FC2ブログ

「里山の景観」?

相生山緑地のシンボルコナラ南 以前の記事 こちら を一読お願いします。
畑②IMG_0074 (427x640) 畑③IMG_0074 (2) (640x426)
名古屋市からの、1ヵ月ほどの「検討」結果の連絡が入ったのは先月の21日のことです。
「里山の景観をとり戻すため、畑にすることになりました」。その翌日には、相生山で「名古屋市と協働している」団体によって、「一畝起こして、豆かなにかを植えていた」(目撃者談)そうです。先日来の雨の間に、芽を出し育っていました。大豆のように見受けられます。

前記の連絡を受けた時、「どういうことを目的に、何をしようとしているのか」「経緯、提案、回答」を明文化するよう、担当の方に申し入れました。おおよそ、次のような事がらです。
①苦情、意見が寄せられていることを紹介すること、それへの回答。
②「オアシスの森」で活動している名古屋市公認の団体が、自分たち以外の訪問者に対する態度を改めること。門戸を開こうとすること。たとえば「文句があるなら入会したら」ではなく「会員でなくても一緒にやろうよ」ではないですか。
③『里山』の畑にするなら、子どもたちも多くやって来る場所であることも考慮するなら、無農薬・無化学肥料が当然ですよね。
などです。
 
「リーダーらしい比較的若い人の指示のままに相当年配の人たちが、開墾するようにガラガラの更地を起こしていたよ。道具もなく気の毒な感じがした」通りかかって現場を見ていた人から聞きました。生産緑地の農家の方「水はどうするんか?」「これでは畑にはならんわ」

さらにさらに「一体どうするつもりなの?」ここの変化に気づいた誰もが思い、発する疑問です。約束の説明表示が出る前に、蒔かれたマメの方が早かったのです。
畑①IMG_075 (640x427) 
以前にも書き、名古屋市にも提案したように、
【コナラの下にコナラの子どもは育たない。親によって日照がさえぎられるから。相生山の樹林全域はコナラ・アベマキの雑木林からシイ・カシの照葉樹林への遷移の途中。畑地が耕作放棄によって更地になった区域は、新たに雑木林になっていく可能性を持った貴重な場所。自然を大事にするなら、生物多様性を語るなら、ここは名古屋市としても数十年先を見越して森林の変化を観察する絶好の場所としてはどうか。現時点が「荒れている」ように見えても、それは途中の姿であると皆に伝えて】
よりも、少数者の欲や好みを優先した結果はどうなっていくのでしょう。

「里山の景観」が相生山ではどのようなものであったのか存じません。そもそも、そうしたものが存在したのか。
そして、現状は「家庭菜園」とも言えない状態です。
畑④IMG_0105 (640x427)
人が自然から頂いて「畑地」とするなら、それ相応の努力の継続が求められます。一時の思い付きで、自然を破壊することは簡単に許されてはならないと思います。人が、あまりにも自然を壊しすぎてきた今であるがゆえに。

相生山のシンボルコナラ前の件は、『自然を大事にするために道路計画を廃止し、緑地公園にする』世界の「AIOIYAMA」プロジェクト「素案」検討の場にステージを移して、さらなる意見交換が続けられることになりましょう。

  by Oak.

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

不公平を感じます

おなじみの桜の枝が切られていました。
サクラ伐採IMG_0137 (640x427)
毎年、相生山で一番早く開花する、しだれ桜 こちら の大枝です。お隣のヤマザクラとサクランボの味比べしてきた こちら 手の届く高さの枝でした。
生産緑地の農道(園路も兼ねる)に張り出した枝で、「畑での収穫や作業の軽トラなどが通行するのにジャマということで処理しました」と、管轄の名古屋市天白土木事務所の担当者の話です。
立ち入り禁止①IMG_0148 (640x427) 立ち入り禁止②IMG_0148 (2)
こちらは「御嶽山が展望できると、作業していても梅畑の中へ入って来る人がいて困る、と苦情があったので立てました」。たしかに、並びの栗畑の地主さんから「クリが実ると盗っていく連中が絶えん」と直接聞いたこともあります。少し離れた所では「タチの悪いのが、梅の枝折っていきよる」という怒りの声も。
ですから、農作業に支障のないように伐採したり、畑荒らし防ぐための看板表示は、やむを得ない処置だと思います。

