不自然な踏み跡

相生山の森を歩いていると 散策路から樹林地へ
いくつもの踏み跡が 延びているのをよく見ます
踏み跡①IMG_8925 (640x480)

そのなかには 踏み跡③IMG_8903 (640x480) (2)
通常の散策路と 見まごうばかりの「道」も

「いつの間にか どんどん増えていってるんですよね。
 散策路として整備されたところ以外は 何かあっても
 例えば 枯れ枝が落ちてきてケガをするとかあっても
 私どもとしては 責任持てないんですよ。 ですから
 散策路以外のところは 歩かないで欲しいんですが
 利用者のみなさんを 止めるわけにもいかないので。」

相生山緑地を管轄する 天白土木事務所の方の話
いかにも お役人っぽい 語りですが
本当は そんなことよりも
踏み跡④IMG_8914 (2) (640x480)
森の中に いくつもの道ができて
風が通るようになって 乾燥化が進んだり
踏み跡が広がって 土が固められて
土壌生物や 埋土種子 林床の幼木が 損なわれて
森の生態系が 無理解な人の行為で 破壊されていくことが心配です

踏み跡③IMG_8903 (640x480) (1)
勝手に 自分たちが歩くための 道をつくって
どこからか持ち込んだ石で ケルンの道標
森の生き物たちにとっては 「ならず者」の仕業

相生山緑地に入る人は いろいろ
健康散歩 スポーツウオーキング 鳥や虫や花の自然観察
農作業 スケッチや写真撮影 (認めたくないけど)ペットの散歩
でも 森の先住者や 目には見えない森のいのちの元に
もっともっと 気を配らないと 
私たちの自然は あっという間に 壊れます

    by   Oak.


関連記事

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

Re: No title

cooさま

 まったく同感です
 よく見えるものより その奥にあるもの
 部分だけでなく 全体に想像力を働かせること
 そのために たくさんの人々の意見をよく聞くことが
 自然界のことでも 人間社会でも
 今ほど大切な時期はない と思います
 

No title

世の中人間が支配しているということが当たり前で、自然と共存しているという自覚がない方って多いですよね。
 というより、すべて人間のために存在しているくらいに思っているんだろうな。

 そんな人間たちに、動植物はいつも危険にさらされていますね。

 この時期、マスコミ報道、政府の動きにはより注意を払って、見るべきものを見失ってはいけませんね。
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
リンク
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line