8月は お休みですが・・・・


大暑 土用
大都会の真ん中の 相生山緑地は 
今日も 猛暑日
夏の空

IMG_8651 (800x600)

相生山の四季を歩く会
今年は 来月8月はお休み
7/12
なのですが
「毎月 行かないと・・・」
「普段 ゆっくり聞けないから・・・」
「初心者 向けのも・・・・」
の声に 応えて

例えば 5年前には1本も無かったのに
最近 幼木が 何本も育っていて
何年か後には 相生山の森の中心木候補の
シイノキ シイノキ
探して 歩いてみたり

燃料革命前の様子 想像させる
普段いかないところ 探検したり
マツのある崖地
「夏季特別補習」
有志だけで 散策します

 8月9日(日) いつもの相生口
 集合は 暑いので 早い目に 9:00
 申込み 参加費不用
 台風が来たら 去年みたいに 中止です
       by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

相生山から意見書提出


昨7月27日 名古屋市の緑政土木局に
ラブリーアース事務局から
相生山緑地「オアシスの森づくり」への意見書を提出

このブログに 書きおろしの考察
“オアシスの森の「アカマツ林再生プロジェクト」について” が
資料として添付されています

「オアシスの森づくり」事業への検証 だけでなく
「世界のAIOIYAMAプロジェクト」の構想への意見も

事実から出発し 
市民の意見も取り入れて
未来永劫に耐えられる
相生山緑地の公園基本構想が 成立しますように
行政当局の 誠実な対応を期待しています


         by   アイ 

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

暑さ お見舞


涼を求めて
中濃 七宗(ひちそう)国有林
IMG_8680 (2) (640x499)
空中湿度の高い谷 岩石地の植物群
イワナンテン
イワナンテン(岩南天)
IMG_8702 (2) (640x427)
チャートの岩盤に シダ・コケ類 ツツジ科の低木
IMG_8683 (2) (329x640)
岩壁を 滴り落ちる 水の流れ
イワタバコ(岩煙草) IMG_8699 (480x640)
水飛沫に 涼を呼ぶ 真夏の花です

     by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

カクレミノ(隠れ蓑)


相生山の森の 低木層に目立つ 特徴ある葉
カクレミノ 群
カクレミノ 仰
大きくて つやつや
幼木のうちは 3~5裂の切れ込み
成木では 全縁で波打つ感じ
カクレミノ幼木
着けると 姿を隠せるという「隠れ蓑」は
こんな形をしているらしい・・・?!
カクレミノ 花
蕾が ふくらみ始めていました
もうスグ 打ち上げ花火形の花序から 地味な花

タカノツメ(鷹の爪)やタラノキ(楤木)と同じ ウコギ科の仲間ですが 
同じ科の ヤツデ(八つ手)と同様 食用にはなりません
それでも カクレミノ 全
秋に黒く熟す実は ヒヨドリ(鵯)の大好物
さらに 相生山でも 温暖化の影響は明らか

もともと 暖地性の照葉樹
「この10数年間で急激に増えた種」とのことです
条件が良ければ 高木相に達するカクレミノ
料亭や個人の庭では 小さく趣を添えていますが
そのうち コナラをしのいで 森の中心になるのでしょうか

     by   Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

相生山コレクション15 ヘクソカズラ


夏の森は 花が少なくて そんな林縁に
ヘクソカズラ
 たくましく 蔓を伸ばして
 可憐な ヘクソカズラ(屁臭蔓)の花
 確かに 葉・茎・花を 傷つけると かなり青臭い

 別名 ヤイトバナ(灸花)は 花の中心がお灸の跡に似るから
    サオトメカズラ(早乙女蔓)は 花姿が早乙女の笠から

 でも 少し可哀そうでも 万葉集にも詠まれた
 ヘクソカズラ の呼び方が 私は好き

        by  R.65

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

梅雨明けました


森の緑 コントラストが 強くなりました
地面に湿気 でも 風は乾いて
空
甘い匂い ほのかに漂い
見回すと クサギ(臭木)の花蕾
クサギの花
季節が また少し 移った証です

空に 水蒸気は まだ多いようだけれど
大陸からの空気を思わせる 秋みたいな雲
梅雨明け
都会の上の
真夏の陽は 眩しいので 
繁った枝越しに 眺めました 

今年も名古屋は 雨天の少ない梅雨でした
空けて 明日も真夏日 

      by  アイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

樹木切り事件 その後


相生山の樹木が 広範囲にわたって
何者かに 幹や枝を切られた事件
切られたシャシャンボ

天白土木事務所から 先日連絡が来ました

「現場の調査に出向き 警察とも相談した結果
はみ出した枝がジャマなため切った と判断し
散策路の他の場所も 剪定することにしました
啓発看板の新設は 見合わせ 経過観察します」

