FC2ブログ

焦点定まらず。。。

名古屋市役所で 相生山緑地についての意見交換会がありました
意見交換会③IMG_0126 (640x427)
“相生山の四季を歩く会” と “ラブリーアース” のなかまたち中心に
平日の勤務後という困難な条件にもかかわらず 今回も16人が参加しました

これまでの意見交換会で出された質問・意見への回答や補足説明
加えて 私たちのグループからも新たな質問が出たりして
限られた時間内では なかなか核心部分に至らない 
もどかしさを残して帰ってきました
意見交換会⑤IMG_0132 (640x427)
説明会のときの質疑でも その後の面談でも 前回の意見交換でも
市が示した「素案」について その根本姿勢を大いに批判してきたつもりです
「自然を大事にするために道路をつくらないと判断したのに
自然破壊になるような公園にしようとするのはオカシイ!」 
「手を加えずお金もかけず今のまま自然のままに!の何がダメなの?」

意見交換会②IMG_0129 (640x427)
市はコンセプトについて話したいと言っていたので 
そのことを つかみたかった さらにもっと突っ込んで聞きたかった
そこを巡る論議が進まない限り プランや手法への意見を述べあっても
みんなが 納得できるものにはなり得ません
行政としても 力が入らないのではないですか 
模型IMG_0134 (640x427)
「他のグループとの意見交換が一通り終わってから 次回は秋ごろに現地で」
という提案に 「それもあっていい」と思いましたが
参加された方の感想もお聞きし もっと多くの声も集め 
意見交換会以外の場でも行政担当者と 何をどうしていけばいいのか 
話しあっていければいいな と考えています

「名古屋市の方針として『相生山の道路はつくらない』と決めた」のだから
安心して じっくり時間をかける覚悟はできています 
でも着実に 課題を乗り越えていきたいと願います

 参照 名古屋市のホームページから こちら
 全国どこからでも アドバイスお寄せください


    by  Oak.


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

6月に思う

 名古屋市の「世界のAIOIYAMA公園」構想をめぐる意見交換会、第二ラウンドが始まりました。最近の相生山緑地の画像とともに、問題の焦点をさぐってみます。
 森の道IMG_4197 (640x427)
 都市計画道路を建設する予定地だった、竹が侵入した人工林区域。ヒメボタルの撮影者が並んでいた場所の一つです。
園路予定地IMG_4138 (640x427) 園路予定地IMG_4245 (640x427)
 竹藪の向こうに明るく透けて見える斜面の上は、市の「素案」で「誰もが利用できる『ふれあいの丘』建設予定地」とされた、畑地が広がる区域です。この辺りが緑地の東西を通り抜け、緑地を南北に2分割する「園路」を新設するとされている場所でもあります。道路を通すのと、いったいどこが違う?
 「道路計画を廃止する」という市長の決定、その理由は「自然を大事にするために」2014.12.26の記者会見。けれども、同時に示された「建設済み部分を生かして・・・園路としてつなぐ」「世界から『AIOIYAMA』と評価されるユニバーサルデザインの公園をつくって地元の人に喜んでもらえるように」など、矛盾をはらむ市長表明。今回示された「素案」は、市長に「忠実過ぎる」ほど忠実な内容になっています。
 それに対して、地元の人びとをはじめ、説明会に参加した方の多くから、たしなめるような批判が出ています。
樹林IMG_3962 (640x427) 倒木IMG_4251 (640x427)
 古代からの人の営みとともに使われたり、放置されたりして現在に至った樹林は、コナラ(小楢)・アベマキ(棈)の雑木林から暖地性の照葉樹林の極相=シイ(椎)・カシ(樫)林への遷移中。雨風によって寿命尽きた大木が倒れ、次の世代に移行するダイナミックなドラマの途中にあります。

