紅と香の芽吹き

紅い 芽吹き
相生山の森に ひときわ目立つ
アカメガシワIMG_5236 (640x427)
アカメガシワ(赤芽柏)の芽吹き
幼く弱い葉を守る 赤い色素物質のアントシアニン
クロロフィル(葉緑素)ができるまで 代わって光合成もするという
アカメガシワIMG_5230 (640x427)
シードバンク(埋土種子) 
芽生えた時に その頭上が空いていて
日光を充分浴びられる条件が満たされるまで
土の中で 30年も待つことができるんですって
アカメガシワの生育史の中で つかみ取った戦略スゴイ!!

やわやわさわさわ 若緑
ヤマコウバシ(山香ばし)の若葉の展開
ヤマコウバシIMG_5208 (640x427)
葉の縁に 産毛も揺れて
指先で しおれてしまいそうな 嫋やかさ
ヤマコウバシIMG_5228 (640x427)
それでもしっかりと 香りませんか?
ヤマコウバシの名の由来になったのですね
一片 口にすると 爽やかさが広がる
そしてネバネバ ご飯の量増やしにもなったそうですよ
私たちのご先祖さんが お世話になっていたのですね
 
紅と香
樹木の名づけ この時期にこそ 納得できます 

    by  Oak.


 
関連記事

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

Re: すごい知恵!

植物と動物は移動速度が違うだけと聞きました
より生育条件の良い方法 手段を不断に求め
適応できたものだけが 生き残れる

易きに流れたリ 過ちを繰り返し 刹那の楽に溺れる
ヒトと まるで違っているかのようです
ヒトは ついには滅びるしかないのかもしれませんね

すごい知恵!

こんばんは。
アカメガシワもヤマコウバシも、物凄い知恵者!
感動を呼ぶ命を繋ぐ力ですね。
「移動しない」植物、侮れません。
スィエラ・ネヴァダ山脈などでは「移動しない」植物が、移動を始めています。
地球温暖化で気温が上昇しているため、高温に適さない針葉樹は種を標高のある上の方へ飛ばしているそうです。地道な研究者の話が去年だったかニュースになりました。
ヒトもしっかりしないと、ですね。
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
リンク
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line