FC2ブログ

ハシボソガラスに会う

森の広場でハシボソガラス(嘴細鴉)を見かけました
頭のてっぺんが平らかで くちばしが細い子です
鴉①IMG_0035 (640x427)
据えられたテーブル・ベンチが 不気味に赤いのは
誰かがここで塗装作業をしたのでしょう 向うにボロ布みたいのも見えました
最初は『血の滴る食後のカラスか』と後ずさりしましたよ

それにしても大きい!
いつも頭上の樹間を数羽が飛び交うのを 
〈カラスって大きいなあ〉って眺めてるのですが
間近で見ると 怖いくらい大きい!
鴉②IMG_0034 (640x426)
そして 全然去らないのです ここまで近寄っても
ケガしていて飛べないのかなあ もしかして
チラッと一べつ さらに悠然
真っ黒ではなく 虹色の光沢が揺れました

春先から コナラ(小楢)の谷や生産緑地の辺りに
カラスをよく見かけると みんなのうわさになりました
鴉③IMG_0035 (3) (592x444)
まさか餌付けする人が居るとも思えないので
ゴミを持ち帰らない人が増え こちら
結果として 人が餌付けしてしまっているのではないか
それは 人にとってもカラスにとっても不幸なこと

日曜日の「相生山の四季を歩く会」の時 こちら でも 
「最近、ここのことを知らない人が増えてきて、道でないところへ入っていく」
「親子が平気で木立ちの下に座り込んでお弁当食べてたり」
「言い始めたらきりがない」「もう注意するのに疲れた」などの声が出ました

ハシブトガラスは元来 ひとが耕す田畑の近くに生存してきたそうです
ならば 人の行為の反映を受けやすいのでしょう
ゴミや有害物を食べたり 野生を失って自分で食餌を捕れないカラスに
私たちが追い込んではいないか ちょっと心配になっています
カラスは とっても頭のいい鳥 尋ねたら教えてくれるかしら

      by  Oak.

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

始めまして

piryuryuri pirxtu pirixtyu piriririryu
朝のコナラ(小楢)の森に 澄んだ高い声
キビタキの森IMG_0193 (640x427)
足を止めました 近い! すぐ近く!!
あの樹々の向こうかな?ッと しばらく聞いていたら 
そのあたりから とび出してきて正面に 遠いけれど
スゴク黄色が大きい・・・・こんなに?
とにかく シャッター押しました フレームに入ってますように
キビタキの枝IMG_0194 (640x427)
一枚だけ 
数秒で 上方の高い木へ飛びました
トリミングしてみました 写ってた!
コンパクトデジカメでは これが限界 zoomの余裕無かったし
キビタキIMG_0194 (2) (640x427)
黄色~黄金色が大きく見えたのは 朝の光を浴びていたせい
木洩れ日の珠を 胸に受けていたみたい
キビタキ(黄鶲) 実は数度しか会ったことはありません・・・声は聞くけどね
画像をもらえたのは 初めて
相生山で姿を はっきり見たのも初めてです
また お会いしたいな の思いを込めて 始めまして!

   by  Oak.

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

北帰行

未だ寒くなることを見越していたのか
陽だまりに 
ツグミ②IMG_0262 (640x427)
北へ帰る旅鳥 ツグミ(鶫)
ツグミIMG_0261 (2) (800x600)
明日は 海路一筋
ツグミ③IMG_0263 (640x427)
名残りの花の一小枝まで しっかりと見覚えたか
ツグミ④IMG_0264 (640x427)
戻ってくる日 会える日
ここで待つよ
いまの景色 壊すことなく


     by  アイ

にほんブログ村 環境ブログへ 

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

引越し中?