 私たちが「道路は要らない」と考えたのは、人の利便性よりも自然を大事にすることの方が、ものごと(自然科学)の理にかなっていると思ったから。しかも、そのことが結局、人間にとっても必要だと思うに至ったから。
 「経済優先」「人間優先」の社会が、いかに住みにくく、危険で、未来の展望を見いだせないものになってしまったか。昨今の社会情況、世界情勢を見ても分かります。こころある人びとはとっくに気づいており、大多数の人がすでに感じているところでしょう。

 自然を大事にするために、道路をやめるのなら、こんなことを続けているのも理解できません。
売物件IMG_4062 (640x427) 樹林地のベンチIMG_4144 (640x427)  
 相生山緑地南部の「緑地事業化予定地」が整地、転売されようとしています。また「名古屋市と協働」を掲げる団体によって、樹林地の中が伐り開かれ、踏み固められ、ベンチが置かれています。
 
 相生山の四季を歩く会の仲間の多くは「自然を大事に、が根本。道路はもちろんのこと、人が大規模に手を入れるような公園もいらない」と主張しています。
 「今のままで何もつくらなくていいんじゃないの。お金もかからないし、道路建設に使ってしまった税金は残念だけど、これ以上まちがいをしないための授業料と思えば活きるんじゃないか」地元からも聞こえてくる声です。
  相生山の四季を歩く会IMG_4067 (640x427)
 私たちが参加する意見交換会=6月13日には、300以上も寄せられた市民意見に対しての市からの回答(=意見)が示されるそうです。

 なにゆえ相生山の問題は困難が続いているのか。
 自然を大事にする、とはどういうことか。
 名古屋市民の幸せを実現するにはどうしたらいいのか。
 「じっくりと意見交換し合意形成を計る」というのは賛成だけれど、その間にも進む環境破壊についての手立ては。

 しっかりと討論してきたいと思っています。

     by  Oak

にほんブログ村 環境ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

自信を持って~「世界のAIOIYAMA」

 名古屋市による「世界の『AIOIYAMA』プロジェクト」説明会(昨12/16)、そこで示された「相生山緑地基本構想素案(以下「素案」)」こちら などについて、市民と当局との意見交換会が始まって2ヶ月が過ぎました。6~7の団体・グループ、個人との話し合いが持たれたようです。
 しかし未だ、言わば “第一ステージ”。「説明会」で出された意見も含めて、市側は「お伺いする」立場で、意見や反論らしいものは示されていません。「市民意見をある程度聞いてから、素案についての基本的コンセプトを優先的に、市の側からも語っていきたい」との意向があるようです。
梅畑IMG_3538 (640x427) 緑地内の梅畑
 地元からの「そんな大掛かりなものをつくって人がたくさん来るようになったら困る」を始め、「大規模設備建設は新たな自然破壊を呼ぶ」「用地買収にも数百億円かかるのに出来るのか?」という声は、「世界のAIOIYAMA」という名称そのものからも生じているように思われます。
 私たちは「道路計画廃止」後、「AIOIYAMA」プロジェクト検討会議の発足直後から、まったく別の観点から「世界の・・・」を示してきました。 こちら
 市長はじめ市の幹部は、まだまだ既成概念にとらわれて、キャッチフレーズや見栄えや経済効果を優先思考しているように見受けられます。そうである限り、市民の同意は困難で実現は不可能です。
北海道IMG_2366 (640x427) 緑地「拠点」構想地
 私たちは思います。
 1)都市計画道路を総予算の8割まで執行し、6割がた建設したにもかかわらず、「これからは自然を大事にする市政を」と中止・計画廃止を実現できれば、それこそが「世界に誇れる」と。
 2)なおかつ、そのために相反する意見も含め、市民の合意を得ようと、「期限を区切らず、ていねいに意見交換をすすめる」姿勢は、困難な直接民主主義へのとりくみとして評価できるのではないか。
 こうしたことを名古屋市民に大いにアピールすればいい。さらに言いたければ世界に吹聴すればいい。これが名古屋市です、と。
橋梁①IMG_2644 (640x427) ここで止まった道路
 最近、一部の「道路どうしてもつくらせたい」派の面々が、相生山の近くの住民に働きかけて、当局担当者に「計画廃止の撤回=道路建設」を迫ったと聞きました。参加者の中には「道路をつくる理由が無い」「頭の切り替えが必要」を語った方もいらしたようです。
 にもかかわらず、「名古屋市は反対派(私たち?)の言うことだけを聞いて、事実を曲げ、嘘を公表している」「こうなったら裁判起こす」など強弁する「仕掛け人」存在のことも漏れ伝わってきました。
桜と子どもIMG_3322 (640x427) 子どもたちのお花見
 そんな話を聞いて思いました。
 どうして道路が要るのか、その根拠を根気よく説明して理解を求めようとせず感情をぶつけても、上手くいかないのは世の常のハズ。しかも事実を曲げて(あるいは不勉強に)主張し、無理押しするならば、未来永劫の悔いの基になってしまうことは明らか。
 これでは、時代の流れからも、「もしかしたら道路が必要かも」と考えてきた人びとからも、離れてしまうことでしょう。
 私たちは、市の職員の方がたと協働し、こうした方をも巻き込んで前に進みたいと願います。
春の樹林IMG_3565 (640x427) 芽吹きの樹林
 名古屋は前へ進むでしょう。大多数の市民は正確な判断をし、相生山の森を後世に残すでしょう。
 この国の、世界の多くの人びとが拍手し、支持してくれるでしょう。
 名古屋市の市長、幹部の皆さんが「世界のAIOIYAMA」の意味を再検討し、「素案」を再度見直すならば。


