見つけたよ!秋


9月の終わり 明日から10月

久しぶりに晴れた相生山 風さわやかな散歩道
ノコンギク(野紺菊) ノコンギクIMG_3239 (640x480)

カマツカ木IMG_3240 (2) (640x480) カマツカIMG_3241 (2) (640x480)
カマツカ(鎌柄) 一足お先の黄葉

ヤマザクラ(山桜)とオオシマザクラ(大島桜)並ぶ山根口
山根口IMG_3242 (3) (640x480) 山根口上IMG_3243 (640x480)
今年もココが 最初に秋を 感じさせるポイントかな

北尾根のベンチ 周りのトーンが すっかり変わりました
ベンチIMG_3249 (640x480)
樹上 しきりに啼き交わしているのは ものまね上手のヒヨドリたち

驚嘆! 森の造形品 小さなタカラモノ 
キノコ-2IMG_3248 (640x480)
少しずつ顔見せる秋  地中から  吊り下がって
キノコ-1IMG_3238 (480x640) (2) アケビIMG_3253 (2) (477x635)
秋は多彩  緑から黄への変化の中で  
ヤマハギIMG_3246 (2) (640x480)
ヤマハギ(山萩)の紫が 宝石のよう きらめいていました

      by  R.64

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

コバノガマズミの秋


いつの間にか コバノガマズミ(小葉の莢迷)
コバノガマズミ-1 P9212694 (640x480)
赤く 輝いていました
コバノガマズミzoom P9212699
台風と秋雨前線で 真夏のような暑さと湿気
ガマズミ道P9212696 (640x480)
それでも 夜の涼気が もたらすのでしょうか
コバノガマズミ-3 P9212700 (640x480)
森の中は 秋への誘い

   by  アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

続・・人in相生山緑地

(昨日の最後の画像に続いて)

下山畑交差点から 東方向を望む
シェルター望むIMG_3207 (640x445)
道路用地 奥は「環境にやさしい道路にするための」シェルター
相生山緑地の中心は 右45°方向

東へ向かい 稲田口から相生口方面へ
第2橋台近くIMG_3202 (2) (640x528)
相生山の森に 人が加えた最大の打撃になりかねなかった 
都市計画道路「弥富相生山線」 
道路から公園への方向転換が進んでいます
ここを何万もの車が走るようになっていたら どれ程「配慮されて」あっても
膨大ないきもののいのちを更に奪う とてつもない環境破壊が進み  
わたしたちは 未来の市民に対して 責任の取りようがなくなったことでしょう
相生口近く道路IMG_3203 (2) (640x386)
土地買収や測量を含め 80%の予算執行されていたとのことですが
着工した大部分が コンクリートやアスファルト舗装工事の手前で止まり
森の中心に近い区域は 未着工で終わったことで
森の復元は より易くなると思われます

ぐるり回って 相生口から下山畑方面を望む
相生口IMG_3139 (640x480)
「道路用地」跡を どう活用するか 
名古屋市長の提案も含め いろいろな声がありますが 
自然から 奪い続けてきた人間が 
立ち返って 自然に お返しする 
その《実施記念現場》とするのが一番 と思っています

自然から頂いて 人は生活を営んできましたが
畑や小さな住居はともかく 道理を外れた過ぎたるものは
やっぱり返すことで これからも自然の恩恵の中で生きていけると思います

相生口の散策路入口 ヌルデが色づいていました
相生口入口IMG_3150 (2) (640x480)
次は 森の中から お伝えします

     by  アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

人 in 相生山緑地


暑さが戻って 相生山の秋は一旦停止
なので 森の周りを 歩いて来ました
自然を 人が変えてきた 人の関わりが見える場所

北海道IMG_3204 (2) (640x362)
「相生山の北海道」と呼ばれたりする 広い畑地
農家のトラックも通れる道の 畑入り口に看板
少し消えかけて 『これより奥に入らない』の文字
誰かが 生業を妨げる行為したことがあったのでしょうか

相生口の東にも 畑地
相生口畑IMG_3201 (640x480)
竹藪とコナラの森をバックに
さつま芋が育っています この左手には 枇杷畑 
道一本隔てた反対側は 人家も密集しています 

緑地の西側に回ると 下山畑
ワーキング小屋IMG_3206 (640x480)
道路建設のための「施工ワーキング小屋」は 撤去されて
コンクリート基礎だけ残って 向こうは果樹畑 さらに住居も数軒
奥には森の尾根が延びていて その辺りで「自然との境界線」の雰囲気です 


次回は 中止になった「道路」用地の 今のようす伝えます

      by  アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

なぜ伐る?誰が伐る?


相生山緑地の「オアシスの森」と言われている区域を歩いていると
散策路1P9212693 (640x480)
ところどころで こんな光景に出くわします
散策路2P9212690 (640x480)
「誰がこんなことしたんだ?」
「これは集団の仕業やねえ」
「勝手にやっていいの?」
「役所の人間がしてるんやないのか」
「ヒサカキやソヨゴが可哀そう・・・」
「こんなに伐らんといかんくらい歩き難かった?」
「伐らんでも歩けたよ」「見栄えでやってるんやろ」
「ちょっと繁っててワシは好きやったがなあ」
「2~3年もしたらまた元に戻る」
「萌芽更新して変な樹形になるんやない?」
「それにしてもヒドイなあ」
散策路四季7IMG_0039 (2) (640x480)
相生山の四季を歩く会の自然観察散策で みんなの会話
散策路4P9212691 (640x480) 散策路3P9212689 (640x480)
スカスカ スッキリ??森の中  でも
切り株や 積み上げられた幹や枝を 傍らに歩くのは
普通の感覚では あまり愉快なものではありません
散策路5P9212692 (640x480) (2)
伐っている人々も市民 批判的に見る人々も市民
いいかげん名乗りを上げ 何のためにか説明し 
みんなの理解を得るような努力が求められていると思います
これは別の場所 散策路6P9212702 (480x640)
樹齢数十年の 高木コナラが枝を広げ その下に 
低木のガマズミやクチナシやシャシャンボ
こんな景色が好きな人も 鬱蒼と繁る森が好きな人も 好みはいろいろ

けれど どちらかを選ぶのは 人間の身勝手
さまざまな森林の形態があって 自然の姿
それでこそ たくさんのいのちが生まれ育ちます

    by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
最新記事
line
訪問者
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
リンク
line
月別アーカイブ
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line