続・続 7月の果実

リョウブ(令法)の花 から 1ヶ月
リョウブ果実IMG_6047 (640x427)
ひとつふたつ 花が残って 
たいていは 果実に変わっていました

エゴノキの珠 大きくなっても
いつまでも花柱が付いたままで 独特の造形 
エゴノキ果実IMG_6068 (640x427)

シンボルコナラの シンボルコナラ夕方IMG_6067 (640x427)
ドングリです 
コナラドングリMG_6066 (640x427)
うろこ模様の殻斗は変わらず
果実の部分が 膨らんできた感じがします
夏は 次の世代を 確実に育てているのですね

何回かに分けて 7月の果実 追いかけてみました 

     by  Oak.

         

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

夏空の無い夏

夏空らしくない日が続きます
気温はけっこう上がるのに 梅雨空のまま
そして度々の「局地的短時間豪雨」 不気味な夏です
夏の夕方IMG_6062 (640x427)
それでも イヌザンショウ(犬山椒)の花に
イヌザンショウ_クマバチ②IMG_6000 (640x427)
クマバチ(熊蜂)が 訪問していたり
ウスバハゴロモIMG_6020 (640x427)
アオバハゴロモ(青羽羽衣)の整列が見られたリ
キノコ②IMG_6024 (640x427) キノコ①IMG_6045 (640x427)
キノコたちの種類と数が増えていたりしています
・・・相生山緑地の夏は 順調なのかな・・・
相生口IMG_6070 (640x427) クサギ空IMG_6071 (640x427)
相生口の小広場に出ると 甘い匂いが漂ってました
クサギ(臭木)の花が 咲いてる!
クサギ②IMG_6042 (2) (640x427)
今日は 駆け足でした
次は ゆっくり歩きます

明日から 8月です

   by  アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

クマゼミの朝

クマゼミ③IMG_6014 (640x427)
相生山の樹林は 蝉の天下
  ジャーシムシムシム シャーシャー シャンシャンシャンジャー 
頭上から降って来る 大競演 大合唱 大音響
クマゼミ①IMG_6018(640x427)
ヤマザクラ(山桜)の太い幹に
クマゼミ②IMG_6016(640x427)
アオハダ(青肌)の力枝へ
クマゼミ④IMG_6011 (640x427)
お腹が 羽根が 震えます 揺れます
クマゼミ⑤IMG_6012 (640x427)
元気な クマゼミ(熊蝉)たち
でも 彼らの一生を知らされた者には
諸行無常の響きにも 聞こえてしまいます

      by  アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

続*7月の果実

もう10日ほど前に 
相生山緑地「7月の果実」を紹介しましたが こちら
今日は追加で・・・いくつか

チョコレートケーキのトッピングみたいに
マキノスミレ(牧野菫)伸びた葉と並んで
落ちた木の実①IMG_6022 (640x427)
アオハダ(青肌)の早く落ちた実 熟したものではない子たちです

深緑の葉 しっかりした葉脈 ひょろり伸びたサクランボ?
アズキナシIMG_6026 (640x427)
アズキナシ(小豆梨) 今年も少な目 2年続いて お休みの年

尾根筋のミヤマさんは もう少し赤くなってたよね
コバガマIMG_6031 (640x427)
コバノガマズミ(小葉莢蒾) ぎゅーっと集合

ミツバアケビ(三つ葉木通) もうこんなに大きい!
アケビ③IMG_6029 (640x427)
毎年 完熟の実には出会えない
誰かが食べちゃうのか 自ら落ちちゃうのか
今年こそは 見極めたいものです

