fc2ブログ

天罰が下りませんように・・・

「名古屋市の『森づくり』はおかしいのではないか?」と丁寧に説いても、止まることなく「明るい森にするための」伐採が続けられています。
森づくり伐採②IMG_7826 (640x427)
常緑低木は“一網打尽”・・・ちょっと待ってください! 私たちの祖先は、太陽のエネルギーを受けた常緑樹を大事にし、身近な常緑樹を神棚や墓に供えたり正月飾りに用いたりしてきたはず。例えば、サカキ(榊)、ヒサカキ(姫榊)、ソヨゴ(冬青)、シイ(椎)、地域によって多種多様な常緑樹が、自然からの下されものとして今でも大事に扱われています。
森づくり伐採①IMG_7832 (427x640) 森づくりが伐採③IMG_7831 (640x427)
ヒトの意にならないもの、その最大のものが自然だと思います。くらしの始まりは自然に畏敬の念を抱き、敬い祈ることだったのではないでしょうか。
いつの間にか「偉くなった」人類は、自然を大事にすることを止め、自然と人工の境目も分からなくなり、「人が望む通りのことを実現させるが正しい」科学を生み出したかのようです。
相生山でも「便利で経済発展のために」森を横断する道路がつくられようとしました。森林の多様性に目を向けることなく、一律の「緑地公園」を普及させようとする行政は、市民をどこへ導こうとしているのでしょう。人優先で一面的な「自然環境づくり」、それは人々の未来を貧弱に塗りつぶしてしまうように思います。昔がすべて良かったとは言いませんが、遠い先祖が大事にしてきたことには意味があり、私たちの未来の方向性を解くヒントもあるのではないかと。
森づくり伐採⑤IMG_7835 (640x424) 森づくり伐採④IMG_7836 (480x640)
しっかりと育っていたヒイラギ(柊)の株が失われていました。晩秋には甘い芳香を漂わせる可愛い花がびっしりの株でした。
相生山の植生の特徴ともされるシャシャンボ(小小坊)の古株は、株元30cmほどを遺して枝垂れた枝も緑の葉も失われました。
落葉樹だけの雑木林。乾燥化で多くの生きものの生育・生息に危機が生じ、小さな野鳥たちにとっての隠れ場所が激減した森に巣箱は虚しいです。
森づくり伐採_巣箱IMG_7839 (640x427)
人の意のままにならない自然の中に神を位置付けた先祖たち。ならば、神の領域に傲慢に手を入れ続ける現代人に、罰(ばち)は当たらないでしょうか。
頭の堅い名古屋市のお偉いさんはともかく、その結果、普通の市民が天罰を受けるのはごめんです。

   by  Oak.

にほんブログ村 環境ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋市情報へにほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へにほんブログ村 科学ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

龍(辰)三題

相生山の落ち葉ふかふか散策路脇にナガバジャノヒゲ(長葉蛇の髭)、青い果実が光ります。
ナガバジャノヒゲIMG_7542 (640x427) 龍の玉IMG_7543 (640x480)
園芸屋さんはこれを≪竜の髭≫と命名して扱います。蛇より龍の方がカッコイイという判断でしょうか。青い実を龍が抱く珠と見ているのかもしれません。

藤原_竜IMG_7519 (640x360)
昨日は相生山から四方の山脈・山塊が展望できました。名古屋市の南西を望んで、鈴鹿山脈の北部。右(北)は藤原、連なって竜。
竜ヶ岳1099IMG_7520 (640x427)
竜ヶ岳(標高1,099m)大きく横たわる尾根筋、通には人気の山です。歩くと相当の体力要します。下りの滝渡りは苦手でした。

龍(=竜)は水を司る水神様のお使いとされてきました。川の姿から連想されたのかもしれません。「千と千尋の神隠し」にも登場していましたね。
菅田神社の手水舎では、お浄めの水が竜の口から流れています。
菅田神社龍IMG_7490 (640x640) 手水舎の龍IMG_7494 (640x427)
今年の干支は甲辰(きのえたつ)、頂いた賀状にも「辰」→ 竜が何枚か。
なので、相生山でも「龍・竜」探し。

    R.60

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへにほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