切られたツルグミ

いつも歩いている 私たちの感覚では
ジャマになるような枝はなかったし
「相生山の四季を歩く会*7月12日」 参加者の感想でも
「ひどい」「残酷」「許せない」「森を大事にしてほしい」
など 非難の声が上がっていたのです
「歩きにくいから切った」 という感じではないのです
切られたカクレミノ
上のツルグミ 下のカクレミノの幼木 
共に北尾根の広場にあり 歩くに支障はありません 


以下 申し入れました
①散策路に出ていてジャマ という枝を払ったとは考えにくい
②他人の財産を勝手に切ったことは犯罪 警告する必要あり
③今後も監視を続け 情報提供していくので 対応よろしく
相生口看板
看板

早朝散歩・・ウオーキング・・・自然観察・・・・
相生山を楽しんでいる 
たくさんの仲間にも呼び掛けて
『犯人』を包囲しなくっちゃ

自然を虐める輩がのさばったままでは
「世界のAIOIYAMA」なんて 「絵に描いた餅」にもなりません

       by  Oak.

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line

オアシスの森の再生プロジェクトについて(6)

古代からの相生山の森のようすを 推察してみます

千種区・天白区・名東区などは 猿投古窯群の中心地です。
 焼き物製造地としては 粘土・水・燃料・運搬の便などが 
 そろっていることが有利になります。

 弥生時代より 焼き物は東海地方から近畿方面へ 
 運ばれていたか 影響を与えています。
 7世紀ごろから 焼き物が行われていたようで
 鎌倉時代には 多くの焼き物が作られ 
 この天白から 近畿方面へ運ばれています。

 あゆち潟の海岸線は 今より内陸まで入り込んでおり 
 野並・島田・植田・日進方面は 海上輸送に有利な場所であったことに加え
 粘土・水・燃料も その場で調達をすることが出来ました。

この燃料として 森が伐採され使われたと思われます。
当時の森の様子は 花粉分析によって ある程度推察することが出来ます。

古代から中世にかけて 森の利用が高まると おそらく照葉樹であった森は
コナラ―アベマキ コナラ―アベマキ―マツと変遷したのでしょう。
 参照文献:遺跡からのメッセージ~発掘調査が語る愛知の歴史
     加藤安信(編) 中日新聞社 発行

その後は 江戸時代の絵などを見れば 
マツ(疎林)が中心で 萩・ススキなどが生える
はげ山に近い森のような印象を受けますから
戦後間もないオアシスの森と あまり変わらない様子が想像されます。
 参照文献:「尾張名所図解」のうち「中根村」(瑞穂区)
     名古屋都市センター広報誌「ニュースレター」
     特別企画「なごやのまち今昔」より


推察をまとめると 
相生山緑地の植生のおおまかな変遷は 
 古代:照葉樹?からコナラ―アベマキへ(焼き物の燃料)
 中世:コナラ―アベマキ
 中世~近世:コナラ―アベマキからマツへ
 近世~燃料革命:マツ(疎林と低木)
 燃料革命後:一時的にマツが優占
 以後:コナラーアベマキ
このようであったと思われます。
 
今 オアシスの森に どの時代の森を「復元」させるというのでしょう。
伐採後2IMG_8446 (800x600)
    「マツ林再生のために」 現在進められている「手入れ」


事実誤認を改めて プロジェクトを再点検することが必要です
 
 これまで 現地の看板に書かれていることの 反証をいたしました。
 科学的事実に基づかない主張は えてして
 別の 欲目的のためにされる のが常です。

 何らかの 理由で
 アカマツ林を作りたいのであれば 
 その意義を まず議論していくことが必要です。

 もちろんその際には 専門家や市民の
 豊かな見識や 広い意見を聞くことも 求められます。

 その過程があって初めての 「プロジェクト」ではないでしょうか。
 名古屋市緑政局・天白土木事務所など
 相生山緑地に関わるみなさんの 再点検を求めたく思います。

        by  てんてこマイマイ

theme : 名古屋・愛知
genre : 地域情報

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

森の妖精  アイ

Author:森の妖精 アイ
名古屋の相生山(あいおいやま)緑地 大都会に残された貴重な森のことをたくさんの方に知っていただくため情報発信していきます
人と自然の関わりについて ときに思いを述べます ご意見コメントいただければ嬉しいです
 
ブログランキングに参加しています クリックで応援よろしくお願いします

ときどき ご訪問くださいね 

line
訪問者
line
最新記事
line
検索フォーム
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
リンク
line
月別アーカイブ
line
最新トラックバック
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
sub_line