相生山で山火事


昨日夕方 相生山緑地の東南部で 山火事!! 
消防車 ヘリコプター 交通規制 ・・・・
相生山交差点周辺は 一時騒然とした状態でした
幸い 人的被害は無かったそうですが
森の損傷が気になって 一日置いて 現場を見てきました
山火事7IMG_1028 (640x480)
山火事6IMG_1027 (640x480)
立ち木は ほぼ大丈夫のようですが
林床は 落ち葉などが燃えて 真っ黒
焼け跡特有の 煙臭さが残っていました
山火事1IMG_1018 (640x480) 山火事5IMG_1026 (640x480)
山火事2IMG_1021 (640x480) 山火事3IMG_1023 (640x480)
近隣の方にお聞きしたところ
以前から時々 不審火のボヤが発生したとのこと
火災の原因を調査する立場でもないので そこは当局にお任せですが
この辺りは 以前記事にした 民有地の立ち木伐採がある区域
崖下に ロープや階段のようなものが・・・?
山火事4IMG_1025 (640x480)
自分中心 周りはお構いなしの輩の仕業でなければいいのですが

焼け跡の樹林で コゲラの声がしていました
黒く焦げた林床を跳ねる ジョウビタキの♀を見ました
人間の失火をものともせず たくましい自然を 垣間見たことでした

      by   R.65

 

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

森に異質な「戦争遺跡」掲示


昨11月の記事「伐られる木 伐る人」で紹介した場所に
なんと 案内表示が立てられ
案内板IMG_0993 (640x480) 案内板西IMG_0996 (640x480)
掲示板ができました
掲示板IMG_0994 (640x480)
「戦争遺跡」だそうです
「森づくりの一環」とも書いてあります
掲示IMG_0994 (640x480) (2)
森の中央部の立ち木を伐り 「爆弾跡」を公開して
みんなに 何を伝えたいのでしょう
掲示板からは 単なる「名所案内」程度にしか読めませんが・・・

この辺りでは 2~3年前まで 
珍しい トラツグミ(虎鶫)の姿が よく見られました
常緑低木や草本が刈り払われ 踏み跡が広がり
森の生態系が 人の手で変えられていきます

こうしたことを承知のうえで 森の「戦争遺跡」を表示されたのでしょうか
爆弾穴IMG_0995 (640x480)
戦争の真実は 伝えられなければならないと思います
強い反戦・非戦 二度と過ちを繰り返さない
戦争につながる 小さなことも許さない という 明白なメッセージと共に

森のいのちへの想像力や配慮を欠き その生息場を狭める行為は
現実に為されている戦争や 好戦的行為への 鈍感さと一体のもの  
平和を大事にする心とは かけ離れたものではないのかと 懸念します

      by  アイ


 

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

ただ今 学習中・・・


環境倫理学の書籍から 次の文章に出会いました

自然は、歴史的に培われてきた人間の精神文化の基礎である。
今日まで伝承されてきた伝統的文化のすべては、
自然及び自然と人間とのかかわりあいを基礎としてきた。
今日の自然環境の急速な破壊は、人間の精神的拠り所を失わせていく。


  アマミノクロウサギ他3種を原告として表示した、
  ゴルフ場開発許可の取消無効確認を求めた行政訴訟
  奄美「自然の権利」訴訟『準備書面』(p26)  1995.10.9

また、我々が、自然の固有の価値を承認すると主張することは、
自然及びそれを代理する人間の主張を絶対視することを意味するものではない。

人間どうしはもとより、自然と人間との間でも、
「お互いに尊重し、される関係」が存在するべきである。
人間の尊厳と自然の固有の価値とは、究極において
矛盾するものではなく、また矛盾するものであってはならない。

さらには、人間の知は常に未熟であり、不完全なものであることをも
自覚しなければならない。
この点で、我々は、全体主義的な考え、すなわち全体自然の保全の名のもとに、
人間のあらゆる権利を一方的に制約しようという考えをとるものではない。 
 ・・・・・・
そして、我々は、このような考え方を前提に、法を含めた人間の共同体の
ルールの中に、自然を正当に位置づけるべきことを主張する。
ここにおいて最も重要なことは、保護と利用に関する社会的意思形成を、
開かれた対話の過程で慎重に行うことである。 


    同上抜粋(p29)

aioiyama夕景

訴訟書面だけに 言い回しは むずかしいけれど
すごく大事で 納得できることが 20年以上も前に
語られていたことを ごく最近知りました
相生山のこと 考えていくのに 役立つのかもしれない

      by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

ヒメカンアオイの減少化傾向について


相生山緑地の植生の変化について
みなさんに考えていただきたいと思います
今回は 「雨水・姫寒葵」の記事の ヒメカンアオイについて
カンアオイ生息地2IMG_0962 (640x480)
最新の生育地のようすです
数年前から この区域を見続けてきましたが
昨年あたりから ぐっと株が小さくなりました
数も減ってしまいました
カンアオイ生息地IMG_0958 (640x480)
ここでは 近くの竹薮のタケ(孟宗竹)が侵出し 
日当りが悪くなったのが原因ではないかと思われます
さらに カシノナガキクイムシによって枯れたコナラのギャップには
常緑樹では カクレミノ(隠れ蓑)や 畑から逃げ出しのビワ(枇杷)
落葉樹では ウルシ科の植物 アカメガシワ(赤芽柏)など
成長の早い植生が 目立つようになってきました
別の区域のようす カンアオイ生息地3PB242402 (480x640)
ここでは 「森の手入れ」のために 常緑低木が皆伐され
日当りが良くなり過ぎ 乾燥化が進むのが心配です

人の都合で植えられ 放置され続けている竹
一部の人々の好みで 作り変えられる森
その結果が 相生山のヒメカンアオイの消長に影響しています
以前「人はどこまで」という記事でも 提起しましたが

早春おなじみの ヒメカンアオイの花が 
見れなくなっていくのは 寂しいこと
人の行為が招いたことなら 改められるはずですが
人の手を入れることによって ヒメカンアオイを「応援する」ことについて 
みなさんは どう考えられるのでしょう

いろんな意見の人が 集まって意見交換したり
専門家の見解を聞いたり 調査したりしながら
人と森のかかわり方の 基本姿勢を確定させたうえで
ときどきの森の情況に 敏感に対応できるといいですね 

     by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

タンポポ 見つけた


暖かくなったり 寒さが戻ったり
P2172527 (640x480)
相生山の森のなか
コナラやヤマザクラやクスノキの高い木の下に
「生産緑地」の梅畑やミカン畑もあって
P2172528 (640x480)
セイヨウタンポポ(西洋蒲公英) 外来種だけど
春の気持ちを 弾ませる 
P2172527 (2) (639x640)
今日は 明るい黄色 一灯

    by  R.65

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
リンク
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line