テイカカズラ

相生山の花ごよみ 早いのは感じながら
油断していたら もう咲き誇っていました
テイカカズラ テイカカズラ花IMG_9660 (640x427)
漢字表記は「定家蔓」 百人一首を編んだとされている藤原定家
彼が(恋人の)式子内親王の死を嘆き そのお墓にすがりつき
身も世も果てぬありさまであったと・・・・そのさまを写すかのように
定家蔓IMG_9666 (640x427)
茎から気根を出して 他の樹木や岩壁などをよじ登り 
覆いかぶさってしまうツル性樹木 なので この名をもらったそうです 
相生山緑地の散策路横の この子が絡みついた主は誰だったんだろう?
今はまるで テイカカズラの木のように見えます
テイカカズラ蔓IMG_9662 (427x640) テイカカズラzoomIMG_9661 (427x640)
その後方の高木コナラ(小楢)の幹を登って樹冠に達する 花盛りの子たち
この辺りは 彼らの勢力圏であるかのようです

テイカカズラの不思議な特徴
上に昇る蔓に付く葉は 革質光沢あり 長さ5cm前後の楕円形で全縁
そして 地を這う蔓もあって そこに付く葉は大きくても2cmで波状鋸歯あり 
テイカカズラ林床葉IMG_9665 (640x427)
この画像では巧く撮れませんでしたが 葉脈に沿って斑が入ります
名古屋市の高速道路下の緑地帯に 這っているのを見かけます

テイカカズラは 相生山のヒメボタルのピークに合わせて花開きます
まるで定家が恋人を 亡くした後も慕ったように
テイカカズラIMG_9664 (640x427)
深夜の森に 甘く熟した香りが流れてきたら
それは ヒメボタルを大好きな花の思い

15~20cmの長い果実をつけ 3cmくらいの冠毛ふわふわ種子が出来ますが
相生山では この10年間で一度しか会ったことがありません

    by Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

不心得な侵入者

休日の午後 稲田口に近い散策路
竹藪伐採地を通りかかったら  
進入路IMG_9668 (640x427)
向こうの人工林内に バキバキ踏みしだく音と人声
ヒメボタル撮影の事前準備か 時期逃したタケノコ泥棒か 年配の男が3人
迷ったけど 勇気出して叫びました
「そこで何されてるんですか~?」
・・・無視 返事ナシ
「そのあたりは蛍なんかもいる所なので散策路以外へは入らないでくださ~い」
侵入者①IMG_9669 (640x427)
なかなか出て来ないので ずっと監視して ついでに証拠写真パチリ
やっと伐採地の溝越えて来て 一番たちの悪そうな爺さんが近づいてきて

「何の権限で言っとるんや 蛍を愛する会の者か?」
(「蛍を愛する会」って知りませんが・・・)「ただの名古屋市民ですけど」
「蛍のことばっかり言っとらんと 世の中のもっと大事なこと考えろ」
「大事なことって何ですか?」
「蛍なんかどうでもええ ここはサッサと道つくったらええんや」
 時代遅れのこと言うとったらあかんぞ 今はクルマの時代や」
侵入者②IMG_9670 (640x427)
「時代遅れはそっちやないですか
 蛍たちのような生きもののいのち大事にしないから
 人殺しやなんかがしょっちゅう起きる世の中になっちゃった
 ちいさないのちも大事にすることこそが時代の流れ」

・・・数分間の押し問答(相手悪かったね 口論するにつれ冷静になれるの私)
ついに 「蛍愛して滅んでしまえ たわけ」 って捨て台詞
(「クソジジイ テマエガ滅ビロ」とは申しませんでしたよ 上品なワタクシ)

居直って悪いことしないか 他の散策者のいる区域まで
数メートル後から お見送りさせて頂きました
何しに来たんだろ 「道に迷った」って言い訳してたけど
ザックにスニーカー 山野草盗掘目当てかな?
この地域の人でないのは確か 地元の人はみんな心根優しいから

 連日 相生山緑地にヒメボタル見物・撮影に来る人びと
 中には傍若無人なのもいるけど たいていは年配者
 特に若い人たちは すなおで自然にたいしても謙虚です
 中高年に対する教育 見直さなくっちゃね


   by  アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

青嵐(あおあらし)

強い雨を伴なった前線が通過して
季節が少しだけ戻りました
夏から 初夏へ
青嵐シンボルコナラIMG_9671(640x427)
雲を飛ばした青空が シンボルコナラの上に広がる
北尾根のコナラ(小楢)の樹幹に風が当たる
青嵐①IMG_9678 (640x427)
枝がゆすられて ざわざわ 絶え間なく青葉がよじれる
青荒②IMG_9680 (640x427)
逆光のヤマザクラ(山桜)のサクランボも揺れる  
青嵐③IMG_9682 (640x427)
森の中まで入っても 昨日の半袖では寒いくらい
青嵐④IMG_9686 (2) (640x423)
ざわわ ざわざわ ざわ ざわわ
風は 夜になっても治まることはないのだろうか

