FC2ブログ

駒山のこと


駒山(豊田市旭)まで 出かけてきました
整備IMG_3763 (800x600)
人が持ち込み 放置した モウソウチク(孟宗竹)は 
小馬廃寺から 山頂一帯に侵入して 真っ暗な竹藪になり
ブナやイヌブナの森を 窒息寸前まで圧迫していました 

人の責任において とりあえず 竹を伐採し
自然林の回復を試みる活動 7年
集合IMG_3759 (2) (800x600) ブナIMG_3749 (600x800) 
竹の生息領域を閉じ込めるのに成功し
地元の人びととの連携も始まって
長かった活動も 今回で一区切りです 

2010年5月撮影 整備を始める前
8_14駒山-0 (480x640) 5_1駒山-2
竹に囲まれ 種子の発芽条件を失い 生存が危ぶまれる 貴重なブナの山に
8_14P8146104 (640x480) 8_14駒山-6
有志で 手を入れることを決め (第1回 2010.8.14)
ノコギリ 竹切鋏 チェンソウ 
中2 (640x480) 中1 (640x480)
夏の汗 雪の急斜面 14回のべ400人以上の共働の結果
完了山頂IMG_3753 (800x600)
日が入るようになった 山頂付近の林床は 
母樹からのブナの実生 埋土種子 風に運ばれてきた植物
さまざまな植生によって ずいぶんにぎやかに大変身
10年 20年  ・・・ 100年 ・・・・ 1000年
どんな森に なっていくのか 楽しみなことです

  駒山活動の記録は こちらからもご覧になれます

    by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

晩秋

晩秋3PB232753 (640x480)

晩秋2PB232755 (2) (640x480)

晩秋4bPB212722 (640x480) (3)

晩秋1PB232745 (480x640)

寒波が来た
東日本のような 雪はないけれど
名古屋 相生山も
一気に 晩秋の装い

    by   Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

相生山緑地に住む仲間たち

開始前IMG_3719 (640x480)
相生山緑地全域で 21日に続いて 名城大生の調査実習
2A地点 IMG_3729 (640x480) 7A地点PB232750 (640x480)
樹上の葉や表土に 超接近して 陸貝探し
柊にIMG_3711 (640x480) (2) 根方にIMG_3709 (640x480) (2)
真剣さに負けて 榊にIMG_3710 (640x480)
見つかってしまった 相生山の小さな仲間たち
掌上IMG_3741 (2) (640x480) キビガイ?IMG_3746 (640x480)
直径3mmにも満たない小さい子や  
大きなカタツムリたちも
イセノナミマイマイ2 IMG_3744 (640x480) イセノナミマイマイIMG_3732 (640x480)
みんな大切に 大学へいったん連れて帰って
2A地点IMG_3745 (640x480)
次の授業で 名前を調べます
その様子は こちら

どんな仲間が いたのか 楽しみです

     by  アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

深まる秋に包まれて

黄葉 相生山の森の中
 PB212717 (2) (640x480) 
いきもの調査  名城大農学部生物環境科学科の実習
IMG_3707 (640x480) IMG_3715 (640x480)
ひたすら 陸貝探し
「わたしホントは ナメクジとかカタツムリ 苦手なんですよ」
PB212723 (2) (640x480) IMG_3701 (640x480)
サポータの「相生山の四季を歩く会」有志
「地味な仕事やねえ」 「理系の学問ってそんなもんやないの」
PB212735 (640x480) IMG_3697 (640x480) 
ヒメボタルの幼虫捕獲のトラップ
「今年も新発見があるとエエねえ」

積み重ねのデータと体験
きっと 見つかるよ
自然の解明ひとつずつ  あなたたちの生き方も少しずつ

   by   アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

りんご狩り

ちょっとお出かけ 
リンゴ園1IMG_3693 (640x480)
収獲の秋
南アルプスと南アIMG_3694 (2) (640x412)
中央アルプスに挟まれた伊那谷まで
中アIMG_3692 (640x480)
十年来の お付き合い 林檎農家の
リンゴ園 リンゴ園2IMG_3687 (2) (640x480)
収穫1IMG_3689 (2) (640x480) 収穫2IMG_3690 (2) (480x640)
一年の恵みを ていねいに 戴いてきました

 林檎成る 労ふり返り 老農夫 

   by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

おしらせ 相生山で生物調査

今年で3年目になります
来週 21日(月) 23日(水・祝) それぞれ午後から
名城大学農学部生物環境科学科の調査実習
名城大15_11_23②IMG_0010 (640x480) (2)
 「陸貝(カタツムリの仲間)は非常に種類が多く、環境によって種類相が
 異なるため、環境指標生物として非常に適した実験材料である。 
  また、相生山緑地は、植生や地形が多様性に富んだ広大な緑地であり、
 かつヒメボタルの大規模な生息地でも知られている。
  本調査では、相生山緑地内16カ所において、陸貝の種類相と個体数、
 ヒメボタル幼虫の個体数、植生・土壌水分などの環境条件を調べることで、
 陸貝-ヒメボタル-環境要因との関係を明らかにすることを目的とする。」 
   ~実習指導の日野教授による

名城大14_11_14①IMG_6715 (640x480)
昨年のようすは こちら  一昨年は こちら
相生山のデータをもとに大学実験室にて こちら

大学生たちの実習を どなたでも見学できます
陸貝採集や ヒメボタル幼虫捕獲トラップ設置など
名城大14_11_②IMG_6721 (800x600) (2) 名城大15_11_23①1IMG_0006 (640x480) (2) 
問い合わせは こちら 
または 080-5124-6463 「相生山の四季を歩く会」
会の有志メンバーが 今年も「現地案内係」サポーターとして参加
何年もかけて みんなで 相生山の神秘に迫ります

 相生山緑地を訪れるみなさんに お願いです
 調査区域には テープや杭などの目印があります 
 正確なデータ集積のため 踏み込みや接触を控え 
 学生たちの学習や 学術研究に ご協力ください 


    by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
リンク
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line