「森の手入れ」を考える(3)

「森の手入れ」の主張について、検証を始めましょう。

 最初は
 【主張1:人が森を利用・管理しなくなり、コナラ―アベマキの二次林で
  常緑広葉樹が拡大している。燃料革命の前のように、木を伐って手入れ
  をしてコナラ-アベマキ林を維持しなくてはいけない】 

 についてです。

  昔はどうだったのか?・・・歴史的事実に照らして

 昔を振り返ってみて、昭和30年代の燃料革命の前は、ミズナラやカシワ、コナラやアベマキ・クヌギの二次林が広がっていたのでしょうか?
 それを維持するために、人は森の管理を行ってきたのでしょうか? 

 大方はそうではなかったと思います。

 縄文時代から日本の森は山焼きなどですでに草原化したところもある、ということを聞いたこともありますが、よくわかりません。
 戦国時代からは、用材確保、農業用肥料、燃料などに相当に収奪され、荒らされ、草原や松の疎林になっていったようです。

 江戸時代のころの版画や絵画を見る機会があれば、その植生は何だろうかと考えてみてください。多くの場合、マツの疎林や禿山が描かれています。
 たとえば尾張名所図解に描かれている絵には、マツが疎らに生えていて、大きく育った樹木はその疎らなマツ以外はそんなに見られません。地肌には萩や草本と思えるようなものが生えている絵が目立ちます。つまり有機物の多い土壌ではなく、やせた土壌にマツの疎林です。
 これが、人が活動する地域・里山周辺の一般的な風景ではなかったでしょうか。
      ススキ

 木曽の御留山(おとどめやま)についてはよく知られています。木曽五木についても同様です。
 これは、戦国時代から江戸期の木材のオーバーユースによる資源枯渇から、資源回復(用材確保)やタカ(鷹)を守るために採られた対策です。
 おかげで今日、木曽ヒノキは有名になっていますが、樹齢300-350年以上のものがないのは、当時既にほとんどのヒノキなどが伐られてしまっていたからなのです。

 木曽一帯は、クリ帯に当たる場所も多く、愛知県のような照葉樹林帯と単純比較はできないかもしれません。
 しかし、木曽での森の管理の歴史は「伐って育てた」のではなく「伐ることを規制して保護する」だったのでした。言われていることとは真逆の、伐ってはいけないとしていた事実があるのです。

 次回では、愛知県辺りではどうだったのかを、考えていきます。

      by  てんてこマイマイ
      画像は文とは直接関係ありません  今回は「相生山のススキ」緑地南部の崖地上で

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

「森の手入れ」を考える(2)

「森の手入れ」への危惧

 よく言われることは

【森をそのままにしておくと常緑樹が茂り、森が暗くなる。だから動植物の多様性が貧しくなる。
 昔から里山では森の手入れ・管理をしてきたので、春には落葉樹が葉をつける前に、林床にきれいな花も咲き、生物の多様性が保たれてきた。
 生物の多様性を保つために、森の手入れをして明るくしましょう】

【産業構造が変わり森を利用しなくなった。
 里山では人口減少なども加わって、森の手入れ・管理だけでなく田畑も放置され生物の多様性がなくなった。
 里山が(森が)あれた】

 などです。

 これらは、二次林に依存するスプリング-エフェメラル(例えばカタクリ・ニリンソウ・ギフチョウなど)や、水田・ため池・草地などに依存する昆虫・カエル・ヘビ・サシバなどの絶滅危機の対策として主張されます。

    盛りの萩

 ところが、そのこととは別の目的が主張され、別の意図がある場合があります。例えば

 “自然に配慮した公園づくり”
 “市民参加の行政システムづくり”
 “行政や企業の環境政策や貢献の実績づくり”

などです。


 しかしこれでは、多くの生物が絶滅危機になっている根本的な問題が隠されてしまいます。

 市民が、ミズナラやカシワ、コナラやアベマキ・クヌギを中心とした二次林の手入れをボランティアですることによって、《自然を守った》と勘違いしかねません。
 その結果、自然=生物の多様性について学びの機会や方法を失い、本当のことを知る芽を摘んでいるのではないか、と危惧を感じます。



     by   てんてこマイマイ
          画像は文とは直接関係ありません 今回は「相生山のハギ」ただ今満開

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

お月見会 そして スーパームーン


 仲秋の名月 名古屋は快晴にめぐまれました
名月
 先日お知らせのお月見会 そのようすを画像で報告します
月の出は 17時過ぎ 月の出
日没直後 まだ明るい東の空 相生山団地の上にポッカリ 17:35 
「月と松って花札に無かった?」などと ススキやハギも咲く 南部崖地から
     オギと月
「やっぱり森の中から見たいよね」 相生口に戻って 17:56 オギと月 

