FC2ブログ

真夏日日曜午下がり

真夏日IMG_0004 (640x427)
午後1時 相生口付近32℃ クリ(栗)の花の匂いが流れていました
クリ花IMG_0022 (640x427) サカキ蕾IMG_0003 (640x427)
サカキ(榊)の開花まで あと少し ことしも蕾が多く見られます

三々五々 適当な数の散策者 時にジョギングランナー
相生口竹薮IMG_0001 (640x427) シンボルコナラ前IMG_0026 (640x427) 幼児連れIMG_0027 (2) (640x427)
樹林・竹薮の道は 風が抜けて涼しくて 幼児もシニアも居心地よさそう
「近くだけど初めて来てみたの」「千種区から来ました」
「他所の公園と全然違うところが良いですね」
 
ザイフリボク紅葉IMG_0019 (640x427)
紅葉?なにか異変? ザイフリボク(采振木)の一枝二枝
コナラの樹林IMG_0002 (640x427)
コナラ(小楢)の谷は キビタキ(黄鶲)ヒヨドリ(鵯)シジュウカラ(四十雀)
きょうは ≪梅雨明け―夏休み≫みたいな 相生山緑地でした

     by  アイ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

良く解らない看板

相生山緑地の東方面からの入り口 相生口に新しい表示が貼られました
新表示相生口IMG_0081 (640x427)
ぐるっと回ると 山根口にも 双子池口にも 同じ表示が設置されてました
新表示山根口①IMG_0077 (640x427) 新表示双子池口IMG_0079 (640x427)
“マナー守って ご近所迷惑” これって どういう意味?
この時期に張り出されたってことは 対象はヒメボタル見物人?
確かに 昨年の真夜中も こんな様子ではありました
“住民に迷惑かけないよう静かに”とか“緑地周辺は駐車禁止”とか
具体的な呼びかけなら分かりますが 「マナー守って」は何のことやら 

マナーと言えば 以前も取り上げた 樹木への虐待行為
枝折りIMG_0153 (640x427) 北尾根枝切りDSC_0028 (2) (640x480)
園路やベンチでもゴミ捨て放置 それを黙って片付けてくれている人がいます
シンボルコナラゴミIMG_0062 (2) (640x480) ゴミIMG_0046 (640x427)
管理者の名古屋市は 緑地の中を歩いているのでしょうか こちら
今回の表示は 現場抜きの 机上の「対策」としか 見えないのですが・・・・

ヒメボタルの時期の深夜 一度でも相生山に来たことがあるのでしょうか
夜に巡回したり 入口周辺で呼びかけたり 聞きこみ調査したり 
隣接住民からの苦情が多いなら いっそのこと「立ち入り禁止」にしては?
新表示IMG_0078 (640x427)
相生山緑地の訪問者に 何を訴えたいのか 目的は何なのか
実際を見て 具体的な「呼びかけ」をしないと 効果は無いと思います
夜は暗くて この表示を読んでもらえるかどうかも不明です
アリバイ的な「お役所仕事」は 税金の無駄づかいにしかなりません

    by  Oak

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

明と暗の現場

明かるく 快い季節
家族で 相生山を訪れ みどりの散歩を楽しむ人びと 
人④IMG_0036 (427x640) 人⑤IMG_0033 (640x427)
毎年5月は人もにぎわう季節です 加えて今年の 
「コロナ緊急事態」は 相生山に人を招いています  関連記事 こちら 
 
そんな相生山緑地の暗部 
きょうも山根口から北尾根上がった辺り 散らばったネジキ(捻木)の小枝
 枝切り①IMG_0076 (640x427)
昨日 送られてきた画像 
枝切りばさみ(?)で 切られた枝は 
ヒサカキ(姫榊) モチノキ(黐の木) シャシャンボ(小小坊)などの常緑樹
枝切り②DSC_0027 (427x640) 枝切り③DSC_0028 (480x640)
以前記事 こちら の現場にも近い道です