ところで、先日の風雨でコナラの枯れていた枝が落ちました。かろうじて低木の枝に掛ったままで10日ほど経過しました。 
枯損枝IMG_0139 (640x427)
昨年の台風で折れた高木コナラの幹は、散策する人の頭上に不安定に残ったままです。 
風害①IMG_0143 (640x427) 風害②IMG_0142 (640x427) (2)
現場を案内して、その時は「対処します」の返事があったのに。それから3か月、台風からは9か月以上放置されています。

名古屋市と「協働関係」のグループによる「森づくり」ならぬ「庭づくり」活動については、その問題点を問うても、グループ外の人びとからの批判・不満を再三伝えても結局「名古屋市の方針に沿っての活動なので」と、まともな回答が返って来ません。
看板②IMG_0164 (2) (640x315) ツツジの園IMG_0149 (2) (640x470)
「名古屋市の方針は、それでいいのですか」「世界の『AIOIYAMA』構想は、市長表明の『自然を大事に』が根本でしょ」「今現在、相生山で進んでいることと整合していますか」と問いかけているのですが。市はきちんと受け止めることが出来ないようです。

ヒメボタル見物人・撮影者への「園路外踏み込み」注意喚起対策は、飛翔のピーク前になっても再点検されたとは言えない状態でした。
表示IMG_0155 (640x427)
柵や表示板は、善意の市民によって体裁が保たれてはいましたが、終盤にはこの状態になってしまっていました。 

名古屋市は、1)緑地内生産者や特定の団体からの要望へは対応するけれど、比べて、2)相生山を好きで地元はもちろん遠くからもやって来る人びとの気持ちを汲んだり、3)その安全を考慮してきめ細かに対策したリ、ましてや、4)樹林地に生きるいのちを大事にしたりする姿勢が極めて弱いように思います。このことを早急に改めないと、その認識を欠いたままでは相生山の魅力は急速に失われてしまうと危惧します。相生山の今は、これまでの長い年月にわたる自然と人との関わりの、微妙なバランスの結果と思うがゆえに。

    by  Oak.

にほんブログ村 環境ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

焦点定まらず。。。

名古屋市役所で 相生山緑地についての意見交換会がありました
意見交換会③IMG_0126 (640x427)
“相生山の四季を歩く会” と “ラブリーアース” のなかまたち中心に
平日の勤務後という困難な条件にもかかわらず 今回も16人が参加しました

これまでの意見交換会で出された質問・意見への回答や補足説明
加えて 私たちのグループからも新たな質問が出たりして
限られた時間内では なかなか核心部分に至らない 
もどかしさを残して帰ってきました
意見交換会⑤IMG_0132 (640x427)
説明会のときの質疑でも その後の面談でも 前回の意見交換でも
市が示した「素案」について その根本姿勢を大いに批判してきたつもりです
「自然を大事にするために道路をつくらないと判断したのに
自然破壊になるような公園にしようとするのはオカシイ!」 
「手を加えずお金もかけず今のまま自然のままに!の何がダメなの?」

意見交換会②IMG_0129 (640x427)
市はコンセプトについて話したいと言っていたので 
そのことを つかみたかった さらにもっと突っ込んで聞きたかった
そこを巡る論議が進まない限り プランや手法への意見を述べあっても
みんなが 納得できるものにはなり得ません
行政としても 力が入らないのではないですか 
模型IMG_0134 (640x427)
「他のグループとの意見交換が一通り終わってから 次回は秋ごろに現地で」
という提案に 「それもあっていい」と思いましたが
参加された方の感想もお聞きし もっと多くの声も集め 
意見交換会以外の場でも行政担当者と 何をどうしていけばいいのか 
話しあっていければいいな と考えています

「名古屋市の方針として『相生山の道路はつくらない』と決めた」のだから
安心して じっくり時間をかける覚悟はできています 
でも着実に 課題を乗り越えていきたいと願います

 参照 名古屋市のホームページから こちら
 全国どこからでも アドバイスお寄せください


    by  Oak.