山根口ちかくの梅畑の横から 18:10
月見る人 月見る人びと
出ました! 月より団子? 月より団子
いきなり飛び入り みゃー君 飛び入りみゃー君
君は「相生山の四季を歩く会」の常連になったのかね
  ・・・いいえ ヒトよりダンゴです 

森の樹冠の上まで昇った お月さま 思わず上がる歓声 18:36
森の上の月

本日の愉快なお仲間 お月見仲間 8人+1

森のなかに入って 月光の差し込む ひろばへ
コナラの樹間越しに 仲秋の月 この一枚  18:46
コナラの樹間から
 「満月にお祈りすると願い事叶うんじゃなかったっけ?」
 それでは・・・と 神妙に ウサギさんに向かって 掌を合わせる面々

   ありがとうございました 企画提案 
   ごちそうさまでした 手作り お月見団子
   次回は来年 それとも 来月??

 28日今夜は スーパームーン 大きな大きなお月さまを 仰ぎましょう

          by R.65

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

「自然は許しているのか」~内山節さんのエッセイから


 中日新聞の言論のページに「視座」というコラムがあり、群馬県上野村在住の哲学者、内山節さんのエッセイが掲載される。
 9月27日の「自然は許しているのか」という文章は、私たちが思っていることを、ものの見事に表現してくださった。後半の核心部分を、すごく長いのですがそのまま紹介します。
 内山さん、中日新聞さん、無断転用でごめんなさい。  森の妖精 アイたち

       ガマズミ迷い花
 
            自然は許しているのか (抜粋)

 現代の人間たちは、人間中心主義の発想に陥りやすい。そして人間の利益だけでものごとを考えるようになると、最後は自分の考える人間の利益に固執してしまう。それは多くの場合対立を生む。それよりは上野村の年寄りたちのように、自然が許すかどうかを考えながら生きている人たちの方が高尚だ。

 沖縄・辺野古の海を埋め立て米軍基地をつくることを、沖縄の自然は許しているのだろうか。実質的な改憲である安保法制を自然は許しているのか。軍事力を増強して威嚇し合う現代世界のあり方を、自然は喜んでいるのか。原発再稼働を、自然は許可しているのだろうか。

 こんな発想でものごとを考えてみるのもいいだろう。すくなくとも「最後には私が決める」などといっている首相よりはずっとましだ。

 近年亡くなった世界的な文化人類学者であるレヴィ・ストロースは、自然に包まれた思考を失ったとき、人間は自分自身を破壊するようになったと述べていた。とすると上野村の年寄りたちの発想は、大事な視点をもっていることになる。

 そして、もしも自然が許さないのなら、現在の政治の動きも最終的にはどこかで壊されるということだ。自然が求める平和へと着地しないかぎり、持続する政策は形成できないだろう。

 とすると安保法制が国会で可決されたからといって、終わりではないはずなのである。自然は許さないと私は本気で思っている。


 

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

「森の手入れ」を考える(1)

 
 私たちは 自然の森と どう付き合っていけば良いのか 
 人々のさまざまな取り組みを見ながら このブログでは これまで
 「森の手入れ」「森を?自然と人間」「夏の終わりに相生山 森の未来」 
 「考察オアシスの森の再生プロジェクト」など 
 思うところを書いてきました。
 今回 みなさんからのご意見も参考に 
 少しまとまった見解を 連載していくことにしました。
 より良い認識を共有していくため 率直なご意見 ご指摘をお願いします。

コナラ林

 「森の手入れ」の背景・・・里山開発計画

 愛知県では1990年代からでしょうか、「生物の多様性を守るため、森の
手入れをしなくてはいけない。森の管理をしなくてはいけない」という言葉
を聞くようになりました。

 名古屋市では「オアシスの森方式」と名づけた公園づくりを始めました。
未買収の公園予定地を地主から固定資産税免除とひきかえに借り上げ、市民に
開放するというものです。
 そして市民ボランティアを募集し、森の手入れを始めました。

   手入れ後1

 県では愛知万博が予定されていました。
同時に、岡崎から春日井・犬山あたりまで、数々の研究・研修機関が集積した
「あいち学術研究開発ゾーン」計画がありました。これは単に研究開発ゾーン
形成ということだけではなく、総合的な開発整備計画であり、里山が多い地区
がターゲットとなっている里山開発計画でした。
 また、将来の遷都地候補としての開発が念頭にあったのではないかと疑われ
ていました。
 万博はこうした総合開発計画の起爆剤として捉えられていたのです。

 そんな時期に「里山の手入れの必要性」が言われ出したことが気になります。
 こうしたことを踏まえて、「森の手入れ」について考えてみたいと思います。


         by  てんてこマイマイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
リンク
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line