相生山緑地を管理することになっている名古屋市の部署は
現地に来て 事実を見ているのでしょうか 対策を考えているのでしょうか
自然が気持ち良くさせてくれる一方で 愚か者の行為が止まらない
人の醜さを現す つくづく残念な相生山です

    by  アイ

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

今こそ「手入れ」を! 相生山緑地

「緊急事態宣言」前後から、相生山緑地への訪問者が急に多くなりました。「自粛のストレス解消」「3密を避けられる」「他に行く所が無くなった」からでしょうか。関連記事 こちら
人出①IMG_0027 (640x427) 人出②IMG_0022 (640x427)
 そのことと直接の関係があるかどうか分かりませんが、緑地の園路沿いに「荒れた情況」が見られます。以前の記事 こちら
 名古屋市は相生山緑地などで「森の手入れ」を進めています。それについて、私たちは意見があります。 こちら 
 そして、今こそ、本来の手入れを求めたいと思います。
 たとえば下は「森の手入れ」現場、竹藪伐採地ですが、相生山に生息するヒメボタルの飛翔地でもあります。
伐採地①IMG_0062 (640x427) 伐採地②IMG_0061 (640x427)
 竹を伐るために園路からの作業道が出来てしまって、沢筋に誰でも下りれるようになってしまいました。「自然保護団体」の方が、カメラマンをたびたび咎めたと聞いています。
破損①IMG_0063 (427x640) 破損②IMG_0064 (640x427)
 ここには名古屋市の設置した通行止め柵と注意標識がありました。誰かが何故か壊して、うち捨てられて久しいです。
 破損③IMG_0067 (640x427)
 木道の手すりや枠が壊れている箇所もあります。この奥にはタケノコの皮が大量に捨てられていました。これは筍泥棒の仕業かもしれません。
破損P②IMG_0069 (640x427) 破損P①IMG_0068 (640x427)
 相生口の小さな駐車場。柵がどんどん壊れていきます。子どもが入り込んでしまう危険性、車にいたずらされる可能性、設置されたものが壊されていることが日常になっていく感性の鈍さへの恐れ。

 もうすぐ、ヒメボタルの時期が来ます。SNSで情報やコメントが上げられるようになってきました。「夜間外出自粛」は、相生山の蛍見物へのブレーキになるでしょうか。いいえ、そうではなく、逆に人出が増えるようで心配です。

 この標識などの不備、見直し、巡回などを昨年も提案しました。ブログ記事にもしました こちら。でも、改善の形跡も返答もないまま一年が過ぎました。
放置標識IMG_0065 (640x427)
 言い尽くされた言葉ですが、『失われた自然はそう簡単に元に戻らない』のです。人の不注意、怠慢で済ませられることではありません。それは私たちや私たちの子孫に関わってくることだと思います。私たちの税金を使うべき仕事ではないでしょうか。
 相生山の道路を廃止し緑地を整備するための市民との意見交換会は、昨年から中断したままになっています。その間にも自然環境の劣化は進みます。参照こちら 
 もう一度言います。たくさんの市民が相生山に来るようになっています。行政は立ち遅れていませんか。
 意見交換は止まっていても、「自然を大事にするために」、今こそ名古屋市は相生山に「本当に必要な手を入れなければ」なりません。

    by  Oak.

