相生山の森で考えたこと 5月24日

5.24 こどもたち
森に大勢の子どもたちが集まり、相生山のヒメボタルの食べ物、
「陸貝」をさがしました。

蛍の幼虫は肉食。2~5mmの貝の中にもぐりこみ、その中身を食べるそうです。

「蛍の数の割には、貝が少ない気がします」と先生。

かたつむり
小さなかたつむりも、小さな蛍の幼虫も、みんな一生懸命生きてます。

相生山の森が少しでも乾燥すれば、乾燥に弱い貝は生きていけません。

小さな植物から大きな植物へ、それを食べる鳥へと被害は及びます。

落ち葉が減り、腐葉土がなくなり、いろいろな生き物に影響が広がります。

森に住むみんな。みんな言葉は交わさないけど、つながっています。

未来を真剣に考えるとき、人はこのつながりを壊さないようにしないといけない
と思いました。

道路ができれば、排気ガスは撒かれます。

温暖化がすすみ、世界中の森が乾き、山火事がおき、
多くの生き物が死んでいます。

もの言わぬ自然や動物に思いやりをもつことは、
人に対して思いやりをもつことと同じ気がします。

木陰

夏鳥のキビタキがきれいな声でさえずっていました。

この時期小さな渡り鳥たちが、一生懸命海を越えてこの場所に休みに来ます。

5羽に1羽ぐらいしか、海を渡って来れないと聞いています。

そんな鳥たちのためにも、この森に道路は通したくない。

自然を慈しむ気持ちの無い人が多く住む土地に、
住みやすい町はない気がします。


     by ジンジャー


関連記事

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
リンク
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line