「森の手入れ」を考える(1)

 
 私たちは 自然の森と どう付き合っていけば良いのか 
 人々のさまざまな取り組みを見ながら このブログでは これまで
 「森の手入れ」「森を?自然と人間」「夏の終わりに相生山 森の未来」 
 「考察オアシスの森の再生プロジェクト」など 
 思うところを書いてきました。
 今回 みなさんからのご意見も参考に 
 少しまとまった見解を 連載していくことにしました。
 より良い認識を共有していくため 率直なご意見 ご指摘をお願いします。

コナラ林

 「森の手入れ」の背景・・・里山開発計画

 愛知県では1990年代からでしょうか、「生物の多様性を守るため、森の
手入れをしなくてはいけない。森の管理をしなくてはいけない」という言葉
を聞くようになりました。

 名古屋市では「オアシスの森方式」と名づけた公園づくりを始めました。
未買収の公園予定地を地主から固定資産税免除とひきかえに借り上げ、市民に
開放するというものです。
 そして市民ボランティアを募集し、森の手入れを始めました。

   手入れ後1

 県では愛知万博が予定されていました。
同時に、岡崎から春日井・犬山あたりまで、数々の研究・研修機関が集積した
「あいち学術研究開発ゾーン」計画がありました。これは単に研究開発ゾーン
形成ということだけではなく、総合的な開発整備計画であり、里山が多い地区
がターゲットとなっている里山開発計画でした。
 また、将来の遷都地候補としての開発が念頭にあったのではないかと疑われ
ていました。
 万博はこうした総合開発計画の起爆剤として捉えられていたのです。

 そんな時期に「里山の手入れの必要性」が言われ出したことが気になります。
 こうしたことを踏まえて、「森の手入れ」について考えてみたいと思います。


         by  てんてこマイマイ

関連記事

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

Re: No title

周さま

 説得力ある小論になりますかどうか
 少し長い連載になると思いますが
 (他の記事も入ってきますので 10月上旬完結予定)
 適宜 ご感想も よろしくお願いします

No title

こんにちは

随分前ですが
「ヒトが手を入れなくなった林は無秩序に伸びて荒れ山になってしまうので手入れが必要~」

という話を伺った事が有りますが、その話でしょうかね?
これは非常に興味のある話題なので、大変期待して居ります。

続き、宜しくお願いします。
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
リンク
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line