緑地を守るための費用に使う事ができます。
相生山緑地の未来について何度でも何度でも意見交換をし、自分達が行おうとしていることが後世にも誇れることなのかしっかりと考えて行きたいです。(A)

工事現場IMG_0024 (2) (640x427) 相生山道路IMG_0020 (640x427)
いつもご苦労様です。
在宅ワーク、若者の車離れ、激変する社会、まちづくりは今まで以上に未来を考え発想すべきです。
デジタル化、機械に囲まれ過ごす時代だからこそ、自然の残る相生山の良さが一層認されると思います。
人間が便利になるためではなく、持続可能な地球にするために必要なことをよく考えて欲しいと思います。(瑞穂区/高)

北尾根IMG_0027 (800x533)
検討会の参加人数は限られています 傍聴もありません
皆さんからのご意見を 精いっぱい反映させたいと思っています

     by  アイ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へにほんブログ村 環境ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

緑地検討会に向けて

名古屋市では 相生山緑地計画検討会が立ちあげられました 参照 :こちら 
「相生山の四季を歩く会」では 名古屋市の他の緑地を見学したり こちら
次回検討会(2月11日)で 他の参加者に伝える「私たちの思い」について
案文を提案し 会員のみなさんの意見をいただいたりしています 
「賛成」「その通り」「支持します」の意思と併せて 届いた声を紹介します
全景東からIMG_2337 (3) (800x371)
相生山の四季を歩く会の一月の資料を送っていただき、ありがとうございました。道路や公園整備の工事には反対です。
自然を一度壊してしまうと二度ともとに戻すことは出来ません。自然なままの里山を残すことが大切だと思います。名古屋市にひとつぐらい、人の手を加えない自然のままの里山(相生山)を残す必要がある。
尚、道路や公園をつくる工事費及び維持費が掛かりすぎる。(緑区/杉)

橋梁IMG_0014 (800x533) 橋脚IMG_0015 (640x427)
こんばんは、今日資料届きました。色々ありがとうございます。案の文を読んでいて、そうだ。そうだ。と思いました。どうして開発がいいと思うのでしょう。不思議! (地元住民/R)
相生山の四季を歩く会IMG_0035 (640x427)
さらに続きます

   by  アイ

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

自然破壊へのツケ

相生山緑地 相生口から着工済み「道路」沿いの園路横では
「道路」フェンス下の 柵交換工事が進められているようです
相生口南IMG_0089 (640x427) 園路沿いIMG_0088 (640x427)
工事のために かなりの本数の樹木が伐られ
古くなった杭が抜かれ 新しい杭とネットが新設されていました 
伐採付け替え部①IMG_0086 (640x427)
最初は ガラッと変わった景観に驚きました
「一体何が始まったの?」
伐採付け替え部②IMG_0087 (640x427)
思い出しました こちら一読ください 『土砂流出防止柵』
昨年の秋 稲田口近くの「第一橋梁」下から始まっていました 
第一橋梁IMG_0075 (640x427)
あれだけでは終わらず
先日は「橋脚」の周辺でも
橋脚横IMG_0079 (640x427) 橋脚周辺IMG_0078 (480x640)
「法的に定めれたこと」らしいので異議は申しません
でも 自然破壊せざる得ないことをしたら
その後ずーっと そのツケを払い続けなければならないと 知らせれていたのか

いろんな角度 立場から 検討していたら
経済的(税金)にも 心象的(ショッキングな樹木伐採の目撃)にも
不必要な負担しなくても良かったのではないか
第二橋梁部IMG_0084 (640x427)
予測したのか 説明されたのか 理解されていたのか
これから いつまで 繰り返されるのか
名古屋市政の疑問点に迫らざるを得ないことが また一つ

   by  アイ

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

〆切まで あと2日

「名古屋市みどりの基本計画2030」
市民意見の募集締め切りは今月中 市のホームページ こちら

専門家といわれる方の提言を受けて 
行政から「案」が出されたものです 関連記事:こちら
コナラの谷IMG_0026 (640x427) 市街地展望IMG_0054 (640x427)
名古屋市全体のことです 相生山緑地の将来とも関わってくると思われます
「こんなこと言っても反映されないだろうな」からは 何も生まれない
私たちが気づいていて 未来に有効なこともあるハズです
たとえば 答申のときには考慮されなかった「コロナ禍」 
人の側からだけでなく 自然の側から見たらどうなのでしょう? こちら参照
ガマズミIMG_0030 (640x427) 北尾根広場IMG_0045 (640x427)
あと48時間しかありませんが いつも考えていることを まとめるだけなら
時間は足りるかもしれません 挑戦してみてください
郵送の場合は当日消印有効
名古屋市民でなくても応募できます

