FC2ブログ

実り・・・その2

相生山 森の樹木たち果実熟ませるとき
前回こちらから 顔ぶれとタイミング計ってるうちに 1ヶ月経ちました
ウメモドキ(梅擬)ウメモドキIMG_1365 (640x427)
小粒ながらも華やかです
ソヨゴ(冬青)ソヨゴIMG_1382 (640x427)
ようやく赤くなりました
モチノキ科が続きます
アオハダ(青肌)アオハダIMG_1369 (640x427)
こんなに艶やかだけど 苦いのです

次はツツジ科2種
ネジキ(捩木)ネジキIMG_1384 (640x427)
可愛いけれど毒があるそうです かじっちゃダメ

シャシャンボ(小小坊)
シャシャンボIMG_1396 (640x427)
あと2回くらい寒さが来れば 完熟?

こちらは ドライフルーツになってました
ムクノキ(椋木)ムクノキIMG_1407 (640x427)
ムクドリ(椋鳥)だけでなく みんなの好物

相生山では貴重な紫紺色
サワフタギ(沢蓋木)サワフタギIMG_1408 (640x427)
残り少ない輝きを見つけました

ツルウメモドキ(蔓梅擬) ツルウメモドキIMG_1404 (2) (503x640)
ニシキギ科 なるほど錦木とは果実からきたのかしら?
果皮が割れてからが真骨頂ですよね

たまには針葉樹も ヒノキの仲間の
ネズ(杜松)ネズIMG_1381 (640x427)
黒紫に熟すまでに2年がかりと聞きました

最後は
ノイバラ(野茨)ノイバラIMG_1397 (640x427)
昔一度だけ果実酒にしたことがありました お味はともかく香りはバラ科

来月のラインアップを お愉しみに

   by  アイ

関連記事

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
リンク
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line