FC2ブログ

実り・・・その2

相生山 森の樹木たち果実熟ませるとき
前回こちらから 顔ぶれとタイミング計ってるうちに 1ヶ月経ちました
ウメモドキ(梅擬)ウメモドキIMG_1365 (640x427)
小粒ながらも華やかです
ソヨゴ(冬青)ソヨゴIMG_1382 (640x427)
ようやく赤くなりました
モチノキ科が続きます
アオハダ(青肌)アオハダIMG_1369 (640x427)
こんなに艶やかだけど 苦いのです

次はツツジ科2種
ネジキ(捩木)ネジキIMG_1384 (640x427)
可愛いけれど毒があるそうです かじっちゃダメ

シャシャンボ(小小坊)
シャシャンボIMG_1396 (640x427)
あと2回くらい寒さが来れば 完熟?

こちらは ドライフルーツになってました
ムクノキ(椋木)ムクノキIMG_1407 (640x427)
ムクドリ(椋鳥)だけでなく みんなの好物

相生山では貴重な紫紺色
サワフタギ(沢蓋木)サワフタギIMG_1408 (640x427)
残り少ない輝きを見つけました

ツルウメモドキ(蔓梅擬) ツルウメモドキIMG_1404 (2) (503x640)
ニシキギ科 なるほど錦木とは果実からきたのかしら?
果皮が割れてからが真骨頂ですよね

たまには針葉樹も ヒノキの仲間の
ネズ(杜松)ネズIMG_1381 (640x427)
黒紫に熟すまでに2年がかりと聞きました

最後は
ノイバラ(野茨)ノイバラIMG_1397 (640x427)
昔一度だけ果実酒にしたことがありました お味はともかく香りはバラ科

来月のラインアップを お愉しみに

   by  アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

輝いて 秋

輝葉IMG_1389 (3) (640x427)
相生山緑地 全体の色づきは未だ少し先ですけれど
朝のしじまの中で 息のむ姿と出会えることがあります

《橙葉》という表現は無いのかしら
   橙葉イソノキIMG_1386 (2) (480x640)
今日のように空が青いと イソノキ(磯の木)のオレンジ色が冴えます

視線を下ろせば カキノキ(柿の木)の《朱葉》
朱葉カキノキIMG_1387 (640x427)
常緑の深緑の幕が 滑らかに開いて
ヒロイン登場 スポットライト

秋舞台 輝きの始まり

 画像では伝えきれません
 足をお運びくださいますように 
 お近くの 出来る限り手つかずの樹林の中へ
 
    by アイ

 

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

ハギの豆

終わりのハギ(萩)
終わりのハギIMG_1394 (640x427)
あれほど 咲き誇っていたのに こちら
すっかり色あせてしまって・・・・と眺めていたら
ハギ豆③IMG_1401 (640x427)
萩の果実が いっぱい!! もう・・・いつの間に?
ハギ豆②IMG_1393 (640x427)
豆ですね 間違いなく
「萩の実 食べれるぞ だってマメ科なんだから」
そう言って食べてみせた人がいました
「ほら やっぱり豆の味がする」
真似て口に含んだら 青い豆臭くて お世辞にも美味いとは言えなかった
ハギ豆①IMG_1392 (640x427)
萩がマメ科と味で教えてくれたのは 岡田さん こちら
青い空の上から 見てくれているだろうか
花が終わって『豆の季節』になると 今年も思い出します 

   by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

野菊の如き君ゆえに

秋のキク科が続きます
野紺①IMG_1415 (640x427)
ノコンギク(野紺菊) 女性だけでなく 否むしろ 男性に人気なのかも
落葉とのコラボ 野紺②IMG_1417_1 (480x640)
所変わって 行きつけの山里の原っぱでは
山ノコンギク②IMG_1349 (640x427)
こんな感じの花盛り
山ノコンギク①IMG_1345 (640x427)
たくさんの草本に交ざって それでもシッカリ自己主張
「野菊の如き」芯の強さに魅かれるのでしょうか 外見の嫋やかさ以上に
山ノコンギクIMG_1345 (2)
野菊もイロイロ 
相生山のと此方では 少し違うようにも見えてきました
浅学の身には「憂いは深し」 ノコンギクです

   by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

宙(そら)からの贈り物

大陸からの高気圧が 涼しい風を吹き下ろして
キリンソウ②IMG_1373 (640x427)
相生山の木だちの足もとに 黄色の星を灯していく
キリンソウ①IMG_1375 (427x640)
クロロフィルからカロテンへ 色素の切り替えスィッチ
キリンソウ③IMG_1379 (640x427)
真上からのアプローチは 綾の小手毬

アキノキリンソウ(秋の麒麟草) いま 厳かに降り立つ


    by  アイ


theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

霜降の候

相生山では 初霜は未だ降りてこないけれど
森の広場に向かう木道には 
少しの落ち葉IMG_1362 (640x427)
少しの落ち葉が 橙光色を添えていたり
紅い果実IMG_1363 (640x427)
ウメモドキ(梅擬)の実が いつの間にか みんな紅くなってたり
秋景色IMG_1370 (640x427)
低木の目立つギャップが 装い始めていて
向こうの樹林からは カラ(雀)群の聲しきり
木陰の野菊IMG_1416 (640x427)
コナラ(小楢)の大きな影に ノコンギク(野紺菊)の一叢
秋の日IMG_1371 (640x427)
のんびりの午後が 短かすぎて
青かった空が 夕方色に近づく

「季節がすすむ」って 秋のための表現だと つくづく思う

    by  アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
リンク
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line