シンポジウム相生山報告 その1

 
  7月20日の「シンポジウム相生山」の報告していきます。
  まずは、大人気のオリさんこと折戸先生(少し前まで学校の先生?!)の
 「こどものための 大人とこどもの自然観察会」
    ・・・・こどもが自然のなかで思いっきり❢
          の思いが込められたタイトルだとか。 

  観察会出発
  出発前のお話。相生口にて。
  たくさん写ってますが、全員の半分です。 50人は超える大観察会の始まりです。


  竹林の中
 竹林の中。 5月下旬から6月初め、ここでヒメボタルに会えて感激してたこどもたち。
 今日も来てます。


  ミズヒキの花
  5月24日の陸貝調査の第1ポイント。 
  ヒメカサキビやオカチョウジガイが見つかって歓声の上がったところ。
  ミズヒキのかわいい花やキノコや昆虫たち。
  貝の調査からは、「この辺りから自然度の高い森の中心」と分析されました。


  ギャップにて
  道路工事で木が切られて空が見えます。  
  「森の3階建て」の話。 相生山の現在の問題。 
  こどもたちに何を残すのか、大人たちの考えどころ!!

  コナラの下で
  ほとんどのこどもたちが大興奮の「シンボルコナラ」の下の原っぱ。
  オンブバッタたちが ピョンピョン ・・・・人間のこどもたちも ぴょんぴょん 

 「花や生き物がいっぱいいて、とてもたのしかった。」(小5・男子)
 「・・・しょくぶつのにおいをかぎながらいくのも楽しかったです。 
 だんだん、わたしはしぜんはおもしろいなぁと思ってきました。」(小3・女子)

 「近くに住んでいるのに知らない事がいっぱいありました!」(天白区・父)
 「バッタを追いかけたり、葉っぱや実を口にしたり、
 こどもたちの姿を見るのが楽しかった」(緑区・女性)《同感想多数》

 これだけでも シンポジウム 大成功 がわかるよ

    by アイ

   
関連記事

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
リンク
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line