しきりに シジュカラ(四十雀)さえずり
マツシジュウカラ②IMG_0248 (640x447) マツ&シジュウカラ①IMG_0247 (480x640)
高いマツの枝から 縄張り宣言でしょうか
すぐ近くに 別の子が現れて この子は♀?
シジュウカラ③IMG_0249 (640x480)
何か咥えてます そのまま 鳴いてる子の方へは行かず
いくつかの枝を行ったり来たり
プロポーズに 迷ってる??
それとも 違う縄張り捜し中? 小さなマツの先端で 休息しました
シジュウカラ④IMG_0250 (640x427)
くちばしに 羽毛かな 大事そう

高いマツの♂は 盛んに鳴き続けます
低い方の子は 荷物を持って思案中

2羽の関係を確かめたくて 
ずいぶん時間が経ちました
これ以上 ジャマしない方がいいですね

   by  R.62

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ 

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

桜花食む鳥

もう お昼近い時間 相生山の樹林の奥で
まだ 咲き誇っているヤマザクラ(山桜)を 眺めていました
枝茂る中へ 飛び込んできた子がいます
ヒヨドリ①IMG_0112 (640x427) ヒヨドリ②IMG_0112 (2) (640x427)
姿かたちから推して ヒヨドリ(鵯)さん
ぶら下がって 枝から枝へ 
花から 花へ

美味しいんだろうか? 
きっと あんなにキレイで いい匂いがするんだもん
美味しいに違いない!
ヒヨドリ③IMG_0113 (2) (640x480)
花の後は 果実も食べるんでしょうね
相生山のヤマザクラ 増やしてくれてるのは あなた?!

   by  アイ

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

シロハラさんと遊ぶ

「あんた だあれ?」
シロハラ正面IMG_0230 (640x427)
石ころ散策路を歩いていたら いきなり問われました
シロハラ②IMG_0229 (640x426) シロハラIMG_0231 (640x427)
樹木の種子を拾っていたのでしょうか
小さな虫を啄んでいたのでしょうか
ちょいとおすましのポーズ
それから アラカシ(粗樫)の枝に飛び乗り 
シロハラ樹上IMG_0234 (640x427)
「わたしは シロハラ(白腹)」
下面を見せてくれました
シロハラ下面IMG_0235 (640x427)
花曇り 弥生3月最後の昼下がり 
陽が射し込んだ 相生山でのひととき

   by  Oak.

にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

鳥たちの春(4)

足もとで ガサ ガサッ 
後ずさりして見わたしたら 
キジバト③IMG_0238 (640x480)
キジバト(雉鳩)でした
すぐ隣に もう一羽
キジバト②IMG_0236 (427x640) お食事中?
こんなに近いのに 無警戒
常緑樹林の林床に どんな食料があるのかしら
キジバト①IMG_0237 (640x427)
どちらが ♀ ♂
ご夫婦ですよね 春ですもんね
そろって ガサ カサカサッ 
アラカシ(粗樫)の木立ち向こうに去りました

   by  アイ

 にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

鳥たちの春(3)

相生山緑地の真ん中 
コナラ(小楢)とサクラ(桜)とアラカシ(粗樫)の交ざる散策路
草むらから トコトコッ 歩き出たのは・・・
ハト(鳩)? にしては小柄
シロハラ散策路IMG_0139 (640x426)
シロハラ(白腹)みたい!
どんぐりの欠片だろうか 小さな虫がいるのだろうか
地面に首を 伸ばし伸ばし トコトコッ トットコッ
立ち止まって 首を伸ばして トコトコッ トコッ トコトコ
光のなかへ 木立ち枝影へ
シロハラ①IMG_0140 (640x427)
未だ旅立たなくてもいいの?
相生山では いつも一番遅くまで残ってる子だよね
ことしは暖かいから もうそろそろ行ったほうが良いのかも
でも いつまでも居残って 姿見せていて欲しいような
しばらくの間 後ろをついて行く 春の樹林帯
シロハラ②IMG_0141 (640x480)
距離が縮まった一瞬
お腹が摺りそうなほどの超低空飛翔
poyo Phyo Pho pyo 愛嬌な声とともに
ごめんね 脅かしちゃったかな またね!

   by  アイ

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

ときどき ご訪問くださいね 
管理画面

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
sub_line