樹の花たち


森に春が満ちて 樹の花が競い始めています
相生山緑地 花情報(50音順に並べてみました)

アカマツ(赤松)雄花? アカマツIMG_1461 (2) (549x640)
それとも葉身でしょうか  雌雄異花  雌花はどこに・・・?

アケビ(木通) アケビ①IMG_1439 (2) (640x444)
大きい紫が雌花 クリーム色の雄花は閉じてます 雌花先熟ですね

イボタノキ(水蝋樹) イボタIMG_1444 (640x480)
まだ固い 蕾

カナメモチ(要黐) カナメモチIMG_1468 (640x480)
バラ科の中では 遅い開花  それでも勢い良く

コナラ②IMG_1442 (640x480)
コナラ(小楢) 雄花序が下に伸びて その基に 雌花付くはずですが・・・

コバノガマズミIMG_1486
コバノガマズミ(小葉莢迷) 日なたの枝は 花盛り

ザイフリ③IMG_1474 (640x480)
ザイフリボク(采振木) 高く揺れる花を zoomで狙ってみました

ネズ(杜松)雄花 ネズIMG_1462 (3) (640x500)
光の中に 華やかな雄株 目立っています

フジ(藤) フジIMG_1457 (640x480)
絞めごろしの困り者も 花は美しい  桜の後を追います

モチツツジ(黐躑躅) モチツツジ①IMG_1484 (640x480)
早々と満開 花期の長い種ではありますが  もう初夏?!と戸惑います

モチノキ(黐の木)雄花 モチノキ♂③IMG_1465 (640x480)
なかなか見つけられなかった花 今度は雌花を探します

ミヤマガマズミ(深山莢迷)
ミヤマガマズミ②IMG_1447 (2) (640x515)
森のお姫さまの風格 ほんのり香って

ヤマウルシ(山漆) ヤマウルシIMG_1458 (3)
かぶれ警戒 接近要注意! でも 咲きだしは可憐

 さて あなたの お好みは?
 次の日曜日は 相生山の四季を歩く会 花から花へとめぐります

   by  Oak.

関連記事

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

Re: No title

クーさん
コメントありがとうございます

>
>豊かな自然の中にいると、人間の汚い欲や、鬱陶しいしがらみを忘れられそうな気がします。
人間の強欲・卑怯・傲慢・怠惰が見えてきたりしますよ
私は 自然のなかに逃げてはいけないと思います
自然と付き合えば付き合う程 人の使命を自覚しないといけないように思えます

>
>国民を騙す政府も問題だけど、何度も騙される国民も少し自覚しなくてはいけないでしょうね。
>今の政府がやっていることは
・・・良くは分らないですが 国の政治の本質にいつになったら気づくのだろう

個人の自由・弱肉強食・努力は報われる・・・といったような 
ちっぽけな価値観を押し付けられて あくせくさせられてるせいだと思えます

延々とつながってきたいのち 悠久の地球史 雄大な自然の成り立ちと生態系
そんななかで 今を生きてることを もっともっと大事にしたいです

>
>仲間作りは大切ですね。一人ではできないことも、仲間がいれば可能性が広がる。
クーさん
ブログを通してだけのお付き合いですが
あなたは 私たちのたいせつな仲間です

No title

いよいよ春本番で、みんな活動を始めていますね。
私はミヤマガマズミが好きかな~^^

 豊かな自然の中にいると、人間の汚い欲や、鬱陶しいしがらみを忘れられそうな気がします。

 国民を騙す政府も問題だけど、何度も騙される国民も少し自覚しなくてはいけないでしょうね。今の政府がやっていることは 「政治」ではなく「人民統制」「支配」です。
 自由民主…党? 今のままでは自由も民主主義も危ういというのに、平気でこの党名を名乗るとはあまりに図々しいですね。

 仲間作りは大切ですね。一人ではできないことも、仲間がいれば可能性が広がる。自分一人では視野が広がらないけれど、仲間がいれば刺激し合える。それが思考を深めることにもつながりますね。

Re: No title

ウリカエデさま

 豊橋もよっぽど早いと思っていましたが・・・
 今年は どの花も早くて 途惑ってしまいます
 ・・・と 去年も感じたような!
 毎年毎年 温暖化??

Re: No title

もこさん

 お久しぶりです コメントありがとうございます
 
 冬から春への変化が やっぱり一番 楽しいですね

 森から元気もらって 優しくなれるような気になれます

No title

豊橋のこちらよりも季節は早そうです。
フジの花芽がもうそんなに出ているとは!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

う~ん、どれもみずみずしくて力強くていいです。
自然て、その眼で(愛おしく見守る目)で、見るのと
漫然とみるのでは違うんですね・・・。
もうかることが好まれる現在では特に自然をいつくしむ
目で見ないといけないんでしょうね。
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
リンク
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line