樹下林床で身を潜めているのだろうか
一度目の発生ピークを過ぎた ヒメボタルたちは

     by アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

ヨタカの声

昨夜 雨降り出す前
21時40分頃 
相生山緑地の山根口からシンボルコナラに上る途中で

きょきょきょ きょきょ きょきょ

ヨタカ(夜鷹)の声を遠くに 小さく聞きました
山根口奥IMG_9674 (640x427)
一夜明けて 今日のお昼に撮った画像
聞こえた方向は この樹林の奥 そのむこう側

ヨタカの声は2年ぶり 前回記録はこちら
その翌日 ヒメボタル散策で出会ったyokoさんから
同時刻に別場所で聞いたことを知りました
二人の聞こえた方角の交点は・・・・
今年も一緒 「相生山の道路」工事の西の開口部「下山畑」付近
畑地と宅地と森の林縁部の辺り
生息・繁殖していてくれたら嬉しいです

相生山のヒメボタルへの訪問者の皆さんが
蛍の舞う光を追い求めたり 撮影集中だけにとどまらず
せっかくの 大都市の森の夜
ときおり 濃く流れてくる樹や花の匂い
かすかな 野鳥やたくさんのいのちの気配を
感性を澄ませて 受けとってくれるといいなと 願っています

    by Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

まさか!やっぱり?

相生山緑地に設置されている掲示板
掲示板IMG_9565 (640x427)
2018.1.27付のNewsが掲示されていました
日付は少し古いけれど(ときどき見てるので)最近になって貼られたと思います
記事はさらに古く 昨秋のこと

読んで びっくり
森くらぶ掲示IMG_9564 (640x427)
竹林整備「道路予定地の」「道路予定地に」とくり返し書かれています
不注意ではなく 意識して書かれていますよね

拡大します
道路予定地IMG_9564 (2)
「道路計画を廃止する」と名古屋市長が宣言したのは2年以上前
それなのに 名古屋市の管理する掲示板に 公然と「道路予定地」!
記事執筆者は市民ボランティアの人であったとしても
管理者の責任で校正して当然のことがらです でないなら
市の担当者は 首長の決定に平然と逆らっていることになってしまいます

それとも このブログが懸念を表明したように こちら
「園路と名を変えて道路を既定通り通す」「予定地はそのまま建設予定地」と
硬直した姿勢を変えれないのでしょうか
そして 「園路のコースに当たる」竹藪や人工林や溝の辺りを
露払い宜しく 市と協力関係にある団体に「整備」させているのでしょうか

そういえば 世界のAIOIYAMAプロジェクト検討委員である市幹部の方がた
「現地の地形が分かりにくい」と繰り返される会議での発言 こちら
視察のときに「園路はここを通します」と説明できるようにした?

ヤモリIMG_9563 (640x427)
掲示板に ヤモリが休憩中
ヤモリさん 「森守り」になって監視お願いね

    by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

復習の夏日

雨が上がったら 夏日になりました
日曜日の「相生山の四季を歩く会」 思い出しながら
ノイバラIMG_9537 (640x427) イボタノキIMG_9535 (640x427)
入口林縁部に咲く ノイバラ(野茨) イボタノキ(水蝋樹)
どちらも甘いけれど 華やかな香りと 素朴な森の匂い
ハゼノキIMG_9551 (640x427) クマバチIMG_9550 (2)
匂いつながりで 今日も健在 さわやか柑橘系のハゼノキ(櫨の木)の花
蜜を求めて 花粉を求めて クマバチが大忙し
ガマズミIMG_9538 (640x427)
相生山緑地の夏の花 ガマズミ(莢蒾)
ミヤマガマズミ(深山莢蒾)やコバノガマズミ(小葉莢蒾)が春を告げ
ガマズミ群IMG_9569 (640x427) ガマズミUPIMG_9557 (640x427)
咲きほこるガマズミは 夏になったことを教える
エゴノキIMG_9544 (640x427)
先日のコースと別の木に かろうじて残っていた エゴノキの花
ツクバネウツギIMG_9592 (640x427)
衝羽根の萼片だけになってしまった ツクバネウツギ(衝羽根空木)
リョウブIMG_9590 (640x427)
そして これから花穂が育っていく リョウブ(令法)

ヒメクロオトシブミ(姫黒落とし文)の揺りかごは 暑い光に乾きそう
でも お母さんはきっと計算済みなんだよね
オトシブミIMG_9587 (640x427)
時間帯?それとも?? キビタキ(黄鶲)の声は聞かれず
キビタキの森P5113524 (640x480)
ソヨゴ(冬青) 花に最接近しなくても雌雄の判別できそうになりました
ソヨゴ雄株IMG_9548 (640x427) ソヨゴ雌株IMG_9589 (640x427)
にぎやかに付いた雄花の雄株 ヒューッと1~2本花柄の伸びた雌花の雌株
ナツハゼ仰ぐIMG_9561 (640x427)
ナツハゼ(夏櫨)の花壷を仰いで ザラザラ腺毛を捉えました
ナツハゼ赤IMG_9559 (640x427) ナツハゼ白IMG_9554 (640x427)
赤い花と黄緑の花
「日当たりのいいところのが赤いよ」ってスタッフの純さんが言ってたけど
調べてみたら正解!のようです ひとつ賢くなれました
ネジキIMG_9571 (640x427)
最後はネジキ(捻木) 大きな葉に守られるせいか意外に寿命の長い花
完熟の甘い匂いと まっ白釣鐘は 夏日にお似合い