     by  アイと仲間たち

にほんブログ村 環境ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

何考えてるんだろ!名古屋市は

「なんかエライことになっとるぞ」
相生口で会ったおなじみさんの顔が曇っていました
言われた場所に行ってみると
改変②IMG_3389 (640x427)
名古屋市が「昔のツツジの山の景観を復活させる」として
前々から常緑低木中心に樹木伐採が進んでいた区域です
「樹種も学ぼうとしない」人によって シイの幼木が切られてしまった区域
樹木の変異を観察していこうと 管理者の了解のもと「植生調査」始めた区域
改変③IMG_3390 (640x427)
またまた大規模に 幹・枝が伐られ 更地になって
そこに「ベンチ」様の丸太が並べられていました
稲田口から入った「道路用地」の人工林から切り出されたもにでしょうか
改変①IMG_3387 (640x427)
このようなことをしても 数年しないうちに樹木は復活します
そうならないように 毎年樹林地のなかの幼木を伐りつづけ 
更地状態を維持するつもりなのでしょうか・・・何のために?

『自然を大事にする』ために都市計画道路建設を白紙撤回し
『人と自然が共生する相生山の森』計画 素案の意見交換が始まったばかりです
私たちからの度々の提案や要望は「お聞きしました」状態のまま
「市民との協働」を掲げて 少数者の意思のまま 相生山を改変する
名古屋市は 私たちから離れて 何を考えてるの?
「協働」IMG_3277 (640x427)
掲示板に「散策路が復元しました」との記事がありますが
コナラとヤマザクラとアラカシとガマズミの生育する樹林に踏み込む道
「正式な園路ではないので、出来れば通らないようにしてほしい」
以前の管理担当者からは そう言われたことがありました
改変④IMG_3391 (640x427)
名古屋市は相生山に親しんでいる たくさんの市民の思いを無視し続けるのか
同じ市民なのに 「木を伐らないで」「このままの自然がいい」は圧倒的なのに
名古屋市は 市民から外れて どこへ行くつもりなの?

年度末 人事異動があり
新年度計画が立てられていくでしょう
相生山の樹林地の自然を いつまでも大事にしていく名古屋市になりますように

   by  アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

「里山林健全化整備」ってどうゆうこと?

