相生山 いきものたちの夏・・・(4)


ひさびさに雨が上がった 森の中
人にとっては 苦手な蒸し暑さ
陸貝IMG_2523(640x480) 落とし文IMG_2459 (2) (640x640)
けれども 陸貝や昆虫たち いのちイキイキ
萩の花 順々に咲きこぼれ 萩 IMG_2467 (640x480)
伐られたアラカシも 伐られたアラカシIMG_2428 (2) (480x640)
萌芽更新 新しいシュート(茎・葉)が 伸びていました

人の あれこれの思惑を超えて
夏の森IMG_2512 (640x480) (2)
森の夏が まっしぐらに進みます

    by  アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

栗鼠のエビフライ


岐阜の山で 間伐を続けています
人工林は自然林と異なって 『手入れ』は植えた人間の責任 
尾根間伐12 (640x480)
「収支赤字だから・・・」と 放置されてきた山林を
お金儲けにはならないけれど 自然の森に戻すのが目的です

尾根のヒノキを伐りすすめたら これまで見えなかった
アカマツが何本も・・・ アカマツIMG_2411 (640x480) (2)
この日は頭上に イカル(鵤)のつがい
大声でしばらく 鳴き交わしていきました

足元で拾い集めました リスの食痕
松ぼっくりを齧って 種を食べた残り
リスのエビフライIMG_2295 (640x480) (2)
『栗鼠の海老フライ』 
エビフライzoom IMG_2296 (3) (640x566)
近くの樹上に 巣のような物も見えました

相生山にも リスが居たときは あったんだろうか?
森が繋がっていた時代は いきものの種類も数も多かったんでしょうね

昔のようには戻せないまでも せめて「開発」「造作」はさせたくないです
人間の好みや「癒し」のために 森を「管理」しようとするのも 傲慢です
森を自然に還して 流れに身を任せるのが ヒトの役割と思います

     by Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

相生山 いきものたちの夏・・・(3)


ほんのり薄紅の葉と 紅いシュートと 真っ赤な果実
ウスノキ(臼の木) ツツジ科スノキ属の低木
ウスノキ②IMG_2489 (640x480) ウスノキ①IMG_2487 (640x480) (2)
「美味しそうな あの実 ぜひ一度味わってみたいなあ」
「これは希少だから ダメ ダメっ・・・残しといてくださいよ」
四季を歩く会での 常連のSさんとのかけ合い 思い出します
養生して復活され 一緒に歩ける日を 楽しみに待っています❣

相生口の アラカシ(粗樫) ブナ科コナラ属
アラカシIMG_2457 (640x480)
ぽつぽつウロコ模様の殻斗に埋まった
花柱つけたままの 果実=ドングリ 円ら

山根口の ヒメユズリハ(姫楪=譲り葉)
ヒメユズリハIMG_2514 (640x480)
今年も 花の時季逃がしました 来春こそ

エゴノキの樹下 果実の陰に 虫こぶのエゴノネコアシ探していたら
エゴノキ果実+ IMG_2522(640x480) エゴノキIMG_2525 (640x480)
アレッ・・・???
カメムシspIMG_2524 (640x480) (2)
卵と幼虫? カメムシの仲間だろうか?
エゴノキが食草?

深緑 葉の繁った森は 蚊の襲撃もたいへんですが
発見もイロイロ 人々の活動も・・・・!! 続きます

     by  Oak.

 

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

もう二度と来ないで頂けますか❢・・・・・けれども。。。。

つい先日のことです 
森の真ん中広場への道で いつもと違う!! 異常な雰囲気
広場ゴミIMG_2471 (640x480)
ワザとのように 散らかしたゴミ❢ 
ソフトクリームの空容器2個 ティッシュ コンビニのレシート
転がった 消火用バケツ
ゴミ IMG_2470 (640x480) (2) ゴミ2 IMG_2468 (640x480) (1)
吸殻IMG_2469 (640x480)
木のベンチ下には吸殻 (別のベンチがタバコの火で焼けたのは最近です

考えられないです どうして こんなことが出来るのでしょう?!
自分の欲望だけに忠実な 心の貧しい愚か者は
私たちの森に 来ないで下さい

ヒメボタルの時にも 何人かの傍若無人な連中を見ました
勝手な輩のうわさも たびたび聞こえてきました

「私 いっつもゴミ拾いながら歩いてるんですけど 特に最近 
マナーの悪い人増えてきて もうあきれるやら 腹立たしいやら」
リハビリの為にと散歩している友人の 嘆きを思い出しました

そして 展望台跡では 不自然な枯れ色
枝折りIMG_2481 (640x480)
折られたコナラの枝が 何本もぶら下がっていました

世の中には いろんな人が居るのは分かっています
人の価値観は それぞれだということも 認めましょう
けれど これはそれ以前の問題

自分が生きていたいのなら 他者のいのちのことも想うのは あたりまえ
それができない人が増加する社会は 滅びの道を転がり落ちていきます
・・・他者のいのちとは 自分以外のすべての生き物の生命です
・・・全ての命は繋がり連なり その連鎖が この世界をつくっています
このことを理解できない人間は この世界の破壊者になりかねません


森でこそ このことが学べるのに
その森を壊すことしかできない人には 「退場」「入場禁止」処分です
・ ・ ・ ・
でもそうしたら 彼らはどうやって 更生できるのだろうか?


     by  アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

相生山 いきものたちの夏・・・(2)


相生山緑地の散策路沿いで 見つけたキノコたち
IMG_2464 (640x480) IMG_2472 (640x480)
地味な子や ちょっと目立つ子
IMG_2534 (640x480) IMG_2526 (640x480)
その気になったら 次から次へと
IMG_2484 (640x480) IMG_2530 (640x480)
でも どの子の名前も 分らないのです
ごめんなさい 勉強不足で
IMG_2531 (640x480)
花や大きな樹や 賑やかな鳥たちに比べて ヒッソリのあなたたちですが
IMG_2485 (640x480) IMG_2533 (640x480)
生きものたちの死骸に 取りつき ていねいに分解・整理し
有機物を無機物に 地中や空中に戻してくれる 
生態系の重要な役割 『森の分解者』
IMG_2502 (640x480) IMG_2486 (640x480)
あなたたちが 元気だから 森のいのちが再生できる
水の季節に あなたたちも いのちの糸を
しっかり伸ばして 育っていってくださいね

    by  R.65+Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
最新記事
line
訪問者
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
リンク
line
月別アーカイブ
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line