   by  アイ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

気まぐれな庭師と相生山

相生山緑地の北半分、通称「オアシスの森」の「展望台」跡。
園路ギリギリまで伐採された樹林地についての前記事 こちら
ターミナル中央IMG_0016 (640x427) 北向きIMG_0019 (640x427)
散策中に通りかかって「ビックリした!」数人からの連絡があり、名古屋市の担当部署に現場確認と「伐採理由」の説明を求めました。まだ回答はありません。勝手な憶測ですが、「荒れた森にならないように森づくり活動をしています」と返ってくるのかな?
掲示板付近IMG_0017 (640x427)
同じような光景は「オアシスの森」全域に、何か所も見られます。「生物多様性のための伐採地(双子池口上斜面)」「ツツジの園」「爆弾穴=第二次大戦米軍による焼夷弾被弾跡」「桜の園」などなど。
下は「アカマツ林再生プロジェクト」区域の最近の伐採地 参照 こちらです。
伐採地IMG_0038 (640x427)
「相生山はアカマツとコナラなどの森」と書かれた掲示を見ますが、実際は違っています。マツは生育していますが、自然交配か人工交配植栽のアイグロマツ(間黒松)かアイアカマツ(間赤松)のようです。現在はアカマツなんてないと思います。「アカマツ林再生――」区域でも、自然のマツ林に比べると異常なほど密生したマツと他の植生の混交林が見られます。
アカマツ林再生現場②IMG_0032 (640x427)
相生山を代表するコナラ(小楢)やアベマキ(棈)も樹齢80年を超え、寿命が近づいていると思われます。代わってアラカシ(粗樫)が増え、数年前からシイ(椎)の幼木も育ってきました。相生山はシイ・カシ林への移行の遷移段階にあるようです。「アカマツ林にしよう」としても、母樹になる自然のアカマツ自体が存在しない。土壌からは潜在自然植生の常緑照葉樹が優先的に育ちます。ですから、一旦皆伐区画をつくっても10年足らずで、こうなってしまう。
アカマツ林再生現場①IMG_0028 (640x427)
「暗い森にならないように」と常緑樹を伐採しても、萌芽更新可能な樹高で伐るため、不自然に再生します。自然に逆らって「明るい心地よい森にする」なら、適宜手を入れ続けなければなりません。この先ずっと、実施可能ですか?根絶やししても、やがては常緑樹の樹林になることでしょう。それが自然です。
アラカシ萌芽IMG_0035 (640x427) クスノキ萌芽IMG_0036 (640x427)
アラカシ クスノキ(樟) どれも樹齢10数年の低木を伐ったと思われます。伐られて「危機を感じた」樹木は一層盛んに幹を伸ばし枝を張り、光合成のための(=生き残るための)葉を茂らせます。最も多く犠牲になっているヒサカキ(姫榊)も。
ヒサカキ萌芽IMG_0037 (640x427)
もともと成木に近い樹齢で伐られたため、樹高は低くても花をつけ結実は早い。ですから伐られる前より一段と速く繁茂し、生育域を拡大すると考えられます。
アカマツ林再生現場③IMG_0029 (640x427)
こうした推測や検討がなされた上での伐採行為が繰り返されているのでしょうか。充分な思考なく安易な伐採が続き、しかも区画を広げるため以前伐られた区画は放置され、かえって「荒れた」景観を呼び込みます。個人の庭なら「要らない木を伐って、とりあえずスッキリした」でもいいでしょう。
けれど相生山緑地は、自然の樹林地がそのほとんどを占めています。大都会名古屋に奇跡的に残った生態系豊かな樹林地。その行く末を一部の人びとの意見(=好み)や行動にゆだねてしまっていいのでしょうか。行政はフォローしていますか?何年先を見据えて相生山と付き合おうとしていますか?
南からIMG_0021 (640x427)
名古屋市は、相生山の自然な樹林を「気まぐれな庭師」に任せて、責任放棄しているように思えてなりません。理論も方法も姿勢も、「決まったことだから続けている」から脱して、広く市民の感性や意見に耳を傾ける時期だと思います。10月18日 参照記事こちら が、その好機の始まりとなりますように。

   by  Oak.

