ヒメボタル☆ちょっとうるさい注意事項 

相生山の四季を歩く会 ~2017.5.26ヒメボタル観察会ご案内より~
  画像は歩く予定の散策路 昼間のようすです

1.「悪路」に注意。 すべります、つまずきます。 
 杖(ストック・雨傘)お勧めです。
 ・むき出しの道は丸いごろごろ石とザラザラ砂。 
 ・数百万年の昔、この一帯(=名古屋東部丘陵)は水底や水辺だった。
 [東海湖、古木曽川]説
・腐葉土、水を透す層、透さない地層。
・ヒメボタル幼虫の餌になる陸貝などの小さな動物が生息する条件。

 木陰P5233163 (640x480)

2.路の中心を歩いてください
 ・もともとはヒメボタルの生息域です。
 人間は後からそこへ入ってきて、住んだり、耕したり、
 「観察・観賞・見物・撮影」しようとしています。
・ヒメボタルの♀は後ろ羽根が退化して、飛ぶことができないそうです。
・踏んでしまうことのないように。

3.灯りは禁止(その1) 森の中では無灯が原則 着衣に白っぽい目印を
 ・ヒメボタルの発光は、交尾相手を探す手段  
 ・成虫は水だけを摂り、1週間で死滅
・人工の光は、自然のいのちへの妨害にもなりかねない。
・「蛍の恋路を邪魔しないで」

4.撮影者に要注意  場所によっては「自己中な」カメラマンもいたりします。
・(とりあえずは)無視してください。
 機材などにぶつかって転倒しないように。

 コナラ木陰道P5233162 (640x480)

5.出会えればラッキー!!
 ・時期のピークはいつか、誰にもわかりません。
 ・深夜になれば出現数は多くなるようです。
・花暦、終わりを告げる「クリ」は匂い始めています。
・異常気象、経済活動など人的要因で全体に減少傾向 こちら

6.灯りは禁止(その2)
夜の森歩き。いつもと違う体験を❢
ワクワクしたり、どっきりしたり・・・

相生口P5233152 (640x480)集合場所

その他 参考資料はこちら ブログ記事はこちらも読んでみてください
 
    by Oak.

関連記事

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

Re: タイトルなし

森から帰ってきたところです。
人がお祭りみたいでした。
ヒメボタルは・・・・
問い合わせは こちら http://lovelyearth.info/toiawase.html
相生山の四季を歩く会では 来月も観察会を予定しています

こんばんわ!
最近の様子はいかがでしょうか?
やっぱり今日明日が
ピークなのでしょうか?

Re: 蛍の世界

ケイコさま

 大雨の中 遠方より おつかれさまでした
 相生山の森の神さまからいただいた ステキな時間でしたね
 雨が上がり 暗い空が広がるとともに 増えていく輝き
 昨夜の光景は きっと忘れられないものになると思います
 ご一緒した 皆様との出会いと共に

蛍の世界

昨夜は蛍の棲みかに案内していただき ありがとうございました。
蛍の世界に おじゃまします という気持ちでした。

雨のあと ぽー ぽー っと 光りを点滅して舞いはじめ 影絵のような木立ちや草むらの奥に見える たくさんの光りの点滅は 蛍の懸命ないのちをかけた舞い と思うと愛しくて愛しくて。

真の闇だったころの森では 虫を誘う花の香りと 蛍の光りの点滅と息をひそめた動物たちの光る目と 風の揺らす草木の葉音だけであっただろうと思うと 
身を縮めて息をひそめるのでなければ
そこにいてはいけないような気がしました。
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
リンク
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line