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

やっぱりズレを感じます

雨の相生山緑地 北尾根の小さな広場で
被害カクレミノ①IMG_0079 (640x427)
葉むしり取られ 枝へし折られた カクレミノ(隠れ蓑)低木
被害カクレミノIMG_0063 (427x640) 被害カクレミノ②IMG_0078 (640x427)
誰かに危害与えることもなく ここに生育していただけの樹木を
こんなに無残な姿に 誰がした!
辺りを見わたすと スグ向こうに 
2m弱のクスノキ(樟)の若木の主幹が伐られて 打ち捨てられてありました  
被害クスノキIMG_0067 (640x427)
最近のブログ記事にも上げていますが、樹木の被害が続いています。
場所や手口から見て、犯人は人目を避けてやっているのは明らか。
見回り強めるか、警告掲示するとか、対策とれませんか?」
「言われてることは分かりますが、人手とか、予算とか、制限あるんですよ」
名古屋市とのやりとりです

先月 「森づくり」イベント こちら が行われた 西の展望地では
展望地IMG_0115 (640x427)
常緑低木の伐採が一段とすすみ ベンチが新設されていました
少し学んだ人なら誰でも「ムリ!」と言う 「アカマツ林再生プロジェクト」
伐採地マツIMG_0114 (640x427)
2017年の市民アンケート 関連記事こちらでは 
散策や自然観察の場を求める声が多かったのです
常日頃 相生山を訪れる人びとは 傷つけられる樹木に心痛めています

そして 名古屋市の「森づくり」活動に 首をかしげています
市民は 本当に 市の方針を支持していますか?
力の入れどころがズレている! と感じているのは 私たちだけ? 

   by Oak.+R.62

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

注目を忘れない

新型コロナウイルスに関する情報が、全国をおおっています。
最悪の条件では、いのちにかかわるような大変なことではありますが、
それでも忘れずに、注意しておかねばならぬこともあります。

名古屋市の来年度予算 
名古屋市予算相生山IMG_0001 (3) (453x640) 先月の中日新聞名古屋市民版
相生山関連部分拡大します。
名古屋市予算相生山IMG_0001 (2) (640x460)
市のホームページより (単位は百万円)
キャプチャ 予算案
幾多の経緯を経て、市長から「廃止」が発表されたにもかかわらず、市議会/道路建設派の「巻き返し」により「道路が必要かどうかの調査」予算が計上されています。
≪またまた時間と税金と労力の無駄遣い≫とは思いますが、相生山緑地周辺の渋滞対策もしつつ、きちんとした環境調査もされるのであれば、不勉強な市議や一にぎりの「地元住民」も否応なく沈黙させる「調査結果」が出るでしょうから、一つの解決策であるのかもしれません。
この一年間、市との意見交換会に熱心に参加し、誠意をもって説明を聞き、考え続けてきたものにとっては、納得しがたいことではあるのですが。
シンボルコナラIMG_0003 (640x480)
「愚かなことよ」と呆れているのか 「納得するまでやってみるさ」と寛大なのか あたたかな春を待つ シンボル‐コナラ(小楢)

一方、名古屋市の「世界のAIOIYAMA検討会議」こちら に提出された提案意見など  名古屋市ホームページではこちら
キャプチャ aioiyama
市議会に対する批判と「自然環境優先」「道路廃止」を基調にした、大きな流れが見えます。私たちの意見は こちら
「相生山の四季を歩く会」3月の定例会はお休みですが
メジロがいたIMG_0239 (640x427)
みなさん 自分の健康管理とともに 
相生山を巡る情勢にも注目を忘れないでください。
名古屋市議会の予算決定は、19日の本会議採択だと思われます。

    by  アイ

にほんブログ村 環境ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

木々の悲鳴

相生山緑地の北半分は「オアシスの森」として 
散策路=園路が整備されている雑木林ですが
その道ぞいでは 樹木たちの悲鳴が 絶え間なく聞こえてきます
モチノキ被害②IMG_0466 (640x427)
先月は中心部の「森づくり」伐採地近くでした こちら
今回は相生口近くの林縁部 人通りの少ない裏道
モチノキ被害①IMG_0463 (427x640) モチノキ破損切り口IMG_0462 (640x427)
バキッツと その時の音が聞こえて来そう 主幹折られたモチノキ(黐の木)
ソヨゴ被害IMG_0468 (640x427) サカキ被害IMG_0467 (427x640) ヒサカキ被害IMG_0465 (640x427)
ソヨゴ(冬青)      サカキ(榊)     ヒサカキ(姫榊)
常緑低木たちが 軒並み犠牲になっています 5~6本程度ではありません
見通しが悪いわけでも 歩く時にジャマになっているのでもないのですよ
「整備のため」などという 言い訳は通用しません
モチノキ折IMG_0464 (640x427)
自分の「健康のために」ウオーキング途中の手慰みか
声の出せない植物を虐めて 憂さを晴らしているのか

