ヨタカ!?


昨夜 23時頃 相生山緑地
kyo-kyo-kyo-kyo-kyo-kyo

少し遠く 一度限り  でも はっきりと
ヒメボタル見に来た 青年たちと
「鳴いたよね」「聞いた聞いた」「確かに鳴いた」

昨年 中濃低山地の林道で 
あの時は 6月の夕方
聞いたのと 同じ鳴き声

ヨタカ(夜鷹)
redlist2015名古屋市 絶滅危惧ⅠA類(CR)
国・県では 準絶滅危惧種(NT)

相生山で生息?
それとも通過?
どちらにしても すごく嬉しい!! 夏の夜になりました


   by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

中途半端な対策


相生山緑地で ヒメボタルのシーズンが始まる頃
ある日 散策路沿いに こんな掲示されました
表示②IMG_2085 (640x480)
「安全のため園路から外れないでください 名古屋市」
表示①IMG_2083 (640x480)
変な表示!?
スグ脇に穴ポコがあるとか スズメバチやシマヘビが園路なら来ない保証なし
確かに ウルシ類に接触してカブレル という危険性は減るけれど
ヒメボタルの時期だから 彼らの生息域へ入りこまないように の意味?
『森の生きものたちを守るため 人は園路を歩いてください』 
そう書くところを 間違えたのではないかしら
でも 夜だと全然目立たない掲示だから 意味あるのかしら・・・?

今週になってから 散策路沿いに ヒモで「縄張り」が出来ていました
縄張り① IMG_2084 (640x480)
何の意味か 誰の行為か まったく表示なし(行政なら書くハズ)
縄張り②IMG_2086 (640x480) 縄張り③IMG_2087 (640x480)
好意的に判断すれば・・・
ヒメボタルの領域に 人は入らないで! の意思表示かしら ・・・?
でも そう解釈できない人もいたり 抵抗感じる人もいるでしょう 
管理者の名古屋市と連携してないようですし 見た目キレイでない

さらに もし 
誰も彼もが 自分の意見が正しいとして 勝手な事やり始めたら
最近も目立ってきた 伐採IMG_2049 (480x640)
以前から問題の 立ち木・枝伐り犯罪行為や
相生口竹林IMG_2039 (640x480)
森の生態系を考慮しない 林縁部の一斉伐採などと同じく
相生山の生きものたちの生存環境を 急激に悪化させかねません

「開発よりも 自然を大事にしようとする」
世界のAIOIYAMAプロジェクト検討委員会
市長をトップに立ち上がっているわけですし
名古屋市の緑政土木局に より動いてもらって

今ある自然を 人が壊さないで済むよう配慮し 後世に残すために
行き当たりバッタリ 独りよがりの思いつきから 脱却して
肝心な戦略 必要な手立て アピールや 人の配置や 道具立て
一つずつ組み立てていく必要 に迫られていると思います

     by  アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

梅雨入り近し?


相生山 森に自然生えの クリの花穂伸びて
クリの花① IMG_2088 (640x480)
栗畑からは 青臭い匂いが 流れ始めました
クリの花②IMG_2091 (640x480) クリの花③IMG_2092 (640x480)

姫蛍の舞 その高揚の指標でもあった 
甘い香りの テイカカズラ(定家蔓)花 盛りを過ぎ
テイカカズラ花IMG_2038 (480x640) テイカカズラ②IMG_2090 (640x480)
ホタルたちも 短い求愛の日々終えて 産卵の時期を迎えます

梅畑では いつしか 収穫済んだようですね
梅畑IMG_2093 (640x480) 梅収穫後IMG_2094 (640x480)

人間たちの喧騒が 退いて
森は 落ちつき取り戻し
雨の予感 水の季節
生きものたちの夏 深く広く進みます 

    by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

真夏日

葉の重なりIMG_2036 (480x640)
いろんな かたちの いろんな みどり
いちばん上には 真夏日の空

  by   アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

相生山緑地 post ヒメボタル


夕べ歩いた森の散策路
みなさんから届いたメールの一部
ギャップIMG_2033 (640x480)
・お誘いした方も、夜の森の出会いに満面の笑顔!
・初の蛍に一同感動していました。5~6匹と思っていたので驚きました。
・色々勉強になる話を聞かせていただきまして、ありがとうございました。
あれからもう一度戻り、写真を撮って帰りました。また出かけます。

・夜の森を散策(?)探検(?)出来て、沢山のホタルに迄出会えて、
とても幸せな時間でした。お話の「ホタルの幼虫がエサを食べる現場」に
立ち会いたいなという思いに突き動かれました。

・Mです。お世話になりました。
ヒメボタルは初めて見たので娘共々とても感動しました。
名古屋市内でこんな素敵な場所、大切にしたいですね。 

稲田口IMG_2035 (640x480)
ここは稲田口付近 地元に古くから住んでみえる方々
「50年くらい前は、この道一面が光ってたさ。蛍のジュウタンみたいにな」
「今はドッと減ってしもうた。なんでかは分からん」

この辺りは 道路工事が始まる前『ホタルのステージ』と呼ばれていました
森が切り開かれ 工事中止になり 植生は回復してきています
それでも 以前のようには ホタルは飛びません

他の要因もあるのでしょうが 人の圧力は大きいと推察します
余りにも大勢のカメラマン おそらく相生山の森全体のことには疎い 
無邪気なファミリー 蛍にライトを向けたり 茂みを照らしたり 追いかけたり
シャシャンボ道②IMG_5658 (640x480)
「ヒメボタル成虫の発生は、年によって増減を繰り返していますが
 長期で見れば確実に減ってきています。
 科学的な調査と見物人(撮影者含む)への啓蒙・マナー周知など、
 相生山で活動してきた市民と行政とが、対応を急がないと
 取り返しのつかなくなる状況が、近づいている気がしています」


緑地内に住む環境カウンセラーの高岡さんの意見ですが
私たちも 同じ思いを強くしています
市民ボランティアの知恵や力には限界があります
未来につなぐために ここでも『協働』が求められていると思います

    by  アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
最新記事
line
訪問者
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
リンク
line
月別アーカイブ
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line