 雨の森を楽しんだ皆さんの感想は ただいま編集中
 ホームページ更新まで 数日お待ちください


    by  アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

テーマ変更

雨になりました
カタツムリIMG_9623 (640x427)
相生山の四季を歩く会*5月定例会
お天気のせいでしょうか 今日は少ない参加者
雨の日IMG_9594 (640x427)
例年の記録を基に 予告していたエゴノキの花 こちら は連休中に散り始め
テーマを前日に変更しました
「キビタキの道案内で夏告げ花を尋ねよう」
イボタノキIMG_9536 (640x427) ネジキIMG_9573 (640x427)
イボタノキ(水蝋樹)       ネジキ(捻木)
去年までは出会えなかった いつもと違った花の満開期

モチノキ科の雌花と雄花を比べたり
ウスノキ(臼の木)の目立たない果実を探したり
ウスノキIMG_9625 (640x427)
ハゼノキ(櫨の木)の柑橘系香りを確かめたり
加藤さんIMG_9615 (640x427)
「ウルシ系大丈夫」初参加の写真家加藤さんに花序を手繰ってもらいました 
「これはサイコーにいい匂い!」「エーッ私匂わない」「雨のせいかな?」

今日は母の日
母の日IMG_9628 (2) (640x427)
ヒメクロオトシブミのお母さんが コナラの葉に作った揺籃を見つけました

道案内のキビタキ(黄鶲)は・・・・?
はい しっかり聞かせてくれました
濡れた新緑 樹林のなかに
ピッピロリ― リーリー ピッルルルピリリ
姿は 見せてくれませんでしたけれど

     by  Oak 

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

ヒメボタルと人間と

相生山もヒメボタル舞う季節を迎えます。
まだ成虫発生のピークではありませんが、もう人びとが出向き始めているようです。今年もこれから1ヵ月、特に週末の夜にはたくさんの人が押しかけ、深夜まで森のあちこちをさまようことになりそうです。近年のSNSの普及、ラインやインスタブームのせいでしょうか、昨年はこれまでにない大勢の来訪者を見かけました。けっして「自然回帰」といった傾向でないのは確かです。

みなさん、想像してみてください。
人の数が増えるとそれだけで、森のいきものたちへの圧力は強まります。土は固められ、道は広がり、枝葉が傷つけられ、ときにはゴミが捨てられ、侵入者が現れ、いきものたちの生息域が狭められます。

相生山緑地でのヒメボタルの画像です。
 love_4502.jpg
動物写真家の加藤文雄さんから提供いただきました。相生山の道路や緑地公園の今後について、自然と深くかかわっている経験をもとに、関心を寄せ心配し、各方面へ情報発信してくださっている方の一人です。

人間たちは求めます。観察とか、調査とか、癒しとか、観賞とか、いい画像を友だちに見せたいとか、子どもに自然を感じさせたいとか・・・・。
けれどもヒメボタルは、人間のためにいのちの営みを続けているわけではありません。姫蛍、ロマンチックな名前が付けられていますが、飛ぶのはオス。種の存続のため、光の波動を発しながら地表近くにうずくまるメスを求め、短い成虫期間を尽くします。 参考こちら昨年5月の「相生山の四季を歩く会」資料。 

ヒトは全てのいきものたち、地球の命運さえも左右できるほどの力を持つに至りました。だからこそ、自分たちの行動が他のいのちや環境にどんな影響を与えてしまうのかを、もしかしたら取り返しのつかないことをしてしまうかもしれないと、臆病なくらい慎重でなくてはならないはずです。自分勝手ではなく、総合的客観的でなければならないと考えます。ごう慢ではなく限りない謙虚が求められていると思います。

相生山のヒメボタルは、相生山の道路建設に再検討を呼びかける活動の中で、その存在が公表されました。「知られることで悪影響が予測されるけれども、古代から生き残ってきた幾多の種の消滅の危機と比べればやむを得ない」という苦渋の判断であったと聞いています。

森のいきものたちにとって、いのちの存続にかかわる一大事=道路建設による森の分断は回避されたかに思われました。しかし、人間たちによって環境破壊は続いています。「道路予定地」に園路を貫通させることを前提とした「公園」を考想する行政のみならず、市民によるイベント目的や自己満足のための「自然の活用」によって、相生山緑地のいのちが無視軽視されることに反対です。

私たちは今年は「ヒメボタルの観察会」を呼びかけることをしないつもりでいます。情報収集と、認識不充分な「悪意のない無法者」に対する監視活動や啓発は続けたいと考えていますが、ホタルたちをできるかぎりそっとしておく方向に舵をきりたいと思います。
ご理解、ご協力いただけますように。この試みが良い効果を呼びますように。

    
   by 森の妖精一同 代表してアイ


theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
リンク
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line