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

6月に思う

 名古屋市の「世界のAIOIYAMA公園」構想をめぐる意見交換会、第二ラウンドが始まりました。最近の相生山緑地の画像とともに、問題の焦点をさぐってみます。
 森の道IMG_4197 (640x427)
 都市計画道路を建設する予定地だった、竹が侵入した人工林区域。ヒメボタルの撮影者が並んでいた場所の一つです。
園路予定地IMG_4138 (640x427) 園路予定地IMG_4245 (640x427)
 竹藪の向こうに明るく透けて見える斜面の上は、市の「素案」で「誰もが利用できる『ふれあいの丘』建設予定地」とされた、畑地が広がる区域です。この辺りが緑地の東西を通り抜け、緑地を南北に2分割する「園路」を新設するとされている場所でもあります。道路を通すのと、いったいどこが違う?
 「道路計画を廃止する」という市長の決定、その理由は「自然を大事にするために」2014.12.26の記者会見。けれども、同時に示された「建設済み部分を生かして・・・園路としてつなぐ」「世界から『AIOIYAMA』と評価されるユニバーサルデザインの公園をつくって地元の人に喜んでもらえるように」など、矛盾をはらむ市長表明。今回示された「素案」は、市長に「忠実過ぎる」ほど忠実な内容になっています。
 それに対して、地元の人びとをはじめ、説明会に参加した方の多くから、たしなめるような批判が出ています。
樹林IMG_3962 (640x427) 倒木IMG_4251 (640x427)
 古代からの人の営みとともに使われたり、放置されたりして現在に至った樹林は、コナラ(小楢)・アベマキ(棈)の雑木林から暖地性の照葉樹林の極相=シイ(椎)・カシ(樫)林への遷移中。雨風によって寿命尽きた大木が倒れ、次の世代に移行するダイナミックなドラマの途中にあります。

 私たちが「道路は要らない」と考えたのは、人の利便性よりも自然を大事にすることの方が、ものごと(自然科学)の理にかなっていると思ったから。しかも、そのことが結局、人間にとっても必要だと思うに至ったから。
 「経済優先」「人間優先」の社会が、いかに住みにくく、危険で、未来の展望を見いだせないものになってしまったか。昨今の社会情況、世界情勢を見ても分かります。こころある人びとはとっくに気づいており、大多数の人がすでに感じているところでしょう。

 自然を大事にするために、道路をやめるのなら、こんなことを続けているのも理解できません。
売物件IMG_4062 (640x427) 樹林地のベンチIMG_4144 (640x427)  
 相生山緑地南部の「緑地事業化予定地」が整地、転売されようとしています。また「名古屋市と協働」を掲げる団体によって、樹林地の中が伐り開かれ、踏み固められ、ベンチが置かれています。
 
 相生山の四季を歩く会の仲間の多くは「自然を大事に、が根本。道路はもちろんのこと、人が大規模に手を入れるような公園もいらない」と主張しています。
 「今のままで何もつくらなくていいんじゃないの。お金もかからないし、道路建設に使ってしまった税金は残念だけど、これ以上まちがいをしないための授業料と思えば活きるんじゃないか」地元からも聞こえてくる声です。
  相生山の四季を歩く会IMG_4067 (640x427)
 私たちが参加する意見交換会=6月13日には、300以上も寄せられた市民意見に対しての市からの回答(=意見)が示されるそうです。

 なにゆえ相生山の問題は困難が続いているのか。
 自然を大事にする、とはどういうことか。
 名古屋市民の幸せを実現するにはどうしたらいいのか。
 「じっくりと意見交換し合意形成を計る」というのは賛成だけれど、その間にも進む環境破壊についての手立ては。

