続「オアシスの森の再生プロジェクト」への考察 ・前編

 
              (1)
 7月に「オアシスの森の再生プロジェクトについて」記事掲載し、名古屋市にも意見を伝えたところ、10月初めに看板が架け替えられました
 さらに、10月下旬に新しい看板が設置されましたので、第2弾を書いてみました。

 書き換えられた看板には、「かつて相生山緑地オアシスの森の山容景観を象徴していた赤松林は失われつつあります」と書かれ、「赤松林の景観を再生するために活動をしている」と述べています。
PB162382 (640x480)
    PB162383 (640x480)

 しかし、そのような森の景観の象徴は無かったことを、江戸期から戦後までの土地利用や植生について、資料を基に述べてみたいと思います。
 そして、行政には、科学的な事実に基づいた視点をもって行動していただくことを願いたいと思います。

 使用する地図は相生山南部、野並、菅田それぞれから近い場所です。名古屋市は「菅田住民の過去の記憶」を用いて「オアシスの森の山容景観を象徴していた赤松林」と表現をしているようなので、特に菅田・島田方面からの視界に注目して、各地図をご覧いただきたく思います。


                (2)
 最初に、江戸時代末期から明治時代初期に刊行された、尾張国の地誌「尾張名所図会」の「八事」と、オアシスの森周辺の地図(現在の国土地理院に当たる所が発行の地形図)を比較してみたいと思います。

 【尾張名所図会:八事】
1八事 (640x417)

 【地形図(明治24年)】
2地形図-明治24 (640x44)

 江戸期には日本全国で燃料や肥料などのため森林の過剰使用状態が続き、概ね「尾張名所図会」のような景色が里山の景色であったと考えられます。

 明治24年の地形図の緑の部分はマツが生えていることを表し、その密度はわかりませんが、後述から想像していただけると思いますが、おそらく疎林が多かっただろうと思います。オレンジ部分は植生があまりない場所で、草本や、ハギ、マツの稚樹、ツツジなどが疎らに生えていたと想像されます。このような植生は「禿山に近いマツの疎林」と言えると思います。
 その植生の様子は「尾張名所図会」とかなり似ていると思われ、江戸末期から明治中頃までは、植生の変化はあまりなかったと推察できます。


                (3)
次に昭和12年ごろにはどうだったのでしょうか?
【地形図(昭和12年)】
03昭和12年地形図M4 S12 nonasyouwami-sasahara-aioi teysey (640x416)
 この地形図から分かることは、ほとんどのマツ(緑△)が野並集落近辺と相生山南部の一部を除いて姿を消し、草本や、ハギ、マツの稚樹、ツツジなどが疎らに生えている禿山状態に変わったことと、桑畑(黄色で囲ったところ)が多くみられるようになったことです。

 赤の矢印の方向が菅田集落になり、赤線は尾根筋を表しています。したがって、菅田の人たちは、日常的には赤線の南側は見ることは出来ません。たとえマツを見たとしても、ほんの僅かであったことでしょうし、現在の赤松プロジェクトの位置ではなかったものと思います。したがって、昭和12年の記憶がある人でさえ、マツ林をほとんど見ていないことになります。    《つづく》

         by  てんてこマイマイ
                        

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

予告!「オアシスの森のアカマツ林再生PJ」への考察 第2弾

アカマツ林PJ 新看板
最近 こんな看板が設置されました
名古屋市のブログ記事にも掲載されています

また別の場所には こんな看板も立てられています双子池口看板

ここに書かれたことが正しいこととして
オアシスの森づくり の活動が進められています
アカマツ林PJ 現場東より 双子池口上 伐採地

先に 「オアシスの森の再生プロジェクトについて」連載しましたが
さらに続編を みなさんに読んでいただき 検討いただいた上で
相生山緑地の未来予想図に 私たちの意見も反映させたいと願っています

これまで 目に触れることの少ない画像や地形図も紹介し 考察していきます  
少し長くなるかとも思いますが お付き合いください
明日から 掲載を始めます

    by  Oak.+てんてこマイマイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

晩秋の相生山景色


なかなか寒くならないね って言ってるうちに
いつの間にか 小雪 過ぎて 
さすがに 寒さが少し やって来た
展望 桜
冬色っぽい空の雲 ヤマザクラ(山桜)の枝にまだ残った紅

