FC2ブログ

人が去った梅畑では

日曜日の相生山の四季を歩く会 畑の隅で冬芽の観察
梅畑混雑IMG_0490 (800x533)
賑やかに 人びとの去った翌日
zoomで おじゃましました 梅畑
梅にメジロ?IMG_0560 (800x533)
雨降りでも関係なし きょうは野鳥たちが賑やか
枝から枝へと 跳ねる メジロ(目白)たちの大きな群れ
シジュウカラIMG_0557 (800x533)
ツイーッツと降り立ったのは シジュウカラ(四十雀)
頭を振り しきりに嘴で何かを選り分け せわしい
人の居ない梅畑IMG_0410 (800x533)
動きが無いように見えても いのちが潜む時空間
人が居ないときが 本当の姿かもしれない 相生山

   by  アイ

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

ヒガラ独り

お昼前なのに 夕方みたいな空でした
時おりの風も 冷たくて それでも
曇天IMG_0315 (800x533)
さっきはコナラ(小楢)の裸枝からクスノキ(樟)の葉陰へ
10羽ほどのメジロ(目白)が 潜り込んでいきました

Pyi Tupyu Tyui-Pyi
ずいぶん大きな鳴き声に 近くの樹冠を見回すと
シジュウカラ①IMG_0219 (2) (800x600)
ネズ(杜松)の枝に移ってきた
ヒガラ(日雀)一羽 もう「春」だから縄張り宣言?
シジュウカラ②IMG_0220 (800x600)
逆光の中 白と藍 凛として 
今日の主役に会えました

(最初はシジュウカラとしましたが、ご指摘いただき、ヒガラに訂正しました。ありがとうございました。確かに胸の「ネクタイ」がありません。風切り羽の色も褐色っぽく、白斑が2本見えます。ヒガラは相生山では初記録です。)

    by  アイ

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

ヒヨドリ・シロハラ・メジロ・ヤマガラ

明日は野鳥観察会 こちら
以前に比べれば ここ数年ずいぶん見かけることが減った 相生山の鳥たち
それでも 下見では11種 数十羽の確認が出来ました 
相生口IMG_0013 (640x427) ヒヨドリIMG_0028 (2) (640x427)
相生口では ヒヨドリ(鵯) モズ(百舌鳥) ドバト(土鳩)
林縁に ハシブトガラス(嘴太鴉)  樹林頭上で ハシボソガラス(嘴細鴉)の声
シロハラIMG_0031 (640x427) シロハラIMG_0032 (640x427)
「こういう所 シロハラやトラツグミが好きそうですね」って言ってるうちに
シロハラ(白腹)の鳴き声 視界を横切って低空移動
小さくカサッツコソの音の先 低木の根元に じっと留まって 
落ち葉をひっくり返して 一心に餌を探す姿も見られました
今日はシロハラに4回接触 少なくとも6羽くらいの個体が居そう  
周回道路では ソウシチョウIMG_0035 (2) (480x640)
ソウシチョウ(相思鳥) 特定外来生物に指定されてる「問題児」
メジロIMG_0041 (2) (640x427) メジロIMG_0039 (2) (640x427)
チチッツチュの鳴き声が近づいてきて 常緑樹林からメジロ(目白)の一群
光の中に入る一瞬 翼が黄緑に輝く
同じ群れが巡ってきたのか ガマズミ(莢蒾)の道でも会いました 十数羽
相変らずの忙しさ 目まぐるしくって視野が合いません
ヤマガラIMG_0046 (640x427)
最後に ヤマガラ(山雀)2羽 コナラ(小楢)の低い枝
この辺りエゴノキが多いので 好物の実に集まったのかしら
このほかに ウグイス(鶯)の地鳴き 藪から飛び出したアオジ(青鵐)

時間帯が違うのと 相手には羽根があるのですが
明日も たくさんの鳥たちに会えることを期待しています
無口に 気配を消して 歩かなくてはね いつもと違って(笑)

   by  Oak.

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へにほんブログ村 環境ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

誰が食べるのかな

落ち葉を受けて 花咲いたようなヒサカキ(姫榊)
ヒサカキ①IMG_0046 (640x427) ヒサカキ②IMG_0048 (640x427)
シュートの葉腋には 黒紫に果実熟しています
みずみずしい液果は 野鳥たちの越冬の食糧
メジロ(目白)やシジュウカラ(四十雀)が 頻繁に出入りします
ヤブコウジIMG_0030 (640x427)
林床にわずかに立ち上がる ヤブコウジ(藪柑子)
目撃したことないけれど 啄んでいる子がいるんでしょうね
シャシャンボIMG_0014 (640x427)
私たちも ほんの少し お相伴したシャシャンボ(小小坊)
高い枝に まだ残っていました
「美味くはないよ」誰かが言ってた こちら イボタノキ(水蠟樹)
イボタノキIMG_0018 (640x480)
華やかだった森の色が退いて 落ち着いて
にぎやかに食を求める 野鳥たちの季節が始まります


     by  アイ


にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

きょうは声だけ

ざわっささーっ 一瞬 風が流れて コナラ(小楢)の樹冠
コナラ樹幹IMG_0027 (640x427)
枯葉が一枚二枚 ・・・・舞い始めたのを 仰いでいたら
シジュウカラ(四十雀)の チチッピー ツツピー
どこかに居る 動いてない 鳴き続けてる・・・でも姿隠れて