さて 8月7日は 早くも立秋
暑い陽射しに 森の実り ぐんぐん加速しています  
  
       by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

シジュウカラの群れに会う

コナラの森の葉陰に 大勢の野鳥の群れ
シジュウカラ樹上IMG_6007 (2) (640x427)
この中に 数羽は入ったと思ったのですが・・・
シジュウカラ(四十雀)のようです 
久しぶりに出会う 大きな群れ 20~30羽ではきかない
シジュウカラ枝上IMG_6006 (640x427)
枝から枝へ そして 樹から樹へ
ああ やっぱり シジュウカラ
シジュウカラ地表IMG_6005 (640x427)
地表に 降りてきた子もいました
zoom up シジュウウカラzoomIMG_6005 (2)
なんか ほっそりしているような 弱々しいような 
もしかしたら この春から夏に生まれた 幼鳥なのかもしれません
子どもたちも交えた シジュウカラの大ファミリー!?
シジュウカラのいる景色IMG_6009 (640x427)
夏盛りの緑の中 
すばやく にぎやかに いそがしく
いのち輝かせて シジュウカラたちが 飛び去って行きました

    by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

悪茄子

相生山緑地のシンボルコナラ近く
耕作放棄された畑地に 可憐な花

ワルナスビIMG_20170724 (800x600)

名前も気の毒な ワルナスビ
牧野富太郎博士が名づけたという 外来種
強烈なトゲ 旺盛な繁殖力 厄介者扱いです

人間から勝手につけられた名前にもめげず
真夏の荒地で たくましく生きています
かわいい花 近づくと 痛い!棘で刺します
「わる」=「悪」=強い 名前通りの強い子です


     by  R.62

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

2017盛夏

大暑の節
夏の土用
クマゼミ_サクラIMG_6017 (640x427)
相生山のオオシマザクラに ニギヤカなクマゼミ
ハギIMG_6004 (640x427)
ハギの花は 一休みのときを迎えました
盛夏IMG_6019 (640x427)
夏の日が 森の中まで届きます
暑さ お見舞い申し上げます

   by  アイ


theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

小さなギャップの物語

相生山の森は 雑木林の森
長い年月の間に 人の手が入った二次林=コナラ・アベマキ林
アベマキ林ギャップIMG_5899 (640x427)
上は菅田集落近くの アベマキ(棈)の林
太い木が数年前に枯れて 昨年倒れた跡が 更地(さらち)のようです
老木のコナラ(小楢) 老木IMG_5969 (427x640) 
老木と言っても 寿命の短いコナラですから 樹齢(推定)80年くらい
前のアベマキと同時期に カシナガノキクイムシによって枯れた幹
菌類たちが ただいま精力的に 分解中
倒木③P7023224 (640x480) 倒木②IMG_5877 (640x427)
梅雨や台風などで たくさん雨が降ったり そのあと 強い日照の時などに
森の景色が 変わっていることがあります
「アレッ あの木が無い!」「ココってこんなに明るかったっけ?」
枯れ松IMG_5901 (640x427)
マツクイムシによる松枯れで 20年以上前に寿命尽きたアカマツ(赤松)
長年 尾根で立ち枯れ状態でしたが つい最近倒れてしまいました
倒木コナラ 倒木IMG_5919 (427x640)
大きな木が倒れた後の「更地」には 林床にまで陽が入るようになり
新しい植生が 育ち始めます
シードバンクとして地中で 千載一遇の機をうかがっていた ウルシ類
風に運ばれてきた 日なたが大好きな 草本たち ツツジ類やマツ 
周りと異なった 小さなギャップが 森のあちこちに出現します
そして そこでも 植物たちの新しい遷移が しずしずと進み始めます
シイノキ幼木 シイノキ2013_5 (480x640)
これは2013年5月の画像 コナラの倒れた後の小さなギャップに
カケス(鵥)が落としたと思われる 種子が発芽 育ちました
最近の調査では この子の樹高は4mを超え 幹直径は2cmになっています

「森の一生は800年」と言われます
何らかの要因で 森が裸地になってから 本来植生の森に育つまで800年
人の一生が80年として 森の時間は人の10倍
私たちの成長に比べれば 10年かかってやっと1年分・・・・!

相生山の森 自然の営み 
せかせか焦らず 次の世代 その次の世代に託す 心がまえを教えてくれます

  by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
リンク
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line