自然に寄り添って

相生山の梅畑でもらってきた剪定枝の蕾が咲いていました。
散策に出かけた山路に、ウグイスカグラ(鶯神楽)が一輪。
玄関梅IMG_7269 (600x800) ウグイスカグラIMG_7261 (800x600)
おだやかな年明けの思いは一転、怖れに変わました。
新聞IMG_7274 (800x566)
名古屋市でも集合住宅の骨組みがどうにかなりそうに感じた揺れが数分続きました。東日本の時より大きかったです。
テレビをつけて情報を得、最初に思ったことは「原発大丈夫か?」でした。
この列島はいくつかのプレートのせめぎあいの上に成立しています。地震や火山活動、さらにそれらによって引き起こされる津波、がけ崩れ、地盤沈下などは何時何処で発生するかもしれない条件の下で私たちは生活しています。普段は気づかずにいますが、今回のようなことが起こると思い出します。
自然の仕組みに、活動エネルギーに、人は太刀打ちできません。自然を克服するなどとは世迷い言。せめて自然の法則に、自分たちの営みを添わせることが精いっぱいでしょう。法則が見極められなければ、それも難しい。
自然を人の意のままにできるなどおこがましい。自然を破壊し国土を「改造」し、対処不能な原発を作り動かすなどもってのほか。
展望台IMG_7264 (800x450) 祈りDSC_7208 (421x640)
お正月に私たちはいつもは行かない神社に参ることがあります。それは、私たちの先祖が人の力ではどうにもならない自然の営みに対し、(それを支配しているであろう)人を超えるものに祈ったことの名残りです。けっして自分だけが得をしたいというものではなかったと思います。
下山畑IMG_7256 (640x427)
どういうことをすれば自然に逆らってしまい、その結果の責任をとらざるを得ないのか。自然に寄り添って生きるとはどういうことか。年の始めに改めて考え、語り合ってみたいことです。

   by  Oak.

にほんブログ村 環境ブログへにほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ  

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

森を壊さないで!

紅葉の森の裾を、刈り払ったのは誰?
紅葉樹林IMG_6594 (427x640) 伐採地②IMG_6588 (640x427)
「森の手入れ」の名のもとに、「竹林整備」の名のもとに。
散策路沿いの低木を切り払い、林床を剥きだしにし、植生にとって要注意の「乾燥化」をすすめているのは誰?
生きものたちを住みにくくし、そのいのちまで危くしているのは誰?
伐採地⑦IMG_6593 (640x427) 伐採地①IMG_6587 (640x427)
この樹林のなか、その木陰に、5月の夜ヒメボタル(姫蛍)が飛び交い、命をつなごうとしていました。
伐採地④IMG_6590 (640x427)
名古屋市は「市民が集う公園づくり」のためとして、市民の心も体も元気になれるはずの自然な樹林地を壊し続けています。
科学的真理や道理を学ばず、目先の「見映え」しか見ない愚行が今年も森を破壊しました。

   by  アイ

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋市情報へにほんブログ村 環境ブログへ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

誰がスズメバチを呼んでいるのか

注意書きIMG_5840 (640x425)
【スズメバチに注意】の掲示物
近くにオオスズメバチ(大雀蜂)が集まっていました。
よく視ると、彼女たちが吸っているのは、飛び散った柿の汁。
傍の畑(私有地)に柿の木があって、誰かが柿の実を盗んで齧り残し棄てていったのでしょう。
スズメバチIMG_5734 (640x427)
最近、全国的に「クマの被害」が盛んに報道されています。
熊だって、蜂だって、危険を冒して人間とは関わりたくないはず。
食べ物の領域が侵されたうえに、それが別のところにあれば出かけざるをえないでしょう。

「彼らは危険」と騒ぎたてる前に、私たちが自然との関わり方を学んでいるかを先ず検証した方がいいと、改めて思う出来事でした。

   by  アイ

にほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へにほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

広がる道 荒れる森

「あれっ?」
夏が終わったから・・・それにしても、ずいぶんスッキリ・・・・と感じて、よく眺めたら、散策路沿いの低木が片端から切り払われていたからでした。
広い道①IMG_5809 (640x425)
竹藪から延びてきていた竹を伐採したのは良いとして、周辺一帯を「整美」した目的は何?
「整美」IMG_5807 (640x425)
相生山緑地のなかで南部住宅地は別にしても、地名【菅田(すげた)】と表示される区域のほとんどは雑木林樹林です。自然の森林に4トントラックが入れそうな道をつくってどうするつもり? 場所によっては、どっちを歩けば良いのか迷うほど林床がキレイになっています。
「そこはヒメボタル(姫蛍)たちの生育域、人がむやみに入り込む場所ではありません」と言ったって、そういう意識のない人には通じない。そういう人たちが、こんなふうにしているのですね。
人が好む空間と、野生生物が生きやすい空間とは両立しないことが多いです。そのことを認識しないと自然を破壊します。
広い道(2)IMG_5808 (640x425)
小春日和の日曜日、相生山には多くの散策者が訪れていました。広くなった道へ自転車で乗り入れてくる人、道の脇が刈り払われているので入り込んでランチする人、あり得ない繁みからヒョッコリ出てくる人。
その人たちも「自然を楽しみ」に来たのでしょう。でも、そうした行為が自然を壊していく。そうした行為が出来てしまうように、森を変えている名古屋市。
広い道②IMG_5819 (640x425)
「荒れた森を手入れ」している人たちと名古屋市が、実は森を荒らしている。参考記事:こちら 
毎月末、そういう区域が増えていきます。
森林と公園と、公共の場所と自分の庭と、その区別が出来ない人びとによって。

   by  Oak.

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋市情報へにほんブログ村 環境ブログ 自然保護・生態系へにほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 名古屋情報へ

ときどき ご訪問くださいね 
管理画面

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
RSSリンクの表示
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
sub_line