 しっかりと討論してきたいと思っています。

     by  Oak

にほんブログ村 環境ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

引っこ抜いちゃいますよ

 相生山緑地のシンボルコナラ南側。真夜中、ヒメボタル見物人がたたずんでいるのを見かける場所です。
シンボルコナラ前②IMG_4125 (640x427)
 この草地に「異変」が起こったことは先日記事にしました。 こちら
 つい最近、名古屋市の担当の方と話す機会がありました。そのなかで示された、現段階での回答を大まかに紹介します。
シンボルコナラベンチ前①IMG_4021 (640x427) シンボルコナラ前①IMG_4022 (640x427)
 ①相生山緑地のなかでも目立つ位置であり、「いつまで放置しておくのか」という声が出ている。
 ②名古屋市の現情では、20~30年も先の自然遷移を見越して「裸地を樹林地に戻す」ということはしていない。
 ③相生山ではヒメボタルが生育しており、人が「手を入れる」ときには慎重さが求められる。
 ④市民の皆さんのなかにはいろんな考えがあるので、できるだけ多くの方が納得できるよう考えていきたい。 
 ⑤世界の「AIOIYAMA」プロジェクトとの関係について。オアシスの森活動は20年も前から続いてきており、別個のものと考えていた。今後、関係する部署にも計って、検討したい。 
 
「検討する」ということなので、「手を入れることはとりあえず中止」になると思います。
なごやの森づくり」パートナーシップ連絡会パンフ スキャン_20190510 (640x465)
 名古屋市の「森づくり」パンフレット。「森のきまり」のなかには、「他から動物や植物を持ち込まない」とあります。
なごやの森づくり」パートナーシップ連絡会パンフ スキャン_20190510 (2) (488x640)
 このブログでは、たびたび《「森づくり」は自然を大事にすることにはならない》と主張してきました。名古屋市へも働きかけてきました。こちら
 相生山を歩いている、私たち以外の何人もの方から「シンボルコナラ前を一部の人だけが好きにしているのはおかしい」と声が上がっています。「通りかかったら作業していたので抗議した」という人にも会いました。経緯は不明ですが、今週始めには看板がなくなっていました。「踏み込み可能な状態にしてしまって、立ち入り禁止の措置をとらないのもおかしいよね」
シンボルコナラベンチ前②IMG_4124 (640x427)
 「生態系を守る」ふうな、自分たちの「きまり」すら自身が破って、もし「何か植える」なら。私たちが名古屋市民を代表して、引っこ抜いちゃいますよ。

    by  アイ

にほんブログ村 環境ブログへ 

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

シンボルコナラ前に またまた異変アリ

この連休中 相生山緑地のシンボルコナラ前
シンボルコナラ前②IMG_3973 (640x427)
更地だった場所が掘り返され 竹が一本置かれています
看板がありました 「柵の中へ入って遊ばない」???
畑?IMG_3912 (640x426)
ここは2015年12月に 名古屋市市有地になった場所 こちら
名古屋市からは「当面使用計画なし」と聞いていました
それはそうでしょう 
「世界のAIOIYAMA緑地公園」の素案がやっと提示されて こちら
相生山をこれからどうしようか?意見交換が始まったばかりです こちら

自然観察に熱心な人びとは
「雑木林といってもコナラの幼木は育っていない。シンボルコナラの傍らで日があたる更地が出来たので、ここでは次世代のコナラが育つかもしれない」
と注目していたのです
実際 更地になって4年の間に アカメガシワ(赤芽柏)などに交ざって
コナラ(小楢)も生育始めていました シンボルコナラの子どもたちです

ところが この春先に 誰かが伐採したのです そのうえ整地したような痕跡が
すぐに名古屋市の担当部署に連絡しました
本庁と天白土木事務所から 4人も職員が来て
「市は関知していません。市の土地を誰かが勝手に手を付けるなど、有ってはならないこと。スグ調査、対応します」
と この場所で聞いたのです
beforeIMG_3730 (2) (640x427)
それから 2ヶ月 (4月19日撮影)
伐られた3年前のコナラに代わって 昨秋のドングリから着床した子が
新しい葉を展開した矢先の出来事です
シンボルコナラ前①IMG_3974 (640x427)
おなじみの相生山の常連さんから聞きました
「ジャガイモ畑にするって言ってましたよ。いつも木を伐ってるグループ」

市が特別許可を出したのか? 「不法耕作禁止」と言いながら こちら
それとも ルール違反お構いなしの「無法者」の仕業なのか?

名古屋市も10日間の大型連休中
確かめるすべがありません
休み明けに 事の次第が分かったら お知らせします

    by  Oak.

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ


ときどき ご訪問くださいね 

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
sub_line