原点確認――自然と開発

相生山緑地歩いていると 
コナラの雑木林のなかに いきなり現れる構築物
橋脚④PC302798 (640x480)
道路工事跡に残る 「橋脚」
工事跡③PC302799 (640x480)
切り払われた樹林が復活し 埋もれてしまった「橋台」

森の中へ突出して 止まった「道路」
工事跡①PC302793 (640x480)
「環境に配慮した」と主張されていたが この巨大なコンクリート塊は
相生山の自然と人とが 長年にわたって織りなしてきた景観にはそぐわない 
橋脚①PC302795 (480x640) 橋脚②PC302796 (640x480)
下山畑側の「用地」内に 未だ保管され続ける「橋梁部分」
下山畑IMG_4094 (3) (640x339)
「自然を大切にするということで」「相生山の道路は廃止する」 (2014.12.26)
ならば 不要物のこの「橋梁」は さっさと廃棄しなければならないと思う

相生口近くの「第2橋台」を 森から望む
第2橋台IMG_3984 (640x480)
この辺りは 植生も野鳥やヒメボタルなどの動物相も豊か

稲田口の第1橋脚部分橋脚③PC302797 (640x480)
壊すには予算がかかるというなら そのままでもよいけれど
「つくってしまったものは もったいないから再利用」などと 
原点の「自然を大切に」 を忘れて 余計なこと考えないように
都市計画変更のための検討が 速やかに進むことを期待している

このブログは
「相生山の道路建設をやめさせるための情報発信」を きっかけとして生れた
その根本は 自然と人の関係を考えていくこと
「これでいいの?人はもっと謙虚でなければ・・・!」の思い

相生山緑地の東の玄関には 工事壁が残っている
「道路工事中」から 都市緑地公園・相生山へ
もうそろそろ この壁も取り除かれていいのではないか
相生口IMG_3270 (640x480)
新しい年がきた 相生山にも
名古屋市政の風が 一層強く吹きますように

  これまでの経過・情報などは こちらのタブをお読みください

   by  アイ

関連記事

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
リンク
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line