FC2ブログ

秋の名城大実習 2日目

午前中に前線が通過しました
今日は2クラス目 一昨日のようすはこちら
小雨1512020534773
実習開始の時限には 良かった!雨は上がって
北尾根へPB293364 (640x480)
「カタツムリたち見つけやすくなったかな?」
班ごとに分かれて 濡れた黄葉の森の中へ
黄葉の向こうPB293365 (640x480) 協力PB293366 (640x480) 
タカノツメ(鷹の爪)やヤマコウバシ(山香ばし)の黄や 
アラカシ(粗樫)の緑 ブッシュ状態の低木かき分け
並んでIMG_7346 (427x640) 陸貝探しIMG_7330 (640x427)
調査地点では 20mのライン上に1mごとにヒメボタル幼虫捕獲のトラップ設置
土壌採取PB293385 (640x480) トラップ設置PB293372 (480x640) 
落ち葉の下の土壌に潜む 陸貝を探します
「なかなか見つからないッス」「全然いないよネーッ」
探すIMG_7333 (640x427)
そんな中でも 「来る人には来る!!」
捕獲IMG_7354 (640x480)
画像ピンズレですが・・・・ この子の名前は? 来週の同定が楽しみです

調査地点からの帰り道 案内人が足を止めました
「仰いでみて キレイでしょ」
夕暮れ20171129_103215 (640x360)
「ホント!すごいキレイ」
「また 授業じゃないときにも 遊びに来てね」
曇り空の夕暮れ時 作業終えた学生たちに 
森のコナラたちは 精一杯の輝きを降らせていました

集合IMG_7322 (640x427)
「ありがとうございました」
「おつかれさまでした」

大学での実習と講義に参加できます
森の仲間も少しお話させていただきます 
一昨年のようすはこちら
12月4日(月曜日)と6日(水曜日)午後1時から
天白キャンパス(地下鉄塩釜口・名城大学前)講義棟


問い合わせ 申し込みは こちら
名城大学農学部生物環境課学科のホームページは こちら

大学生に交ぜてもらって 少しの間でも 若返れるといいね!

    by  Oak.

 

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

小楢(コナラ)黄葉

相生山はコナラの森
コナラ①IMG_7265 (640x427)
今 森の樹冠は 黄褐色
コナラ④IMG_7272 (640x427)
コナラの存在感が 圧倒的に広がります
コナラ③IMG_7270 (640x427)
陽光が降ってくる 
地表のいのちを 黄金色に染めるために
コナラ②IMG_7266 (640x427)
いちばん巨きな シンボルコナラ
この樹も もうじき 黄葉に舞う


      by  R.62


theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

秋に包まれて~名城大実習2017

今年で4年目
名城大学農学部の「相生山緑地実習」に 現地スタッフとして参加しました
開始説明IMG_7276 (640x427)
お天気にも恵まれて 森の秋に包まれて
実習北尾根広場IMG_7283 (640x427)
緑地全域に 8区画 16地点  
掲示IMG_7260 (640x427) 調査地点目印IMG_7315 (640x427)
もくもくと地道な作業が進みます
南西尾根PB273345 (640x480) トラップ作成中PB273346 (640x480)
ヒメボタル幼虫調査のためのトラップづくり
「カタツムリ、や~い!」 陸貝探し
陸貝探し②IMG_7278 (640x427) 陸貝探しPB273357 (640x480)
 
谷の底で
実習山根口下IMG_7299 (640x427)
尾根の伐採地で
実習周回道路IMG_7294 (640x427)
耕作地跡でも
南部畑地跡PB273349 (640x480)
樹林地の斜面でも 
実習中央尾根東斜面IMG_7301 (640x427)
年に一度 名城大生たちと 「実習」の場での出会いを
楽しみにしている 相生山の大人たち
「今年も みんな いい子たちばっかりだったよねぇ」
「年々 可愛くなっていくみたい」「それはこっちが年とっていくから」
・・・・・
固い地面を掘って トラップ設置PB273347 (640x480) 
埋めたトラップに 幼虫が入ってくれるかどうか
トラップIMG_7297 (640x427) 帰途PB273360 (640x480)
夕方近くまで熱心に 採取した土壌から 陸貝が見つかるかどうか
一週間後のお楽しみ

相生山緑地を訪れる皆さんに お願いです実習調査地PB273350 (640x480)
調査地点には 表示が設置されています
大学生たちの学習と研究に 「見守る」という形で ご協力ください