相生山緑地の菅田(すげた)口から入った所に 看板が立ちました
菅田口IMG_2955 (640x427)
この辺りはアベマキ林のなかを園路の階段が付けられていて
最近 大規模な伐採を 名古屋市が行ったようです
伐採地③IMG_2958 (640x427) 伐採地②IMG_2960 (640x427)
都心まで眺望できるほど開かれた樹林  斜面の下までスカスカで風が通ります

散策する市民から 苦情も出ていました こちら
「相生山の四季を歩く会」でもみんなで見に来ました こちら
そんなことが伝わったからでしょうか 既定の工程だったのでしょうか
園路わきの大きな切り株の近くに 立派な看板が立ちました
アベマキ切り株IMG_2956 (640x427) 看板設置IMG_2957 (640x427) 
記載表示
看板表示IMG_2954 (640x427)
私たちの税金で! 「里山健全化整備事業」??
事実は「枯れ木」ではなく 少しの風倒木と大多数は「健全な」高木でしたよ
みんなに よく分かるように説明してもらう必要があります

長い間 菅田地区の人びとは 相生山の尾根の平坦地を農地とし
戦後しばらくまで 裏山である相生山から燃料などを得ていました
マツと背丈以下の低木で 「はげ山」といっていいほどだったと聞いています
「燃料革命」と土地利用の変遷の結果 相生山の植生遷移はすすみました
言ってみれば 人の関わりと自然現象が 「里山」を必然的に変化させたのです
「地久温暖化」は 今後ますます森林の景観を変えていくでしょう
自然の移り変わりを 人為的に抑制して それが『健全化』?!
伐採地①IMG_2963 (640x427)
伐開された元アベマキ林の林床には アラカシ(粗樫)など照葉樹の幼木
「里山風」森づくりが好きな人びとのような 「明るい雑木林」ではなく
「暗い」常緑の森への遷移が いっそう進むのではないかと推測します

そうなったら また税金を使って 育った樹木を伐るのでしょうか
「森の健全化」のためと大義名分つけて

   by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

なぜ相生山を変えようとするの?

「相生山の四季を歩く会」の参加感想アンケート
最近寄せられた メールや葉書
名古屋市の相生山緑地基本計画「素案」 こちら をめぐる思いがあふれます
ツツジの園IMG_2821 (640x427)
・相生山のパッチワークのようなビジョンを見て、ガックリ。名古屋市の全体の公園で役割分担をするのがベスト。その時、相生山は現状の良さを残すこと。 (緑区/T)
・今の相生山がいいと、みんな思っているのに。名古屋市の出してきた案、自然を壊す「公園」には絶対しないでください。 (天白区・地元/K)
小楢の谷IMG_2651 (640x427)
・なぜ、あんな公園にしようとするの。河村さんが言ったから?私たちの言ってきたことは無視? (緑区/S)
・最近、相生山で景色が一変するほどの樹木伐採が目立っている。もう見たくない、行くのを止めようかと思うほど。平気で伐っている人、認めている名古屋市の感覚を疑う。 (南区/C)
ツツジの園IMG_2822 (640x427) 橋梁端①IMG_2646 (640x449)
・道路工事中止になってもうけそこなった業者のために、新しく公園をつくらせるのだろうと思います。 (天白区/I) 
・市の資料、「道路廃止及び緑地の基本計画」を読んで、私達の自然への思いとのギャップを感じました。檜・杉を植林した山の中を歩いて「自然は良いですね!心なごみます!」と言った知人の顔を思い出します。人がつくったものと自然がつくり出したもの。庄内緑地と相生山の良い所を考え、双方が市民に大切なオアシスと考えて欲しいと思います。 (市外/G)
橋脚付近IMG_2643 (640x427) 菅田西口IMG_2493 (640x427)
市長を長とする「相生山の検討会議」が開かれたようです こちら
これほど強い 市民の願いは届くのか
相変わらず 市長の考想だけが優先されるのか 注目です!

     by  アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ


ときどき ご訪問くださいね 

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
sub_line