判断の後は? ~庁内会議議事録より


 市長 「ところで、工事の再開、中止の判断をした後は、
      どの様な手続きが必要になるのか。
     工事中止の場合は、都市計画を変更しないといけないのか」

 副市長 「・・・市長が建設の是非を判断し、工事再開の場合と
      工事中止の場合とで、来年度予算ではどうなっていくのか。
       ・・・・・具体的な手続きはこのようになると、
           スピード感覚も一緒に・・・」 

 市長 「今後どうなっていくのか、市民に分かりやすく説明しないと」

 市長 「中断の継続は、無いでしょう」
     「構造物は壊さないですよ。中止の場合でも」
     「構造物は残す。そして、どの様に活用するのか検討する」

 局長 「市長から、工事中止という判断をされましたら、
     市長の意向に沿って検討します」

  公開された 弥富相生山線に関する住民意向の調査についての検討委員会
             H.26.9.9開催 第6回
  会議記録より
 
  最も核心と思われる部分を 抜き書きしました。
  10月11日の「意向調査」の1ヵ月前
  今日より 3か月以上前の話です。

  この時点では 中止判断の後については 考えていないふうです。
  再開なら容易でしょうが。
  名古屋市は 多くの市民の期待に どう応えてくれるのでしょう。
  御用納めまで あと2日!

            by  Oak.

関連記事

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
最新記事
line
訪問者
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
リンク
line
月別アーカイブ
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line