FC2ブログ

名古屋市政問答 コナラの森にて

お久しぶりです
黄葉の交じるコナラの樹下で 井戸端会議
北尾根広場IMG_7169 (640x427)
「寒うなったねえ」
相生山のアンケートやっとるそうやね」
「わたしンとこには来おせんかったが・・・・」
「名古屋市全体で2000人だで めったに当たらんワネ」
「なんやア 聞いて欲しいことあるのになぁ」
「公園にするっちゅう話になっとるンでしょう
せっかくムダな道づくりやめたのに またお金かけて」

「河村さん 道やめるって言って 世界の相生山にするって言ったわねえ」
シェルターよりIMG_7046 (640x427)
「自然を大事にするって言ったんダデ 自然壊す公園にしてはイカンわなあ」
「それは考えとるんやないの」
「そやろか?あれからナーンモ言わんし・・・ 
この前の選挙じゃあ 出るの出んの 市会議員辞めさしたりして
名古屋市のことちゃんとやる気があるんやろか ウチは信じれんくなった」

「市長がアテにならんのなら 前川さんみたいな役人を期待する?」
「河村さんも お役所の人も ちゃんと相生山のこと知っとるんやろか」
「ウチラは 税金ムダに使うて余計なことしてもらいたないな
世界に自慢しんくてもエエやん 今のまんまで こんなにエエのに
アンケート書く前に みんな ここへいっぺん来てくれたらなあ」

「相生山のこと良ーく知っとる人なら わざわざ公園つくらんでもええって
回答してくれるんやない・・・それに期待するっちゅうだけでは歯がゆいけど」


 コナラ端会議 場所を移して まだまだ続きそう・・・

        by  Oak.

 
関連記事

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

Re: 新聞社とかTV局とか

yokoさま

 河村市長も大好きなUSAの情報 ありがとうございます
> 見ていると、週末や休日に賑わっているのは、手付かずの浜辺や山なんですね。
施設も最小限のキャンプ場やトイレ設備、駐車場くらいです。
何十万エーカーと云う規模ですから道路も作られていますが、それも限られており、
後は無数のハイキング・トレイルがあるのみです。(有名な国立公園には19世紀から20世紀初頭にかけて建設された、設計、建築的にも素晴らしい宿泊施設がありますが)

 こうした先進を 名古屋市当局も研究すべきなのに
 そうしないのは どなたかのご意見通り「世界のAIOIYAMA」は
 市民からの批判逃れのための「風呂敷」なのか と思えますね
 

> アンケート用紙が来ている、来ていないにかかわらず、一人一人の方が
意見書や陳情書を市長宛に提出したり、記者に話しを届けるとか、
電話やメール、書状でできることを即する必要がありますね。

 相生山にかかわる 相生山を好きな 一人ひとりの市民
 みなさんに届くように 動きを誘うような呼びかけをしていきたいです
 

新聞社とかTV局とか

おはようございます。
とってもいい意見が出ていますね。
新聞社とかTV局とか、どなたか記者の方をご存知ありませんか?
市長宛にこれらの意見を届けると同時に、新聞とかTVの記者に連絡を取るのも必須かと思います。
「緑地」をどのように定義しているのか、どのような「緑地」にするのか、、、
カリフォルニアの太平洋の海岸線は、南部を除いて、ほとんど手付かず状態の自然が残されていますが、それにはNPO的財団が絡んでいて、同好の志から寄付を募り、土地を購入し開発ができないようにしています。オープン・スペース・プリザーヴと云うグループが一番大きいかと思いますが、市町村の公園や州立、国立の公園システムと協力して、同じように土地の購入を通して、内陸部の自然も守れるようにしています。スィエラ・クラブと云うグループも、全国規模で問題定義や小さな意見の取りまとめなどをして中央に届けるなど環境保全に大きな役割を果たしています。
見ていると、週末や休日に賑わっているのは、手付かずの浜辺や山なんですね。施設も最小限のキャンプ場やトイレ設備、駐車場くらいです。何十万エーカーと云う規模ですから道路も作られていますが、それも限られており、後は無数のハイキング・トレイルがあるのみです。(有名な国立公園には19世紀から20世紀初頭にかけて建設された、設計、建築的にも素晴らしい宿泊施設がありますが)
アンケート用紙が来ている、来ていないにかかわらず、一人一人の方が意見書や陳情書を市長宛に提出したり、記者に話しを届けるとか、電話やメール、書状でできることを即する必要がありますね。
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
リンク
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line