にほんブログ村 環境ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

何したいのか?市の説明を求めたい

相生山緑地で 心地よい秋の午後を楽しんでいたら
ハギ(萩)とズミ(酢実)の生育地 「展望台」跡尾根の一帯が
東からIMG_0020 (640x427)
更地にして「開発」するかのように 
草本層~低木層の樹木が 大規模に伐採されてしまった現場
ハギ株跡IMG_0015 (640x427)
マツ(松) ヒサカキ(姫榊) シャシャンボ(小小坊) ・・・・
花穂を伸ばしていたヤマハギ(山萩)の株 さまざまな植生
南の稲田口から登ってくる道沿いも 数メートル幅一網打尽
掲示板うらIMG_0025 (640x427)
いつものやり口 萌芽更新可能な高さ10cm前後で伐採して
その幹や枝葉は 園路から見えにくい奥の方に積みっぱなし
そして 「なんのための行為か」いっさいの説明もない
伐採枝①IMG_0022 (640x427) 伐採枝②IMG_0024 (640x427)
「名古屋市、何考えてるの!」 自然を大事にするんじゃなかったの?
来月18日には 相生山緑地近くに住む市民 活動する団体
専門家と行政 4者が集まって 「緑地の基本計画作成に向けて」
0001 (453x640)
「根本から始めて 試行錯誤しながらも 
新たな検討会を立ち上げていきたい」と 呼びかけがありました
ズミ周辺IMG_0026 (640x427)
それなのに その矢先に 担当部署の発言とは裏腹な
一部団体による 独断的な行為は納得いきません
度重なる 問い合わせや意見にも 聞き入れようとしない硬直姿勢

相生山緑地は 市民みんなのものではないのですか
市民みんなで どうしていけばいいか考えるんじゃなかったんですか

   by  Oak.

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

「環境調査」への意見

相生山緑地内の園路沿いに新しい表示が出されました。名古屋市からの「お知らせ」です。
標示①IMG_0027 (640x427)
先の意見交換会 こちら で示された資料にある ①「弥冨相生山線周辺の環境調査」ということで、
キャプチャ意見交換会資料
②周辺交差点の改良工事を進めたうえでの「交通シュミレーション」や ③「道路施設の点検」とあわせて、「都市計画変更手続き着手の判断」の材料とするということであれば、意見があります。
下山畑交差点IMG_0032 (640x427) 緑地西端の下山畑交差点
着工済みの構築物周辺 第二橋台付近IMG_0039 (640x427)
道路用地IMG_0044 (640x427) 沢沿い未着手区域
これらの「道路用地」中心に、当局はこれまで数回くり返してきた「環境調査」を、改めて実施するようです。
キャプチャ相生山②
でも、「道路の必要性の是非」を検討するための調査なら、視野をもっと広げる必要があります。
名古屋東南部の丘陵地帯は、住宅地や商業地として「開発」し尽くされてきました。相生山の隣に位置していた一つ山や海老山などの低山は、団地や住所表示としての名残りのみで、地形も植生も改変されてしまっています。
キャプチャ相生山①
名古屋市の今後の都市計画として、孤島のように残った相生山緑地の中に60年前の計画通りに道路を通すことが必要なのか、貴重な樹林地のかたまりとして残すことが必要なのか。この視点が欠ければ、誤った結論を招きかねません。
双子池周辺IMG_0046 (640x427) 狭められた双子池
右手の緑地ギリギリまで開発は進められました。
古くからの集落、菅田(すげた)を通る旧街道は農地や屋敷を削って拡張され、
菅田神社をかすめます。 菅田神社IMG_0047 (640x427) 
東山方向IMG_0045 (640x427) かろうじて残る耕作地の向こうは人口過密の大都会。この方向は、それでも小さな緑が望める八事(やごと)から東山(ひがしやま)方面です。

「環境調査実施のお知らせ」には、相生山の道路のことも、都市計画のことも入ってはいません。
  標示②IMG_0026 (2) (455x640)
けれど、この調査結果を「都市計画変更の是非」のdataとして使うなら、それは不充分、片手落ち。名古屋市全体の環境の(1)現状分析(2)未来のシュミレーションと合わせて提出されなければ、まじめな検討の役には立たないと考えます。

     by  Oak.

にほんブログ村 環境ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

ときどき ご訪問くださいね 
管理画面

line
最新記事
line
訪問者
line
最新コメント
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
sub_line