また 相生山での実習に 一度参加してみたい方は 
次は 29日(水曜日)午後1時 相生口集合です

大学での実習と講義も見学できます 昨年のようすはこちら
12月4日(月曜日)と6日(水曜日)午後1時から
天白キャンパス(地下鉄塩釜口・名城大学前)講義棟


問い合わせ 申し込みは こちら
名城大学農学部生物環境課学科のホームページは こちら

名城大生がやって来ると 
相生山の黄葉 輝きのときを迎えます

 ラブリーアースのホームページにも 記事があります こちら


      by  アイ


theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

根本は押さえられているだろうか

名古屋市の公式ホームページによれば
第10回目の「世界の『AIOIYAMA』プロジェクト検討会議」が
今月16日に 開かれたとのこと  資料はこちら

その資料3では 緑地公園のゾーニング案が 初めて公表されています
シンボルコナラ11月IMG_7166 (640x427)
私たちに馴染の シンボルコナラや緑地内住宅地は「自然ふれあいゾーン」に
徳林寺やゴルフ場は「野外活動ゾーン」 農地は「農業体験ゾーン」・・・など
そして 道路建設予定地=道路遺構は「出会いのプロムナードゾーン」として
緊急車両用園路や多目的広場などの設置が構想されているようです

ゾーニングは 環境保全のための手法とされたりしますが
上記の検討会議の中で 相生山緑地についての根本である
【相生山の自然を大事にする=相生山の生態系を維持する】 
ということが きちんと押さえられているのか 疑問に感じています

たとえば
橋脚②IMG_7056 (640x427)
この写真の「第一橋脚」遺構の辺りは 
先の市政アンケートでも 「園路」との構想が出されていましたが 
そもそも 「緊急車両用の園路をつくる必要性の有無」について 
検討はされたのでしょうか

絶滅危惧種や準絶滅危惧種が 広範囲に生育・生存する森に
ゾーンの線引きや 動線のイメージには どんな検討がなされたのでしょう

私たちからの声 こちら は 市の幹部に 届いているのだろうか

相生山の道路計画がなされ 工事が始まった頃の反省を忘れ
庁内会議 トップダウン 法令・先例・決定事項 優先で進めてはいないか
広く市民の意見を聞き 名実ともに「世界の相生山」と残せるよう
市当局へも 相生山を好きな人びとへも 呼びかけを強めたいと思います

    by  Oak

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

道路廃止しても、人集めの公園にするなら、元も子もナイ!

「市政アンケート」をめぐる会話 
続・コナラ端会議 コナラ林IMG_7174 (427x640) 
相生山緑地内の徳林寺近くで 地元のH子さんに出会いました
「環境を守るためにって 道路を廃止にするんでしょう」
下山畑IMG_6994 (640x427)
「それなのに 施設つくって 人を呼ぶ公園を考えるなんて
 何でも 大衆受けとか 経済効果とかを狙うのよねえ」

「アンケートで検討中とされてる構想って 市内の他所にもあるでしょう 
 相生山を変えなくっても 大高とか東山とかの公園へ行けばいい」

「相生山の今のままの良さを残したいですよね」
橋脚の見えるギャップIMG_7180 (640x427)
「市内では珍しく 作ったものじゃない大きな雑木林があるでしょう」
「お寺には ベトナムやネパールの人たちもお詣りに来るし
 若い人たちが 朝市なんかに子ども連れで集まってるし 
 緑地にお家のある人が 花壇や竹藪の手入れしてられたり
 お百姓さんのミカン畑とか人参畑が すぐそばにあるでしょ
 相生山を歩けば 楽しいことに いっぱい出会えるのよ」

「お金使って 余計なことしなくっても」
「ホントに そう! よく考えていただかないと 元も子もなくします」

    by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

今日は小雪

雨が雪に替わる「小雪」
名古屋・相生山の辺りは まだ暖かく 
小雪IMG_7173 (640x427)
朝の尾根
ヤマコウバシ(山香ばし)の黄色や
ヤマハゼ(山櫨)の赤を 
秋の光が 透かして 届きました 

谷筋の午後
小雪IMG_7184 (640x427)
低気圧の近づきを想わす
くすんだ 空もよう
黄葉の枝葉が くぐもって見えました

雨が来て 寒くなるのかな
ほとんどの樹木は 冬支度
相生山代表の コナラ(小楢)だけ 秋に残して

    by  アイ

    

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
リンク
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line