「森の手入れ」を考える(2)

「森の手入れ」への危惧

 よく言われることは

【森をそのままにしておくと常緑樹が茂り、森が暗くなる。だから動植物の多様性が貧しくなる。
 昔から里山では森の手入れ・管理をしてきたので、春には落葉樹が葉をつける前に、林床にきれいな花も咲き、生物の多様性が保たれてきた。
 生物の多様性を保つために、森の手入れをして明るくしましょう】

【産業構造が変わり森を利用しなくなった。
 里山では人口減少なども加わって、森の手入れ・管理だけでなく田畑も放置され生物の多様性がなくなった。
 里山が(森が)あれた】

 などです。

 これらは、二次林に依存するスプリング-エフェメラル(例えばカタクリ・ニリンソウ・ギフチョウなど)や、水田・ため池・草地などに依存する昆虫・カエル・ヘビ・サシバなどの絶滅危機の対策として主張されます。

    盛りの萩

 ところが、そのこととは別の目的が主張され、別の意図がある場合があります。例えば

 “自然に配慮した公園づくり”
 “市民参加の行政システムづくり”
 “行政や企業の環境政策や貢献の実績づくり”

などです。


 しかしこれでは、多くの生物が絶滅危機になっている根本的な問題が隠されてしまいます。

 市民が、ミズナラやカシワ、コナラやアベマキ・クヌギを中心とした二次林の手入れをボランティアですることによって、《自然を守った》と勘違いしかねません。
 その結果、自然=生物の多様性について学びの機会や方法を失い、本当のことを知る芽を摘んでいるのではないか、と危惧を感じます。



     by   てんてこマイマイ
          画像は文とは直接関係ありません 今回は「相生山のハギ」ただ今満開

関連記事

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

Re: No title

木野様、周様

コメントありがとうございます。
まだ続きますので、引き続きご覧いただいて、
ご意見など、お願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

私も色々思う所は有るわけで、どれが正しいと言う結論には未だ至って居りません。

能登半島で、無責任な飼い主の棄てたタイワンザルとの雑婚が進み、純血のニホンザルが減少して居るという話を聞くに、不本意ながら外来種(+雑種)を駆除する事で自然を守る必要があるのではないかとも思います。

山の整備に関しては程度問題では無いかと思います。
完全に自然の為すがままにして道も無い状態にしておくのが良いのか、ある程度は人が入り込めるような地道にしておくのが良いのか、判断に迷うところですが。

No title

自分が鳥の調査等で定期的に通っている平和公園でも、ここ40年ほどの間に、鳥、虫、植物、それぞれに、かつては普通種だったり、普通種とは言えないまでも、ほぼ毎年見られていたような種で、すっかり姿を消したり、数を減らしたりしたものがいくつもあります。

生物の多様性を保持しようと思えば、10年前、20年前、あるいは今現在の普通種が、40年先、50年先も変わらず普通種でいられるような環境を維持していかなければならないわけで、じゃあ、そのためにはどんな環境を残せば、あるいはどんな環境を取り戻す必要があるか、という方向で考えていくと、自然にある程度の方向性は出てくる気がしますが。

もちろん、生態系の繋がりは複雑なので、結果を見ながらの試行錯誤を常に意識している必要はありますが。
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
最新記事
line
訪問者
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
リンク
line
月別アーカイブ
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line