今回は ご気分害されるのを承知で書きました
次回は うれしい報告をいたしますね

    by  アイ
 
にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

順序が逆のように思います。

 つい先日のことです。相生山緑地の南部の住宅地、徳林寺さんの北側道路ぎわのようすが変わっていました。建物や「焼き物」窯が無くなった!
更地②IMG_0424 (640x427)
 ここには以前、学童保育所がありました。この東隣りの坂は「学童坂」と名付けられています。「学童」は少し前から、別の場所に移動していました。
 名古屋市の財政的理由と、それにもまして緑地内に永年住んできた人びとの合意が得られぬまま「長期未整備」状態が続く、相生山緑地。第一期事業化が始まり、売買合意=立ち退きが決まった土地の、構築物や植栽の撤去が所有者の責任において進んでいるようです。
 ここもそうだったんですね。
更地①IMG_0423 (640x427) 更地③IMG_0425 (640x427)
 地主と名古屋市、当事者間の権利の譲渡について、第三者が口を挟むことは法的には不可能だとは思います。
 しかし、「ずうっと長い間親しんできた景色が失なわれるのは、寂しいねえ」「さっさとお金に換えたい人もいれば、慣れたところに住み続けたい人もいるんだよ」といった緑地内住民の声。
 なかでも「世界のAIOIYAMAとか言って、ここをどんなふうにするのか分からんままで出ていくのは納得しがたい」の主張には共感できるものがあります。
更地⑦IMG_0447 (640x427)
「桜並木」の通称で親しまれてきた沢筋に近い区域。少しずつ市有地区画が増え、住宅・農耕地・樹林・更地が入り交じります。
更地⑥IMG_0445 (640x427) 更地⑧IMG_0446 (640x427)
 この通り沿いにも、新しい更地が見られるようになりました。相生山の雑木林がモザイクのように浮かんでいます。この辺りでは「早く売って出ていきたいんだけど、市が動いてくれん」といった声を聞いたことがあります。「事業化=市による買取」が始まって、さっさと引っ越した人もいるのでしょうね。
更地④IMG_0442 (640x427)
 ところで、名古屋市は税金を使って買った土地をどうするのだろう。漠然とした「環境保全区域」の看板はあるものの、具体的な方策がないまま「不法耕作地」になってしまっている区域もあります。
「長期未整備緑地」は市民共有の「公園緑地」として、市民のために使われるはずでしょう。「世界のAIOIYAMA」は、どんなものになるのか。「素案」への批判も多い中、意見交換会は中断したまま、次の方向が示されないままになっています。
更地⑤IMG_0444 (640x427)
 土地を買って欲しい地権者の要求は分かります。一方、このまま住み続けたい住民の思いも当然でしょう。誰をも納得させようとするなら、先ずは相生山緑地を名古屋市民のためにどうしていくのか、みんなに図り、声を聞く作業の熱心さが求められると思います。
 どうするのか、が明らかになって初めて、土地所有の移転が可能にるのが道理と思うのですが。
「決まっていることだから」「いろいろあるだろうけど、とりあえず」の姿勢では、大多数の理解は得られませんし、禍根を残すのは目に見えています。
 対象の地元住民に対する「事業化のための説明会」が開かれているようです。当局の姿勢が試されると思います。

   by  アイ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

ときどき ご訪問くださいね 
管理画面

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
sub_line