環境に配慮・・・の中味(1)


 相生山の道路直近の稲田地区から見上げるシェルター
    稲田集落から見えるシェルター14323 (1)
 「環境に配慮し・・」「森を復元、緑の連続性を保つ」ため
    シェルターzoom
 
 巨額の予算と労力を費やしたとのことですが
 シェルターの上部は・・・・こんな感じです。
シェルター上植生2014324
 自然になれてない人は これが自然と思うかもしれません
 想像してください・・・・ 
 相生山緑地の代表樹木コナラは高木で樹高15mにもなります
 このシェルター上の盛り土の中に根を伸ばすことはできますか?
 
 相生山には生育していないカラスザンショウが植えられていました。
 なにかの原因で森林が破壊されたとき 最初に生えてくる種ですが
 もともと生育していないものを植えるのは 間違っています。

 自然の森の地形はフラットではなく 小さな凸凹があり
 傾斜や底があり 水みちが出来ていきます。
 何万何億の微生物 地中生物が生育し
 植物や動物の死骸を分解し 土に還します。
 生態系の 持続可能な営みが存在します。

 ここにあるのは
 「道路工事で壊された森を復元」ではなく
 「自然環境の保全」ではなく
 自然風人工庭園

 いくら工夫しても
 努力しても
 壊された自然は 元に戻りません。

 「持続可能な開発」などとは言ってはならないのです。
 
     by  Oak.

関連記事

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
最新記事
line
訪問者
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
リンク
line
月別アーカイブ
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line