イソノキ紅葉 イソノキ紅葉2
イソノキ(磯の木) 霜焼けみたいに 赤い葉
コバノガマズミ葉芽 コバノガマズミ花芽
コバノガマズミ(小葉莢迷) しぼんだ果実 葉芽と花芽
落ち葉
タカノツメ(鷹の爪)の落ち葉からは パン屋さんの店前みたい お砂糖の匂い
サクラの落ち葉からは 桜餅の匂い ・・・・ 秋が深まると お腹が空くね

あっ シロハラ(白腹) 今年初めての姿 目線の下から樹林の中へ
シロハラのいた景色 アオジの茂み
いつもの茂みから chi chi アオジ(青鵐)  冬が近いんだな もう
コナラ(小楢)だけ 晩秋の道
置いてきぼりで 相生山の今年の秋は そろそろ お終いなのかな?

      by アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

雨にも負けず 続・名城大実習


一昨日に続き 相生山緑地の生物環境調査
気がかりな空模様 雨具準備で集合
事前説明2 事前説明1 
 先生の説明中から ぽつりぽつり でも
 雨にも負けずの実習風景をレポートします
黄葉の森
空は暗くても 黄葉が明るい森の中
落ち葉分け 樹木の根元 人工林近くの谷
伐採木退けて 何か見つかった?
  伐採されたマツの丸太退けて・・・陸貝いた?
トレイの上

ヒメボタル幼虫捕獲のトラップ設置中
急斜面で トラップ設置

案内人も積極参加
案内人も3a 案内人も4a
竹やぶの溝の中へも降りて 頑張りましたが
 溝の中
15:30 雨のため残念撤収 帰り道

 「雨でも楽しかった❣ 若い子たちと一緒にやれて」 
案内人整列
みなさん お疲れさまでした  ありがとうございました
今日のつづきは 来週 大学の研究実験室
どんな結果が出るか 楽しみです
 
   相生山緑地へ お出かけのみなさん
   調査研究用のヒメボタル・トラップが
   1週間程度 そのままで設置されています
   掘ったり外したりせずに 見守ってくださいね


     by  R.65

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

「昔はナ・・・」 梅畑の小父さんの話

山根口に たくさんの女子学生が訪れてた日
山根口
コナラの下で 梅畑の手入れに行く小父さんに会いました
前から気になってる 杭が打たれた土地のこと 聞いてみました

 ココの畑の人 どうされたかご存知です?
 ああココなあ なんか売ったらしいぞ
 買った人何するんだろね 果樹の木も伐ってるし
 旧カキ畑
 市が買ったんじゃないのか 前からの計画あるンやろ
 いまどき 畑やるために買うもんはオランやろ
 ココは ようは知らんが 相続で何人かで持っとったらしいが
 どこも農業ではやってけんでなあ・・・・
 

 ずっと昔は桑畑やったらしい ココらへんは
 戦争の頃は 食べるもんなかったで畑にしよったが
 もう 農業では食ってけんで うちも跡つぐモンがおらん・・・


だいぶ前に 向こうの梅畑で会ったおばあちゃんの話 と一緒
名古屋市が買ったんなら 変なことにはならんと思うけど・・・
  コナラ編集
  昔は こんな大きい木は無かったそうですね?
  ああ ほんとに小さい木ばっかりやった 
  片っ端から ちょっとでも大きいのは燃料にしてまったで
  枯れた松なんかあったら 大喜びで持って帰った
  石油とか使うようになってからやヨ こんなに木が大きうなったんわ
  あのころは 春になると 一面ツツジがきれいに咲きよったよ


  そんなふうになったりするんだろうか?
  なるんやないの昔みたいに 全部木無くしてまったら 
  今あそこでやってるみたいな ちょいちょいと切っとるんではいかんワ  
  あんなんではスグに元に戻ってマウ 根絶やしにせんと 
  ツツジは日当りがようないとイケンで・・・・
  やるなら 昔みたいに他の木が無いようにせんと・・・・


 今は山根やが 昔は菅田(すげた)に住んどった この辺りは菅田の山 
    オジサン 
 小父さんは 5mくらいになって一本だけ残ってる桑の木のある方へ 
 
 小父さん いろいろ教えてくれて ありがとう
 昔のことを知ってる人に たくさん話を聞くと 
 ホントのことが 見えてくる

      by  ai

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
最新記事
line
訪問者
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
リンク
line
月別アーカイブ
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line