相生山緑地 もみじ谷


明日の「相生山の四季を歩く会」は 毎年恒例 “師走の紅葉狩り”
緑地南部の住宅地を通って 「もみじ谷」まで歩きます
もみじ谷坂
 徳林寺境内東の谷に モミジの木を植えたのは
 現住職のお祖父さん 今から110年ほど前
 当時の相生山 大部分は禿山でマツがぱらぱら 
 春は ツツジが見事だったそうです

谷を望む
 野並集落に近い相生山南部を 桜と紅葉の山にして
 名古屋の名所に と考えられたと聞きました
 
 最高地点でも 標高わずか65mに満たない 相生山には
 自然のカエデ類は 自生出来ないようです
 植栽木のイロハモミジなどが根付き その実生苗が成長し
 いま 谷全体を彩っています イロハモミジ
 誰もが 見上げて感嘆する古木は 樹齢100年以上なのでしょう  
 もみじ谷底
  もみじ谷の奥に 着くのは 11時40分すぎ
  紅葉の赤のグラデーションには 真青な空が お似合い❢
  晴れますように
  
       by  アイ

  
関連記事

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
最新記事
line
訪問者
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
リンク
line
月別アーカイブ
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line