いつもは行かない 太いアオハダ(青肌)の株を通る道
右手奥から ピョポピョポョポョ 
お帰り!! シロハラ(白腹)
アオハダ落ち葉IMG_0024 (427x640)
寒くなったから 相生山に戻ってきたのだろうか
姿見えなかったけど 声だけで 今日は満足

   by  アイ

にほんブログ村 環境ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

相生山の秋鳥事情

常緑ヒサカキ(姫榊)の低木林を通りかかった時 
ピーッツッピチッ にぎやかな声 数羽の小鳥が飛び込んで来て
間近な枝に一瞬留ったのは シジュウカラ(四十雀)
ヒサカキ林IMG_0087 (640x427)
構えた時には フレームの外 奥へ奥へと
先日の「相生山の四季を歩く会」相生山の四季を歩く会10月IMG_0013 (427x640)
常連で野鳥の会メンバーの美さんによる記録
「メジロ、シジュウカラ、ヒヨドリ、コゲラ、初モズ、秋になりました!!」
思い出して

樹林の向こう側を未練がましく眺めていたら 背後で
混交低木IMG_0085 (640x427) シロハラの声IMG_0086 (640x427)
ココッコカッカ コゲラ(小啄木鳥)のドラミング
コナラ樹林IMG_0093 (640x427)
遠くから一声 ピッポョッピョポョ シロハラ(白腹)もう来たの?
それとも さっきからケタタマシイ ヒヨドリ(鵯)の物まね芸?
いつもの聞きなれた啼き交わしを おさえるように
カケスの声IMG_0054 (640x427) コゲラの声IMG_0092 (427x640)
ジェー ギェー 久しぶりのカケス(鵥) 大声が響きました
ことしのコナラ(小楢)は実りが少ない!!と 嘆くかのよう
シンボルコナラ地面IMG_0102 (640x427) シンボルコナラどんぐりIMG_0103 (640x427)
シンボルコナラ前の地面 たったこれだけ
昨年の今ごろは「ドングリのじゅうたん」
枝には殻斗のみ残って 最盛期は過ぎたのに 

どの野鳥たちも大好きな ムクノキ(椋)は豊年のようです 
ムクの実IMG_0097 (640x427)
「野鳥事情」と掲げながら 一枚の画像もモノに出来ませんでした
それでも
夏から秋にかけて ずいぶん少なかった鳥姿 すこし挽回が嬉しかったです

    by  アイ

にほんブログ村 環境ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

ハシボソガラスに会う

森の広場でハシボソガラス(嘴細鴉)を見かけました
頭のてっぺんが平らかで くちばしが細い子です
鴉①IMG_0035 (640x427)
据えられたテーブル・ベンチが 不気味に赤いのは
誰かがここで塗装作業をしたのでしょう 向うにボロ布みたいのも見えました
最初は『血の滴る食後のカラスか』と後ずさりしましたよ

それにしても大きい!
いつも頭上の樹間を数羽が飛び交うのを 
〈カラスって大きいなあ〉って眺めてるのですが
間近で見ると 怖いくらい大きい!
鴉②IMG_0034 (640x426)
そして 全然去らないのです ここまで近寄っても
ケガしていて飛べないのかなあ もしかして
チラッと一べつ さらに悠然
真っ黒ではなく 虹色の光沢が揺れました

春先から コナラ(小楢)の谷や生産緑地の辺りに
カラスをよく見かけると みんなのうわさになりました
鴉③IMG_0035 (3) (592x444)
まさか餌付けする人が居るとも思えないので
ゴミを持ち帰らない人が増え こちら
結果として 人が餌付けしてしまっているのではないか
それは 人にとってもカラスにとっても不幸なこと

日曜日の「相生山の四季を歩く会」の時 こちら でも 
「最近、ここのことを知らない人が増えてきて、道でないところへ入っていく」
「親子が平気で木立ちの下に座り込んでお弁当食べてたり」
「言い始めたらきりがない」「もう注意するのに疲れた」などの声が出ました

ハシブトガラスは元来 ひとが耕す田畑の近くに生存してきたそうです
ならば 人の行為の反映を受けやすいのでしょう
ゴミや有害物を食べたり 野生を失って自分で食餌を捕れないカラスに
私たちが追い込んではいないか ちょっと心配になっています
カラスは とっても頭のいい鳥 尋ねたら教えてくれるかしら

      by  Oak.

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

始めまして

piryuryuri pirxtu pirixtyu piriririryu
朝のコナラ(小楢)の森に 澄んだ高い声
キビタキの森IMG_0193 (640x427)
足を止めました 近い! すぐ近く!!
あの樹々の向こうかな?ッと しばらく聞いていたら 
そのあたりから とび出してきて正面に 遠いけれど
スゴク黄色が大きい・・・・こんなに?
とにかく シャッター押しました フレームに入ってますように
キビタキの枝IMG_0194 (640x427)
一枚だけ 
数秒で 上方の高い木へ飛びました
トリミングしてみました 写ってた!
コンパクトデジカメでは これが限界 zoomの余裕無かったし
キビタキIMG_0194 (2) (640x427)
黄色~黄金色が大きく見えたのは 朝の光を浴びていたせい
木洩れ日の珠を 胸に受けていたみたい
キビタキ(黄鶲) 実は数度しか会ったことはありません・・・声は聞くけどね
画像をもらえたのは 初めて
相生山で姿を はっきり見たのも初めてです
また お会いしたいな の思いを込めて 始めまして!

   by  Oak.

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

ときどき ご訪問くださいね 
管理画面

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
sub_line